2007年02月13日

単管パイプにクランプ

突貫工事で整備した新グランドですが、バックネットが突風に負けて大きく傾きました。


なんと呼ぶかは知りませんが、直径5,6cmも金属のパイプと地面に深く差し込み、そこに4m程度の同じパイプを連結機でつなげただけです。

※調べた結果「単管パイプ」、「クランプ」と呼ぶらしいです。



練習には問題ありませんが、試合となると弛んだネットにボールが絡まってキャッチャーはネットを格闘
する事になるし、見た目を格好悪いです。


そこで日曜日の応急措置を施しました。


地上のパイプをクランプから外して、傾いたパイプ(地面に刺してある)を真直ぐにし、さらに深く刺しこみます。

この差し込むのも槍のような鉄の棒の真中に鉄の円盤が取り付けられたような物をパイプの中に入れて、上から数回落とすだけで地面でめり込んで行きます。


そして長いパイプをクランプで接続して、一応元通りにはなりましたが、風を受けて張っているネットは、帆船の帆状態です。


まさに、その日の風向きはバックネット裏からマウンド方向で、パンパンに張っていました。



単管パイプ、クランプ等の用語は少年野球に関らなければ、一生使う事のなかった単語だと思いました。


それにしてもクランプのネジをラチェット(って言うのを始めて知りました)を使って締めたり緩めたり出きる
人は格好良いですね。


クランプのネジを緩めてパイプから外す時にラチェットで「コンコン」と叩いて外すのがさまになってます。


私はこのような場面ではパイプを運ぶ役目専門です^^
posted by 背番号29 at 13:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

現6年生が大人気

嬉しいことではありますが、練習試合の申し込みが複数ありました。

昨年、市の大会や支部の大会で顔見知りになったチームからオファーがありました。


でも、現6年生は7人だけなので、現5年生を借りてこないと人数が揃いません。

しかし、現5年生は春季大会に向けて猛練習、かつポジションを模索中です。

簡単に協力をお願いできる状況にはありません。


「現6年生の7人だけで良いですか?」


ご迷惑かも知れませんが、このようなチーム事情を言える間柄にはなっていますので正直にお話し、またご縁があれば、と言うことになりました。


が、しかし、ある団体に所属しているチームで連合チームを作って、どこか遠くに行って試合をする予定があり、その連合チームとの練習試合が下旬に組まれました。


連合チームを向かえるのはうちのチームと近隣のチームのこれまた連合軍。


うちのチームの弱点は6年生でキャッチャーがいない事と打線がイマイチな事。

そこを補って頂ければ何とかなるはず。


これまた上手い事に、月曜日の卒業生大会で、この近隣チームと試合があります。

その時に指導者さん達と作戦を練りたいと思います。


うーん、誰かの手の平で踊らされているような気がします^^
posted by 背番号29 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

シニア体験(午後)

午後からも軽いランニングに体操で始まります。



午後からはストレートのマシン1台だけで、現役選手 対 体験+3年生+高校生で練習です。

「ノーアウト1塁」、「1アウト1塁、3塁」のように状況を変えながら。。。


体験の6年生は三振ばかりで申し訳ありませんでした^^
バッティングの順番待ちも緊張感がなく、お喋りばかりで。


あまりの打てなさぶりに、6年生の自信がなくなっても可愛そうとお情けでマシンのスピードを遅くして頂き、盗塁、ディレードのサインも追加され、ドンドンやる事が追加されます。


