2007年04月09日

シニア入り断念

息子本人の気持ちが”イマイチ”になり断念することにしました。


父親からすると残念な事ですが、無理やりやらすのは。。。


少年野球で厳しくし過ぎたかな。


明日は中学の入学式です。


野球は続けるのでしょうか^^
posted by 背番号29 at 13:02| Comment(22) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

ジャンケン

先攻後攻を決めるジャンケンではありません、試合の勝敗を決めるジャンケンです。


規定イニング、時間を過ぎて同点の場合、延長戦を行い、さらに決着がつかない場合、サドンデスを行いますが、それでも決着がつかない場合、最後に出場していた9人によるジャンケンで勝敗を決めます。


リーグによってはコイントスで勝敗を決める事もあります。


担当しているチームではありませんが、他の学年(それも低学年)では経験があるそうです。


1人ずつジャンケンをして4対4の場合、9人目の選手の責任は重大になり、負けた場合は重圧により号泣するとか。。。


そこで、今年からは一斉ジャンケンが採用されました。



アイコはどうなるのでしょうか?

同点の場合は再度一斉ジャンケンでしょうか?

低学年は遅れずに全員揃ってジャンケンができるのでしょうか?

ジャンケンの相手は打順?守備位置?

掛け声は「最初はグー!ジャンケンポン!」でしょうか?



ジャンケンの心配をする前に3回コールド負けから脱却するのが先ですね^^
posted by 背番号29 at 15:15| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

これは何でしょう?

DVC00103.JPG



普通のアルミ缶です。


種も仕掛けもありません。


主にアウトドアで使います。


使う必要もない人も居ます。


答えは 煙草の吸殻入れ です。


今まで市販の携帯灰皿を数個購入しましたが、蓋が破壊してポケットの中が吸殻だらけになったり、そもそも携帯のそれは本数が多く入りません。


このアルミ缶は匂いも漏れないし、多くの吸殻を格納でき、忘れて捨てられても惜しくない良い事だらけです。


多少、携帯するには大きいのでポケットに入れてスライディングするのは止めた方が良いと思います^^
posted by 背番号29 at 08:44| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

年度末だ!

忙しいです^^


以下に早めに投稿しないと賞味期限を過ぎちゃう書きかけのタイトルだけ記述します。


・5年生の時
・6年生の時
・オープン戦観戦


賞味期限切れ

・息子の誕生日(2月でした^^)
・そろそろ6年生を送る会(終わっちゃいました^^)


構想中(頭の中)

・キャッチャー候補は?
・試合前の気持ちの準備
・自主練習



来週になれば楽になるはず。。。


早めに準備してればもっと楽だったかも知れません^^
posted by 背番号29 at 13:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

パフパフのグランド

粘土質の赤土が主な成分と思われるグランドです。

最近は雨が降っていないので、カラカラに乾いています。

外野の整備していない部分は表面がひび割れ浮き上がっています。


パサパサ状態なのでトンボをかけると表面の土が砕かれて細かくなり、パフパフ状態になります。

龍角散、片栗粉、小麦粉で覆われているような感じです。

子供達が歩いただけで足元は土煙が立ちます。

面白がって足を引きずりながら歩く子は有無を言わさず注意です!


本の少し雨が降るとベストコンディションになると表現すると分りやすいでしょう。


新球特有の2バウンド目が高く弾みません。

ファーストへのワンバン送球も2バウンド目が弾みません。

クロスプレーは土煙で良く見えません。

ベースの上の土を頻繁に払う必要があります。

突風が吹くと土煙で目を開けていられません。



行き帰りでグランドの隅っこを車で通りますが、グランドを通ったあとはモウモウとした土煙で、止まるとワイパーのような
出っ張り部分に直ぐに埃が積もります。

車の中も直ぐに埃だらけです。


市の大会が行われるグランドは砂も混ざった固めのグランドで、汚れたボールを使って練習すると終わった頃には表面が削れて白く綺麗になります。

スライディングするために、ベース付近は念入りにトンボをかける必要がある硬さです。


軟らかいグランドと硬いグランド。


あまり神経質になる必要はないと思いますが、試合前にはワンバンキャッチボールを多めにする事としたいと思います。


パフパフグランドでミニ竜巻が発生すると、見事に土埃が吸い上げられ、子供達は中に入りたがっているようです^^
posted by 背番号29 at 11:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