何故かうちの6年生が1塁ランナーの時にバッターが高校生。

その高校生が右中間、左中間真っ二つの弾丸ライナーを打って、6年生ランナーがホームまで走るようなパターンが出来上がったわけで。

良く走ってました。

本塁クロスプレーもありましたが打球や送球が身体に当たらなくて良かったです。


攻守交替で、今度はシニア選手が打つ番です。

指導者の前に整列して話を聞いています。

本当はこの指導者の話を聞くべきなのでしょうが、流石に入り込める雰囲気ではなかったので、外野を守る子供とキャッチボールをしてました。


選手がバッティングを1回りすると指導者前に集合。

1,2分ではありません。

10分くらいは話を聞いていたと思います。

これは終了するまで続きました。


最初は高校生+3年生が内野を守ります。

6年生達はファールゾーンでキャッチボールをしながら出番を待ちます。

ファールボールがネットの外に出たら、直ぐに選手が走って拾いに行きます。

良く練習に集中できてますね。



そして最後はノックです。

全員で塁間のボール回しから始まります。
※このタイミングでボール回しをやったと思うのですが記憶が。。。

キャッチャーの身体をのけぞらす大きな声で始まります。
全力で投げているボールの速さにビックリです。
6年生のそれとは全く別物です。(当たり前ですね)


ボール回しの順番待ちしている時に何時ものようにカバーに入っているのでしょうが、緊張感のかけらもなく
よそ見をしている。。。

中学生が全力で投げている硬球の速さを目の当たりしながら。。。

当たったら痛いだけでは済まないのに。。。

当たってからでは遅いし、軟球でも同じなので再度言うことにします。


また、好きなところを守らせて頂き、広いグランド内を走り回ります。(外野とカットマンの内野)

外野が一通り終わると、全員が内野を守り、捕球後にファーストに投げるのとサードに投げる2種類をやって、最後にバックホームで6年生達は終了です。


ここからがシニア選手達の仕上げのバックホームですが、大きな声が出ているポジションをノッカーが選んで打っていきます。

エラーをすると全員で腕立て伏せです。

回数はノッカーの指導者が決めますが最高は30回です。

エラーをした選手が大きな声を出して数えます。


そして最後のキャッチャーフライで終了です。


広いグランドなのでコーチが運転する車でグランドを整備し、選手達は道具を綺麗に拭いて片付けたり、ブルペンをトンボかけたりしましたが、6年生達はここで挨拶をして終了しました。


残り1ヶ月とチョットですが、チャンスがあれば何度でもお願いしようと思います。
posted by 背番号29 at 14:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

シニア体験(昼食)

※メンテナンスが長い、と思っていたらキャッシュでした^^


さて、どんな場所で、どうやって食べるのか、としばらく様子を伺っていると。


個人の荷物(バッグ類)を仕舞う棚がある部屋があり、その前にベンチがあり(屋根あり)そこで集まって食べ始めました。


ベンチには体験練習の子供達の道具が乗っていましたが、中学生に素早く、丁寧に片付けられアッっと言う間に子供達が座り、食事が始まりました。


シニア監督さんに大人用のテーブルに「どうぞ、座ってください。」と声をかけて頂きましたが、中学生に混ざって食べる事に。


何を話すのか、弁当の大きさは、食べっぷりは。。。


感想は「普通」でした。

でかい弁当もなければ、会話も普通。。。


「試験勉強している?」
「お皿片付けるのジャンケンで決めようよ!○○もやろう。」
「何杯目?(味噌汁の御代わり)」


食べるのが早い人もいれば普通の人も。。。


お母さん方が作る具沢山の味噌汁と焼いたお餅を食べるのが違うくらいか。。。


味噌汁のお代わりをした際に、お椀が熱くて持てなくなりこぼしたり。

食べ残しがないかをチェックされたりはしてましたが。


話し掛けると、元気な声で答えてくれます。


食べ終わると、焚き火の側でふざけたり、指導者や手伝いにきた高校生に構ってもらったり。


トイレに行ったり。


6年生達は何をしていたのかどこにいったのか見かけませんでした^^


目に入らなかった、が正直なところでしょう。


午後練習が始まる前になるとキャプテンの掛け声により、一斉にグランドに入り、午後の練習の準備を始めます。


グランド内を走り回って遊ぶ人は居ませんでした^^
posted by 背番号29 at 09:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

シニア体験(午前)

6年生を連れてシニアの体験に行ってきました。

残念なことに息子は風邪のためダウン。


声の出し方、集中力、全力プレーと凄いですね。


塁間のボール回しは全力で投げるんですね。


投げる手の振る速度が全く違います。


それと全く違うのが休憩時間。

アップを始めたら昼食まで休憩はなし。

練習の合間に道具を出したり、マシンをセットする時間はありますが、水分捕球やトイレ休憩のような明確な休憩時間はありませんでした。


トイレや水分捕球は自分でやれって事でしょうか?