卒業生を送る会&卒業式

卒業生を送る会が日曜日に行われました。

これで6年生はチームを卒業しました。


12月の納会にはゲストとして招待されるので、その時もまた全員で出席してくれると思います。


会そのものは誰一人として泣く事はなく、楽しい送る会でした。


厳粛なムードなんて微塵もなく、テーブルの上に配られたお弁当とジュースとお菓子をむさぼり食う子供達。


食べ終わった(低学年はお弁当を半分以上残す)あとには、お菓子の包み紙とかが散乱し。。。

勝手に席を立ってウロウロしだし、空き缶を高く重ねて遊び、缶を倒してけたたましい音をたてたり。。。

ペットボトルのジュースは外側のラベルを外して、ゴミを増やし。。。


熱気でムンムンし、うるさいし暑いし。。。


室内は禁煙だったので、煙草を吸いに部屋を出るときは、床に座った子供達の間を通りますが、お約束どおり足を踏みながら歩き。。。


食事の時間が済んでしまえば、挨拶が始まり、それなりに静かになりますが。。。



淡々と子供達もお母さん方も挨拶し、監督挨拶も代表挨拶も終り、物足りない感もありましたが、最後にトロフィー、楯、賞状の争奪ジャンケン、最後の記念撮影で終了です。


ちなみにその2日後に小学校の卒業式が行われ、小学校生活は終了しました。


一区切りつきましたが、忙しくて感動している時間もありません^^
posted by 背番号29 at 13:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

ベルトと靴

息子があるフォーマルな催し物に出席しました。

衣装はYシャツにネクタイ、スラックスにジャケットです。


Yシャツは中学用に学生服と一緒に注文した物を着る予定でしたが、到着が遅れたので、野球の先輩保護者から頂いたお下がりで。

普段のズボンはウエストがゴムでゆったり目のズボンを好み、ベルトなんて持っていません。


となれば野球のユニフォームのベルトしかありません。

グレーのスラックスに真っ青でピカピカに光った幅広のベルトです。


靴も黒い革靴なんてないので、なんと嫁さんの黒い靴。


確かに着ちゃえば、ベルトも見えないし、靴も違和感ありません。


着せる方も着る方も無頓着なのが素晴しい!
これで文句を言わないのが偉い^^
諦めているのでしょうか。



シニアの練習着も新高校1年生のお母さんから貰えるらしいです。


まさか、こちらから「頂戴!」と連絡したと思いたくありませんが。。。


少年野球のアンダー、グランドコート、ズボン、スパイク、ベルトもお下がりです。

6年間で自前で買った道具は以下の通りです。
スパイクが2足くらいで、もちろんバーゲン品。
まともなグローブは3個。(PROB含む)
バットは2本。
バ手は2年生の時に買ったのが未だに使える。
(殆ど使ってない)
ベルトとズボンは買ったかな。
アディダスのエナメルバックとスコアブックとロージンも。
帽子は3個だ!


成長がゆっくりだった事も影響していますね。


今、考えれば1年生で野球を始めた3人で長男は息子だけだ。
他の2人はお兄ちゃんのお下がりがタップリあったんで、お下がりは息子に集中する環境だったんですね。


息子のアディダスのエナメルバックは私がお下がりで使う予定です^^
posted by 背番号29 at 16:28| Comment(4) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

ストッキング

シニアの選手に「ハイカット、ローカット、普通ののどれを買えば良いの?」と聞いたら、


「???」の顔になったあとに、「なんでも良いっす!手(チョキ)」と笑顔で言われちゃいました。


ふーん、何でも良いんだ^^


みんなのと同じ普通カットを買いますよーだ。
posted by 背番号29 at 14:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

野球道具一式を忘れました^^

集合場所まで息子と一緒に車で行っています。

野球道具は後部座席に放り込んで。


土曜日は私は広域リーグの開会式に、息子は6年生お父さん達とシニアにと別行動でした。


混雑する事が想定されるので早めに出発しなければ。。。

息子の事はすっかり頭の中から消えていました。


開会式が行われる球技場に向かう途中で気がつきましたが、開会式に遅れるわけにはいきません。


シニアの練習は午前中は長いアップがあると信じ。。。


開会式終了後に各グランドに移動する車も指導者も足りているので、指導者の皆さまに事情を説明し。。。


開会式が始まりそうでしたが、息子の居るグランドに向かいました。


グランドに到着すると、ネット相手にトスバッティングをやっていましたが、何とコーチのグローブを借りてキャッチボールをしたらしいです。


申し訳ありませんでした^^


コーチから借りたグローブはPROBだったそうです^^
posted by 背番号29 at 11:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

良い感じです。

野球の話題ではありません。


でも、野球に関係あると言えば・・・いや、確実に関係ある!


息子のご飯の食いっぷりが、それらしくなってきました。


今までは、最初に味噌汁を完食し、おかずを適当に食べ、最後にご飯を1杯食べて終わるような食べ方で、TVを見ながら、喋りながらで、所要時間は1時間以上。。。

野球の日もお喋りに夢中で、食べ終わるのは最後の最後です。


早く食べなきゃいけない事もあるので、早食いも教えたのですが、一向にマイペースを崩すことなく今まで過ごして来ました。


ご飯は口一杯に頬張って、飲み込むときのノドゴシを楽しむんだ、と模範演技をした事もありますが、その時は嫁さん派だった(今も^^)事もあり、家族から単なる乱暴者扱いをされて終わりました。



昨日は雨のため練習は中止。


なんとなく、お昼は外食にって事になり、始めていく和食のお店に。。。


ご飯、味噌汁は御代わり自由です。


そこで何気なく息子の食いっぷりを見たら、理想とするそれでした。


お茶碗を持ち、お箸の先にはサイコロキャラメル1個と半分くらいのご飯を載せて、口の中に放り込んでいました。


「やっとこの日が来た!」と思いました。


ここで、「もっと食べなきゃね。60kgないと柵越えは打てないからね。」とか、野球につなげる話をすると、嫁さん娘の総攻撃を受けるのは身体に染み付いているので、「凄いね!」とだけ控えめに発言するに留めました。


結局、お茶碗3杯のご飯を食べ、おかずも残さず、最後には余っていたシュウマイ3個を口の中に頬張り、意気揚揚と引き上げてきました。



60kgって、今の体重が倍にならないといけないんです^^
posted by 背番号29 at 12:29| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

混雑が想定される開会式

さて、いよいよリーグ戦の開会式が始まります。


週末に最後(たぶん)のがあるのですが、各チームの車が駐車場に入りきるのでしょうか?


開会式が行われる会場は陸上競技のトラック、野球場、体育館、テニスコート、プール、サッカー場と素晴らしい設備があるのですが、敷地に入る道路が狭いうえに、抜け道として利用されているので慢性的に渋滞しています。



事務局からは各チームの車台数に制限を設けていますが、かなりなチーム数なので大混乱が予想されます。


速やかに決められた場所に駐車できれば良いのですが、もたもたすると後続車が施設の敷地に入れず道路に溢れ、大渋滞することは必至です。


帰りもサッサと帰らないと大渋滞です。


子供達をトイレに行かせるタイミングが重要になります。



午後からの練習を諦めれば良いのですが、課題だらけなので何としても練習時間は確保したい。



時間ばかり気にして焦ったりするとロクな事がないので、ゆったりする事も重要ではあるが。。。



早めに行って、好位置をキープするしか対策はありません。


どこでもドアがあれば、と思う瞬間です。
posted by 背番号29 at 09:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