今度、聞いてみます。



グランド到着後に挨拶してから指導者に連れられてランニングしてシニア選手に混ざってアップを始めます。

先輩から次のメニューを教えてもらい、一生懸命真似をして、中学生の声に驚いて。


アップ後は外野の隅っこでキャッチボール。


キャッチボールと言えば球拾いが必要ですから、ここでPROBを持ってグランドに入りました。


次に軽いバットを貸してもらいペッパー。


当然、ここでも球拾いが必要なのでグランド内に留まっています。


そうしている間にホームベース付近にバッティングゲージが準備され、マウンド付近にマシンがセットされ、ボールが運ばれ、バッティング練習が始まりました。


カーブ、ストレート、選手が投げる3ヶ所を5球毎にグルグル回り、順番待ちの時はコーチにトスを上げてもらいトスバッティング、トス待ちもゲージの後ろでタイミング取りをコーチに指導され。

忙しいですね^^


しばらくはシニア指導者の指導方法を学ぼうとウロウロしていましたが、外野の守備が手薄(センタのみ)なのに気がつきライトのラインぎわ付近に移動しました。

コロコロ転がってきたボールの正面に入り、素早く手の平捕球をして内野に投げて少しだけアピール(誰に^^)
残念な事にフライは1球も飛んできませんでした^^
posted by 背番号29 at 14:51| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

バッティングピッチャーが人気です

現6年生は今年からコーチです。


午前中は後輩と一緒に走ったり、同じ練習を行いますが、午後からの練習では大人ではできないランナー役をやったり、バッティングの時に守備をしてもらいます。



このバッティング練習ですが、1月上旬は下投げのロング中心でしたが、最近は上から投げる実戦形式に変わっています。


で、バッティングピッチャーが人気です。


マウンドではジャンケンで投げる順番を決めたりもします。


気楽な立場で気楽な練習だからでしょうが、本番を経験することも大切でしょう^^


そんなにやりたいのなら卒業生大会で投げてもらいましょう!


ちなみに先発組の2人はファーストがお気に入りです。
posted by 背番号29 at 13:28| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

5本指の靴下

とうさんのところでコメントしたカラフルな靴下です。

DVC00102.JPG

アップシューズがブカブカ、寒い、蒸れるので、最初はス○ーツ○ーソリティーのワゴンで見つけた厚めの5本指靴下を買いましたが、これと野球用のソックスを重ね履きするとシューズが窮屈になります。


通販、生協を利用している嫁さんに「5本指の靴下があったら買って。」とお願いして、届いたのが写真の靴下です。


濃い色の靴下は野球用のソックスの下には履けませんが、白が混ざっているのは目立たないので外見も問題ありません。


練習だけの時はシャカシャカ上下なので、普通の綿の古い靴下と併用するので濃い色でも無関係です。


まだ使ってない靴下もあるので、5本指の靴下はこれ以上必要ないでしょう。


野球用ソックスに穴が開いても関係ありません。


お勧めです。


何より、足の踏ん張りが利くので瞬発力は向上したと思います。


瞬発力を発揮する必要はありませんが^^


5本指の靴下は脱いだ後は裏返しになるので、お風呂に入りながら洗うついでに元通りにひっくり返してます。
posted by 背番号29 at 09:33| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