保護者の応援

新Bチームの初の練習試合でした。


課題だらけの試合でした^^


まぁ、今までの練習も満足に揃った事がないし、まだまだ野球を始めばかりなので、焦る事はないのですが。。。


この日も選手が不足していたため、新6年生から1名借りて。。。

相手チームが快諾して頂いたので、何とかなりましたが、公式戦では新3年生から子供を借りないといけません。

試合が重なっていたらアウトです。


指導者も最低人数の3人(私含む)。


午後から試合する新Aチームの指導者に審判をお願いし。



それなりに応援団の保護者も来て頂いたのですが、試合中に子供達の面倒を見ようとするので、止めて頂きました。


水くらい自分で飲めますって。

汗くらい自分で拭けますって。


暑かったり、気分が悪くなったら自分で指導者に伝えるようにならないと。。。

お母さんが来ない試合もあるし、練習にはお母さんはいないでしょう。

自分で考えて出きるようにならないと、野球も覚えませんから。


それと、応援は良いのですが、息子に指示するのは止めて頂きたい。。。

特にお父さん達です。

じれったいのは理解できますが^^


一応、これでもサインはあるし、去年までの運任せの暴走野球を戦略的な野球に変えようとしているので。


試合中にベンチを見ないで、応援団を見るようになっちゃうじゃないですか。


「サインを見ろ!」とか「ベンチを見ろ!」とか、つまらん事を言いたくありません。
言い続ける事になるとは思いますが^^


試合が終われば、サッサとお帰りになり、午後からの試合も審判が必要だし、子供達の練習を見る大人が足りなくなる事も分りそうな。。。
審判講習会も受けた方々が。。。



たまたま、この日は午後から用事があったのでしょう^^

きっと、こんな事は最初で最後なんでしょう^^
posted by 背番号29 at 14:30| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

4年生の時

この年も5年生以下のBチーム、4年生以下のCチームと息子たちは二足のわらじ状態です。

1個上の学年の人数が少ないと、これも仕方ない事です。


この年はビッグな出来事がありました。

健君で有名な北海道札○市から転校してきたO君の入部です。


体験練習の時に見れなかったのですが、次の日に監督から聞いた評価は「物が違う!」でした。

1年生から野球を始めたそうで、初めて見た時の白い練習着の着こなしは見事でした。

O君の入部により内野も投手層も厚くなりました。


抜群の守備と正確な送球で、その守備範囲の広さは驚きました。

走塁も注文する所は一切ありませんでした。

リード、第2リード、頭から戻る帰塁と見事でした。

セカンドランナー、サードランナーの時の走塁は見事でした。

「相手を惑わす走る振り」が身についていました。


声も良く出ていました。

ショートを守っていた時ですが、3遊間のゴロに対し、自ら捕球に行きながら「サード行ける!」と声を出すプレーは、今までのチームになかったもので、こちらが教わる事が多かったくらいです。


O君の所属チームでは小学校単位に1〜6年生全ての子供で1つのチームを作っているらしいです。

だから0君の試合経験は数える程度だったようです。

でも、相当レベルの高い練習をしている事が伺えます。


ある日の試合で1塁ランナーがRチャンで、バッターがO君の場面です。

監督は「盗塁」のサインを出しましたが、Rチャンのスタートが少し遅れました。
この遅れを目撃したO君はすかさず空振りをして、盗塁のアシストをしました。

思わず監督と顔を見合わせ、その当時合言葉のようになっていた「物が違う!」を言い合いました。

ある試合ではホームスチールを成功させたりもしました。


O君の加入により俄然勢いがついたチームは、この年に教育リーグで3位になり始めての入賞を果たしました。
初めての賞状と楯?カップ?を貰いました。


また、息子に初ヒットがでたのもこの年です。(遅い^^)