秘密の共有

先週の事ですが、定時頃に退社をして自宅最寄駅からバスに乗ったら、息子と遭遇しました。


年末から駅の近所にある塾に通い初めて、今年になって同じバスに乗り合わせたのが2回目です。


照れくさそうな素振りをしますが、こちらは遠慮なく声をかけます。


バスが動き出したら、背中に背負ったカバンを降ろして、中から何やら取り出しました。

ブツブツ、言ってますが、小さい声で何を言っているのか聞こえません。

黙って見ていると、大手ハンバーガーショップの袋です。


バスを降りてから家までの間に食べるつもりだったそうです。


学校から帰ってきて、おやつも食べないで塾に行った為、腹ペコだったようです。



ハンバーガー1個で80円です。

野球帰りにコンビニで買う肉まん(105円)より安価です。



息「お母さんには言ってないから黙ってて。」

息「ゴミ、どうしようか?」


1人で電車に乗れて、バスにも乗れて、マッ○でハンバーガーも買える。


山の中で育った私が6年生の時には考えられません^^
posted by 背番号29 at 13:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

ダッシュ系の練習

ベースランニングを使ったリレーはやられると思いますが、1人2周でやると楽しいですよ。

※注意
大人は急にやってはいけません。
足がもつれて転びます。



リターンダッシュ系の練習方法です。


基本.bmp


図の右側から青い矢印の方向に走り出します。

黒い線まで来たらリターンし、矢印方向へ走り、最後の点線はジョギングで戻ります。


横に5,6人並んで一斉に走らせ、前の組の全員が終わったら次の組がスタートします。


@、A、Bを基本系として繰り返し行った後は、アの位置にボールを人数分並べます。


ダッシュしながらアの位置でボールを拾い、イの位置にボールを置き、アまで戻り、イで拾い、最後はアに丁寧に置く。


混乱しないように整理し実演が必要です。


ボールを使うと椅子取りゲームのようで楽しいですよ^^
posted by 背番号29 at 15:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

シートノックのキャッチャー

満足にMyPROBでキャッチボールが出来ていません。

年末年始に息子とキャッチボールをしましたが、「ノックをやって。」、「バッティングがしたい。」との要求により、20分程度/日です。


土曜日はどのチームも指導者が仕事だったりして、コーチの人数が少ないと思いますが、うちのチームも同様です。


シートノックの際に仕方ないのでキャッチャーをしましたが、今まではキャッチャーをやる場合は、とんでもない所に投げてくるボールを捕球するため、今まで使っていた大きなグローブを使いますが、早くPROBを使い
こなしたいので、PROBで臨みました。


結果、これが結構、辛かったです。


手の平捕球するためには正面に入る必要があるのですが、好き勝手なところに投げてくるので、正面に素早く移動し、捕球し、ノッカーにボールを渡し、素早く定位置に戻り、を繰り返し。


ワンバンも来るので、低く構えて身体に当てて。

エラーしたら、ポケットからボールを出してノッカーに渡して。

手持ちのボールがなくなると拾いに走って。


でかいグローブの場合、投げる手にボールを2つ持ち、子供達が投げてきたのは左手の片手で捕って。


まだ片手で捕れるまで軟らかくなっていないので、手抜きが出来ない。


さらに刈谷市で行われた手の平捕球講習会では、ゴロ捕球時にボールの上からグローブをかぶせる上級編も披露されたようです。


ますますキャッチャーをやらねばいけませんね。


本当は子供と一緒にノックを受けたいのですが^^


posted by 背番号29 at 09:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

右手の中指のマメ

日曜日の練習が終り、シャワーを浴びてタオルで身体を拭いていると右手の中指の第一関節が「ピリッ」っと痛みました。


「なんだ?」と思ってみると、マメが潰れています。


DVC00101.JPG


「?」


マメが出来た原因に覚えがないのですが。。。


土日の練習を振返って見ましょう。


土曜日の午前中は走り中心で、100円均一で購入したストップウォッチ片手に「ワーワー」言ってただけで、午後からのボールを使った練習でも「ワーワー」言ってただけなので、マメが出きる様な運動は記憶にありません。
最後のトンボかけでマメはできないし。


日曜日の午前中も走り中心なので対象外。
手投げゴロは投げましたが、短い距離を緩く投げる程度で、時間は30分くらい。


午後からはキャッチボールの相手をしましたが、短い距離でゆっくり投げていたので、小一時間やってましたが、この程度で中指の第一関節の人差し指側にマメができるのでしょうか?


怪しい運動はこのキャッチボールだけです。


長かったので、曲らないカーブ、シュートを投げたり、横から投げたりしましたが。


まさか金曜日のオフ会は考えられないし。。。


身体がなまっているって事ですね^^


posted by 背番号29 at 13:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

やっぱり6年生は凄い!

今年から4,5,6年生と一緒に練習をしています。


とにかく今の時期は走り中心の練習なので、4年生は辛いのですがみんな同じメニューをやっています。


当然と言えば当然なんですが、6年生の体力は全てに関して勝っています。(と思います^^)


全部を備えているスーパー6年生は居ませんが、長距離、短距離、反復横跳び系のメニューで勝っているのは6年生です。(たぶん)


マラソンでも上位は6年生が独占します。(1位、2位と4位ですが)

小学生とは言え1年の差は大きいと感じさせられました。


それと、子供達は汗をかかないんですね。


2km程度の距離を子供と一緒に走ったのですが、殆ど汗をかいていません。

個人差は多少ありますが、こちらはグッショリで、顔からポタポタ滴るほど汗がでるのに息子は涼しい顔をしています。


昼からのバッティング練習では狭いながらもグランドの両端からロングティーをやりました。


4年生を打たせ、6年生に守ってもらいましたが、守備範囲や広さや送球の速さは驚きます。

もう1回、6年生をやれば上位入賞は間違いないのでは、と勘違いするほどです。



4年生に気持ち良く打ってもらい、思いっきり走ってもらうつもりで始めましたが、殆どが1塁でアウト。

これでは走る練習になりません。



今度は4年生が守り、6年生に打ってもらい、守備で思いっきり走ってもらう事にしたいと思います。

6年生にはアウトになるかHRになるまで走り続けてもらうことにしたいと思います。

HRの時もさらに続けて走って、必ずアウトになるまで走り続けるようにしてみます。


4年生とは「エラー」のサインを決めておきます^^
posted by 背番号29 at 14:10| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

筋肉痛です

太ももの内側、後ろ、お尻、腕、背中が痛いです。

それと肩こりです。
ランニングすると肩こりになるようです。


階段の昇り降りは当然ですが、普通に歩くだけでも痛いです。

地面に落ちている物を拾うような動作は出来ません^^

PCのキーボードを打つだけでも腕がだるいです。


これも正月に食べ過ぎで5kgも太った体重を減らそうと頑張りすぎたようです。


アップのランニングから子供と一緒に走り、ボールをまたいでトンネルする練習では約1時間、延々とゴロを投げ続けました。


手の平捕球講習では2列で、後ろの子がボールを捕球する役でしたが、3列でやったので強いゴロを投げないと3列目まで届きません。


バックネット直前まで下がり、セカンドベース方面に延々とボーリングするように投げ続けました。


これが一番効きました。


と、言うことで懸案の体重は日曜日の夕方に−2.9kgと順調に減っています。


安さだけで買ったシャカシャカがサウナスーツのようで、無駄な水分が出たようです^^



子供達は走り中心だったので脱落者が出ました^^

現6年生は脱落者無し
現5年生は日曜日の午後から1人
現4年生は土曜日1名、日曜日3名

頑張れBチーム!