3年生の新入部員に初ヒットが出た試合ではノーヒットノーランを達成した息子ですが、ヒットを打たれたのが悔しかったと言っています。


初ヒットはどこに打ったのか全く覚えていません^^
posted by 背番号29 at 11:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

3年生の時

4年生が5人、3年生が3人、2年生が3人、1年生が2人くらいで始まりました。


この年から4年生以下のCチームと3年生以下のDチームで試合を行える体制が整いました。
幼稚園生も入れてですが。


練習では相変わらず秩序も規律もない無法地帯となり、ひたすらボールを奪い合うような毎日でした。


初めてサインが導入されたと思います。

バント、スクイズ、盗塁だけですが。。。

打者に出すキーと、走者に出すキーが別々で、監督が立ち上がった場合は足元がサインになったり。

雨の日は軒下でサインの復習を良くしました。

サインを出す側も練習しました^^
順番を変えて出すのが難しくて^^


練習試合を含めて未勝利だったチームでしたが、この年にやっと念願の初勝利をあげました。


あまりの嬉しさに会社の仲間にメールで勝利の報告しました。

以下にそのメールを抜粋します。

−−−ここから−−−

 昨日(6/22)、○○グランドで行われた○○ウィングスとの練習試合で、見事、初勝利を上げることができました。

 うちのチーム後攻で始まった試合、見所は4回の裏の我チームの攻撃、2対6と相手チームに先行されていたが、四球による押し出しで相手チームのエースが登場(昨日の試合で投げていたため休ませていたが、ここで登場)、エースだけあって、スピードも早く、コントロールも良かったが、我チームも負けていなかった。
 普段の練習では経験したことがないようなスピードにも上手く対応し、Y君の左中間を抜ける3ラン、I君の右中間を抜けたエンタイトルツーベース(車の下にボールが入った)で7点を取り、9対6と逆転に成功。
 この時点で少年野球4年生以下の試合時間(公式戦では約1時間15分)を超えていたが、相手チームからの申し入れにより5回まで行うことになっていたので試合を継続。
 残り5回表の攻撃を守り抜けば、待望の初勝利となるが、投手は昨日も3回を投げぬき、今日も4回を投げぬいているため、ピッチャ交替を行う必要があり、制球に不安があるI君を投入する。
 先頭打者にはストレートの四球を与え、ベンチ内は嫌な雰囲気に包まれる。
 次の打者への初球ですかさず盗塁を決められ、ノーアウト2塁、次の投球はセカンドへの痛烈なライナーを打たれたが、5回からセカンドに入っていたO君が慌てずに捕球し、飛び出したセカンドランナーを見るや、すかさずセカンドベースを踏んでダブルプレー、最後の打者には3回連続、ど真中にストライクが入り、サードゴロに打ち取りゲームセット。

●珍プレー
 1.ランナー1塁で、打者のバウンドの高いゴロをフライと勘違いしたO君が1塁に戻りアウト。
 2.ランナー2,3塁で、打者のフォアボールで、それぞれ進塁しようとしてみんなに大きな声で「戻れっ!」と言われた。
 3.試合終了後に感激の余り泣き出したO君とお母さん。(珍プレーじゃありませんね)
 4.試合前に勝ったら焼き鳥を奢る約束をした監督が、来週、ラーメンを奢ることになった。
 5.2ストライクなのに打者にタッチをした捕手のIK君。2回も。
 6.暴投で草むらに入ったボールを捜したWコーチが黒い汚い別のボールを見つけ「あった」と小さな声で言った。

−−−ここまで−−−


また公式戦でも初勝利をあげる事ができました。



3年生以下の試合で息子がピッチャーをやるようになったのもこの時期からです。

キャッチャーまでワンバンは当たり前で、キャッチャーのT君は息子が投げると、直ぐにバックネットに向かうような状態でした。


ある試合で、コールド負け確実で迎えた最後の守備で、ピッチャーの息子の太ももにライナーが当たりました。

一瞬、痛そうにしましたが、涙目になりながらも、監督の「大丈夫か?」の声に首を縦に振って答えます。


試合終了後には我慢できずに号泣しましたが、ボールが当たった太ももを見ると、縫い目がくっきりとついていました。


この試合はビデオに撮っていますが、応援に来た娘とI君の妹がビデオカメラの側で歌を脳天気に歌っていたのがバッチリ記録されています^^


この年にユニフォームをもらい、正式なコーチになりました。


3年生以下のチームはこの年も未勝利です^^
posted by 背番号29 at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

2年生の時

2年生になり、同級生は息子含めて4人になり、相変わらず3年生は1人もいなくて、4年生と一緒に行動していました。


6年生、5年生、4年生は単独で行動できるだけの人数が居ましたが、3年生以下は、1年生も入れて5、6人程度。


懸命の勧誘活動により3年生が5人、入ってきたのが5月くらいでしょうか。


これで3年生以下で試合ができるようになりました。

この時期から単独で行動するようになりました。

でも、私は仕事が忙しく、練習には参加していませんでした。


ある時、集合場所の小学校で練習する日に昼から見に行きました。


すると、昨年まで6年生コーチをやっていた人と、息子の同級生のお父さんの2人だけで子供の面倒を見ていました。


勝手に充実した指導者体制で練習しているとばかり思っていたので、指導者が少なくて驚いたのと申し訳ない気持ちになりました。

たぶん、この日を境に練習に参加するようになったと思います。

練習では、私を含めて3人の大人が、手投げフライ、手投げゴロ程度の練習だけでした。
いわゆる、キャッチボールの練習です。

3年生は野球を始めたばかりで、チームを引っ張っていたのは息子の2年生達だったと思います。

上級生も下級生も関係なく仲良しだったので、みんな苗字を呼び捨てでした。


バッティング練習の時は無茶苦茶でした。

打てない子の時はみんな前進したり、ボールが飛んでくると奪い合いでした。

外野での球拾いなんてものはありませんでした。

秩序とか規律とか一切無縁だったように思います。

一日中、怒鳴っていたと思います。


この時期に今まで仕事が忙しくて全く参加できなかった監督が復帰してきました。

そこから、やっとダイヤモンドを使ったり、バッテリー練習を始めたり、野球らしくなりました。


試合では四球で出塁したランナーに、間髪居れずに2塁に走られたり、ランナー1,3塁の時、ファーストランナー盗塁にキャッチャーはセカンドへ送球し、サードランナーはホーム悠々セーフとか、やられ放題でした。

うちの子供達はまだ少年野球を教える前の状態だから仕方ありません。


1試合だけ勝利目前の公式戦(リーグ戦)がありましたが、レフトを守っていた息子のエラーで負けた事を覚えています。

守備で打球が飛んで来ないのを良い事に、シャドーピッチングをしたり試合に集中できていません。

まさにシャドーピッチングで投げ終わりご満悦のところにサードライン際のゴロを打たれ、慌てて捕りに行ったが間に合わずHRになりました。

号泣してましたが、泣く位なら真面目にヤレって感じですね。


初試合はこの年だと思うのですが、相手に初勝利をプレゼントしました。


初勝利は翌年までお預けです^^
posted by 背番号29 at 09:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

1年生の時

小学校1年生の6月から始めた少年野球ですが、残り1ヶ月弱となりました。


1年生の時は上級生(3年生と4年生)と混ざってベンチを温めていました。


直ぐにお兄ちゃんが卒業生の同級生が入部し、少し遅れて同級生が入り3人になりました。


2年生は1人もいなかったので、つねに3年生、あるいは4年生にくっついての練習です。

その当時は仕事も忙しく、土日に出勤する事も多く、指導者に任せっぱなしでした。

見に行っても、本当に見ているだけ。
たぶん送迎のみ。


ある時、コーチから自宅に電話がかかってきて「○○君(息子の事)が具合が悪くなったので迎えに来て下さい。」と言われ、口頭でグランドの場所を教えていただき、迎えに行きました。