日曜日に練習したグランドでランニングした折り返し地点です。
猟犬と猟銃を持ったおじさんがいました^^

DVC00099.JPG

DVC00100.JPG
posted by 背番号29 at 13:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

今年も始まりました。

今年も例年通り必勝祈願の参拝から始まりました。


その後は確保したグランドに移動し走り中心の練習でしたが、あまりのポカポカ陽気に誘われキャッチボール、ノックとボールを使った練習をしました。

投げる方はゆっくりですが。




ダッシュ系で私がきつかったメニューを紹介します。


横に5人程度並びます。

右端の子から「イチ、ニイ、サン、、、」と声を出しながら高速でその場駆け足をします。
横に並んだ4人全員が同時に駆け足を始めます。
「ジュウ」まで数え終わると次の人が「イチ、ニイ」と始め、最後の子が「ジュウ」と数え終わるまで、その場での駆け足を続け、終わったら10m程度全力ダッシュをします。

10m先ではまた、端っこの子から「イチ、ニイ」と始め、最後の人が終われば、また10m前までダッシュ。

これを50mまで5回連続で繰返します。

1回だけ子供と一緒にやってみましたが、1回で充分でした^^



四股、リターンダッシュ、スケート跳び、立ち幅跳び、ケンケン、反復横跳び、レッグ・ランジ等々


ラダーはないので、石灰の線、目印の草、あるいは電柱等の影を利用して冬場を乗り切る予定です。


体力的には辛い練習になりますが、新Bチームだから問題ないでしょう!
posted by 背番号29 at 11:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。


チョット遅いですね^^


久しぶりに着たスーツのズボンがきついですね。

週末の運動で簡単に戻ると思っていますが。。。


電線だらけでイマイチですが、縁起物と言うことで。


   DVC00098.JPG



今年もよろしくお願いいたします。
posted by 背番号29 at 09:17| Comment(32) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

チョット早いですが、皆さん良いお年を!

今年度中は大変お世話になりました。


最初は皆様のブログを見るだけで、コメントし始めるまでウジウジとしましたが、温かく受入れて頂き、本当にありがとうございました。


ボンヤリ過していた2005年とは桁違いに野球の知識が向上できた年でした。


コメント頂きました皆様、本当にありがとうございました。


PCのない嫁さんの実家に帰省するので、更新する手段が携帯になり、コメント頂いた方への返信が遅れるかと思いますが、お許し頂きますようお願いします。


それでは、仕事納めの宴も始まりそうなので、これで失礼します。


来年もどうかよろしくお願いいたします。
posted by 背番号29 at 16:04| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

雪のないスキー場

ホテルの目の前がゲレンデ、スキー専用、初心者用とわがままな条件をクリアしたスキー場でしたが、残念な事に雪が足りずに滑走不可でした。


近所のスキー場まで送迎バスで送ってもらい2日間スキーを楽しんできました。


混雑するかと思っていましたが、リフトの待ちもありませんでした。


野球に関係する事は雪合戦程度でしたが、多少なりと足腰も鍛えられたと思う事にします。


それにしても怪我がなくて良かった^^



DVC00094.JPGDVC00096.JPGDVC00092.JPG
DVC00095.JPGDVC00093.JPG
posted by 背番号29 at 13:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