コーチに挨拶し、息子の様子を見ると、日陰に敷かれたシートに座り、手にはトカゲをもって、トカゲと戯れていました。
※注、カナヘビではありません、やや青色が混ざったトカゲです。

夏だったので熱さに参っただけのようでした。


「家に帰る?」と聞いても「帰らない」と言うので、そのまま練習を眺めていた事だけを覚えています。


また、集合場所の小学校で3年生以下の試合を見に行き、娘にはアイスクリーム、私にはビールを買って、ベンチ後方の日陰の階段に座り試合を見ながら、息子の様子を伺っていました。

当然ベンチですが、監督の横にピッタリくっついて座り、スコアを付けていた監督が立ち上がりペンを落とすと、それを拾って監督に渡し、頭を撫でられる。
それしか覚えていません。

一応、息子用のアイスも買っていたので「食べる?」と聞くと首を横に振り、グランドに目を向けました。


またある時は集合場所まで息子を送り、各チームがそれぞれの練習場所に向かう時に4年生監督さんから「車が足りないので一緒に来て下さい。」とお願いされ、その時の私の服装が、半ズボンに黄ばんだ白いTシャツ(パジャマとして利用中)とビーサンです。

隣の隣の小学校なのでそんなに遠くなく、4年生達を乗せて移動しました。

午前中は試合だったと思いますが、午後からは練習になり、そこで初めてノックをしました。

Tシャツと半ズボンとビーサンで。


グランド開きでカキ氷の氷を取りに行ったり、外野を耕運機で耕して竹の根っ子を全員で抜いたのも1年生の時です。


1年生の記憶はこんなもんです^^
posted by 背番号29 at 14:36| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

緩いゴロのノック

高学年では強烈なゴロを打たれる(”打つ”って書かないのが奥ゆかしい^^)事があるので練習の時に強烈なのを打つ事もありますが、基本は2バウンド目を前進してショーバンで捕球できる
ようなゴロを打っています。


比較的高いバウンドです。
高さはたぶん1mくらいです。


サード、ショート、ピッチャー、セカンド、ファーストの順番です。

最初は順番でその内にランダムに打ちますが、回数が均等になりません^^
※数えた事がないので正確には不明ですが。


同じポジションに連続して打つ事もやったことがありますが、子供の動きが悪くなり、プレーが雑になるように感じていました。


1人の子供に連続してノックするには、子供が定位置に戻るまで待って、それからノックする。

次第に子供達はノックする前にボールが飛んでくる方向を予測するようになり、打つ前に予測した方向へ走り出し注意される。


何の練習か分らなくなります。



1球毎に丁寧にやるのも良いのですが、寒い時期に順番待ちの子供が寒くなります。

なるべく多くの子供が1球に反応し、身体を動かして待っている子供を少なくさせたい。


ゲッツーも取り入れたりしましたが、新5年生にはまだ早いようです。

ファーストまでボールが渡りません^^


いわゆる「縦ノック」もやりますが、送球し終わったら順番待ちの最後に着こうとし、自分の投げたボールの行方も見なくなるので好きではありません。

touchさんの「次のプレーを考える」ための練習をするためには、1球毎に丁寧にやる必要があるでしょう。


単純に捕球しファーストへ送球する練習なのか?

守備範囲を広げるためなのか?

カバーリングのためか?

体力向上のためか?

試合前のウオーミングアップのためか?

狭い場所でのノックか?