納会、新体制決定

日曜日に納会が開催され、今年度の活動が終了しました。


低学年のホームグランドである、小学校のグランドで

6年生 対 5年生
3,4年生 対 お母さん(ソフトボール)
1,2年生 対 お母さん(軟式野球)
5,6年生 対 お父さん

を行い、公民館に場所を移してお食事会と個人成績発表、新チームキャプテン選出、新チーム目標発表、新指導体制発表、新体制でのコーチ会議と例年通り楽しい納会でした。


表彰される選手には小さな賞状が渡されます。


なんだかんだでほぼ全員に行き渡るあたりが素晴らしいですね。

続いて最優秀選手賞(いわゆる皆勤賞です)の発表です。

6年生は病欠で1日だけ休んだ子が2名だけで、残りは全員皆勤賞でした。

今までで最高の出席状況だそうです。



そして新チームのキャプテンと目標を子供達が決めて発表します。

キャプテンに立候補するが、みんなから却下され泣き出す子もいます。


新体制は
新6年生のAチーム
新4,5年生のBチーム
新1,2,3年生のCチーム
となります。

新Aチームの公式戦は新5年生もベンチに入り上位入賞を狙います。

新Cチームは一学年上の4年生チームとしてエントリするそうです。
それと3年生以下のDチームとしての2足のわらじ作戦です。


卒団する6年生お父さんコーチの数名はBチームを担当します。

私もその中の1人です。



卒団する6年生とともに新Bチームの練習を見ることになるのか、新Aチームの手伝いをするのか臨機応変に対応することになると思います。


来年もチームに残る事に正式に決定したので、とりあえず5年間使ってボロボロになった帽子を買うことにします^^


ついでにノックバットも購入したい!
posted by 背番号29 at 13:42| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

スコアの集計

納会が終わりました。


各チームでの集計結果が代表のところまで届いていると思います。


集計する際は息子に打席数、打数、得点、安打、四死球、三振、盗塁、勝敗
を読み上げてもらいます。


「3塁打打っている。」
「2塁打、3本も打っている。」
「打席が2、打数が2、あとはなし。」
「負けは僕。」

「三振ばっかり。これじゃ勝てないね。」
「得点が合わないよ。」
「すげーじゃん。」

なんてやりとりをしながら、公式戦は全て対象とし、HRがある練習試合も対象にし、全員出場した結果、大差で負けたような試合は対象外にしつつ集計します。


打率から始まり、出塁率、盗塁率等でそれぞれベスト3〜5が表彰されます。


盗塁率は圧倒的に低学年が有利で、ベスト3は低学年が独占します。


納会で一番盛り上がるイベントです。


そして、何もなかった選手は「がんばったで賞」になります^^





納会で今年の活動は終了です。



ちなみに納会なんで涙はありません^^


DVC00090.JPG
posted by 背番号29 at 15:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ゴロを捕る位置

ゴロを捕る位置と言うか、場所と言うか、、、グローブにボールが入る位置と言うか。


うちのチームでは、ボールが
@地面に着く直前
A地面から弾んだ直後(ショーバン)
の2通りを推奨しています。。

ゴロ.bmp


イレギュラーする事もあるので、そのリスクを回避すべくバウンドを少なくし、前進して早く捕球する事が目的と解釈しました。


でも、どうしてもボールが地面から弾んだ一番捕り辛いBの所で捕球する子が居ます。



スタートが遅いのか、ダッシュするスピードが遅いのか、どうしてもBのところで捕球しようとして、身体をすり抜けたり、身体に当てて弾いたりするエラーが出ます。


ボールを捕る直前で身体が立ち上がり、グローブがお腹にくっ付くようになる特徴があります。

また、捕球時にグローブを身体の横に引く子も居ます。

ボールが怖い子は身体を斜めにしてボールに当たらないようにする子も居ます。



もう一歩前で取れればショーバンで捕球でき、関係者から「うまい!、ナイスプレー!」と声がかかると思います。


外野でも時々、難しい位置で捕球体勢に入り後逸しHRになるケースがあります。


ひたすらノックをすれば身につくのでしょうか?


ボールが上がるBのところまでは行っているので、@、Aのところまで後1歩です。



このままBの捕り辛いところで捕り続けて良いのでしょうか?


「前で捕れ!」を忠実に守っているかもしれません。


練習では前進して捕球する事も良いでしょうが、練習してないことは試合ではできません。


タイミングを合わせて捕るのか?何でも前進するのか?


落着いて捕れば何でもないゴロを前に突っ込んで身体に当てたり、足で蹴ったり。


打球を見た瞬間に捕る位置を見極める判断力でしょうか?


視力が悪いのか?ゲームのやり過ぎか?


構えた状態からの1歩目の歩幅が広すぎるために、次の足がスムーズに出てこない事も影響しているように思います。


「待って捕れ」では、今までの「前で捕れ」と矛盾するし、「バウンドに合わせて捕りやすいところで捕ろうよ」とも言っていますが、頭を越される高いバウンドは待って捕るとファーストアウトが間に合わないし難しいですね^^
posted by 背番号29 at 09:44| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。