色々なノックがありますが、そろそろダイヤモンドを使った丁寧なノックを始める必要があります。



どうやら現6年生と一緒だったこともあって、ノックの打球が知らないうちに速くなっていたように思いました。


緩いゴロを守備の間に打ち、ボールカバーとベースカバーをしっかりやり、次に予測されるプレーに向けた動きをする。


毎回、キャッチャーがファーストカバーに走るのは毎回は無理だな^^


速い打球の場合、守っている子供が一歩も動けず、外野をボールが転々と転がる事になるので、緩いゴロにするだけで、内野が全員動けるようになりそうな予感がします。


内野と外野を分けてノックするためにはそれなりのコーチが揃わないと出来ません。


そろそろ試合も始まるので揃わないと移動も出来ません^^
posted by 背番号29 at 11:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

広域リーグの抽選会

抽選会に行ってきました。

と言ってもチーム名を呼ばれてトランプを引くだけです。

なんてことはありません。

これで終りです。


これで終りではつまらないので、このリーグでの今年の話題は、なんと女性だけのチームが参加することです。


前々から存在は知っていたし、ある別のリーグでは各チームの女性選手を集めたオールスターと対戦してたりもするのですが、普段の活動は知りません。


うちのチームにも女の子が居ますが、全員が女の子となると華やかなんでしょうか?


高学年になると男子も女子も異性を意識し始めます。

試合終了後の「全員で握手」も、モジモジする場面も見ます。

逆にガッツ溢れるスライディングとかナイスバッティングを見ると男と変わりないと感じる事もあります。



「チンタラやってんじゃねーよっ!このタコヤロー!」なんて言えませんね^^

「優勝したら焼肉食い放題だぞ!」も効果は少ないでしょう^^


残念ながら違う学年チームなので対戦はありません。

頑張って欲しいと思います。
posted by 背番号29 at 10:57| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

勝ち抜き戦

日曜日は風邪が強く砂ぼこりが目が入り、耳の中まで砂まみれです。
おかげで目は充血してます。


午前中は全学年が1つのグランドに集合しました。


6年生が守備につき、5年生以下が全てランナーで、1塁の駆け抜けから、フライのハーフウェイ、ランコーの役割等を確認する練習をやり、ロングティーで実際に打たせ、ランナーを残し、アウトカウントを意識させ。。。


あまりにも簡単にアウトになるので、塁間を21mに短縮して。


それでもアウトになりランナー付きの練習ができないので、1塁アウトの子供が1塁ランナーで残ったり、3塁ランナーをつけたり、最後には常に満塁にしたり。。。


最初は手を抜いてわざとエラーして、低学年に楽しく走ってもらいましたが、故意なのか本気なのか分らなくなってきたので、とりあえず真剣に守る事にしました。


午前中最後は「ロングティーで出塁(エラー含む)した人が残る勝ち抜き戦」で締める事に。


力が入り過ぎて内野ゴロだらけです。


良い当たりも俊足5年生の攻守に阻まれます。


2回戦進出は5年生2人、3年生1人、2年生2人の5名です。

一応30名弱は居たのですが、5名しか残りませんでした。

3回戦で5年生2人だけに。


結局4回戦目で2人とも内野ゴロに倒れ終了しました。


全学年揃っての練習もたまには楽しいですね^^
posted by 背番号29 at 15:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

遠征チームを向かえる準備

新Bチーム担当となりましたが、選手もコーチも揃いません^^

守備位置もそろそろ決めとかないと慌てるんじゃないかと思いますが。。。

昨年と同様ってものありでしょうね^^

まぁ連盟の審判講習会やら県の講習会とかが立て込んでいるので、これも仕方ありません。


こんな状態ですので今週末から2回行われる現6年生遠征チームとの試合をどうするか考える事にします。


午前、午後と2試合やるので、午前中をうちのチーム主体、午後をお仲間チーム主体でやるか?

それこそベストメンバーで臨むか?

でも、全員が均等に試合に出れるようにもしたいし。

遠征チームの要望もあるでしょう。


整理しておかないと確実に混乱しますね。


遠征先で良い成績を残せるように相手をするので、遠征チームを優先して考えないといけないでしょう。


守備位置、打撃力、走力と投手経験有無程度ですがまとめておきます。


まずはピッチャーは四球連発では練習にもならないので制球の良い4人を候補にあげ、内野と外野を分けて。。。

でも天気予報は雨なんですよね。


現6年生に残された少年野球は9日です。
posted by 背番号29 at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。