2008年02月25日

キャッチボール

キャッチボールは大切ですね。


普段の練習の時の気の抜けたアップとしか思えないようなキャッチボールでは何の意味もありません。

自分達で試合中エラーをしているんだから、練習で工夫すれば良いのですが。


繰り返し言っているのですが、子供達の胸を打つ言葉をかけられてないんでしょうね。


●捕球時
・正面に動いて両手で大切に捕る
・1塁手のイメージ
・2塁手のタッグをイメージ
・逆シングル
・捕ったら直ぐに投げる態勢
・ふんばり、切替し、カットプレーを意識した捕球

●送球時
・キッチリ正確に相手の胸めがけて投げる
・ワインドアップ、セット
・速く強く投げる
・前だけでなく横、後ろに投げるイメージ
・捕りやすいワンバン
・ランナールック
・ランダウンプレーをイメージし、走者の後ろから少しズレて投げる



試合中にはもっと沢山のケースがあると思いますが、自分達で少しずつキャッチボールのバリエーションを増やせば良いのに。


そろそろ次のレベルに行こうよ!
posted by 背番号29 at 13:56| Comment(43) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

広域リーグ戦

7チームによるリーグ戦の勝者が決勝トーナメントに進み優勝を争います。

毎年、参加しているのですが、試合の消化に期限が決められています。

決勝トーナメント進出に絡んでいると相手チームにも主催者側にも迷惑をかける事になるので、他の大会の隙間を縫って、積極的に試合を組むようにしています。

ウチのチームでは
@遠いチーム
A河川敷がホーム
の順番で試合を組んでいきます。

@は長い移動時間でダブルが組めないので、比較的日程に余裕のある前半に組むようにしています。
後半になると市大会の雨天による延期等でダブル消化する事も少なくありません。


Aは梅雨、台風によるグランド水没を避けるためです。
水溜り程度だったら何とかなりますが、水没されちゃうとどうにもできませんから。


それと良くやるのが3チームによる三つ巴戦です。
1日で2試合消化できますが、グランドに練習スペースがあるのが条件になります。
あと駐車場も広い事が必須です。


いよいよ球春到来って感じです。
posted by 背番号29 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

始まったばかりなのに

15日に今年も始まりました、と威勢の良い投稿をしたばかりなのですが、なんと腰痛が悪化して坐骨神経痛になってしまいました。

ようやく歩けるようになったので、昨日から仕事に復帰しましたが、17日から休んでいました。


寒い事も治りが悪い事に影響しているんでしょうね。

本気で暖かい場所に移動して、温泉にでもつかって治療に専念しようか考えたほどです。



ここで無理して長期離脱にならないように今週末も休んで様子を見たいと思います。
posted by 背番号29 at 13:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

今年も始まりました

12日から少年野球の活動が始まりました。

昨年は新6年生の指導者が練習メニューを考え、指導してくれたので、我々Bチーム担当は叱咤激励するだけで楽チンでした。


でも今年は新Aチーム担当なので、また練習を考える事から始まりました。

その検討を12日にやろうと考えていたのですが、残念ながら雨で練習は休みになりました。

で、ぶっつけ本番の13日、ブラジル体操のような動きを加えた長めのアップ後、10分完走、ベーランから始まりました。

日曜日と月曜日には10人を超える指導者が出席しましたが、指導者が有効に動けたかは疑問が残りますね。


5〜6つのグループ分けした練習を行う必要があるかも知れません。

ダイヤモンドを使った、守備と走塁の練習
外野を使ったノックと、カットの練習
ラダー中心の練習
素振りとトス

これで6グループです。


練習時間の配分と指導のポイント、コーチの適切な配分が必要になりますね。


守備と走塁の練習では、
 ・1塁ベースの駆け抜け、オーバーラン(ランコーは指導者)
  エラーの場合は、次の塁へ進む。
 ・ランナー1塁からゲッツーの練習
  ランナーはフライ、ライナーに注意
 ・ランナー2塁から3塁への進塁練習
  守備はランナールックの練習&3塁でアウトにする練習
  ツーランスクイズの練習(スライディングは暖かくなってから)
 ・ランナー3塁からホームへ進塁練習、スクイズ練習
とし、これを2回り。

外野ノックとカットはローテーションしながら延々と。
ラダーも素振りも時間がくるまで延々と。


内野→外野→カットマン→ラダー→素振り→走塁の順番でグルグルと。

それぞれの練習のやり方と目的はやりながらって事で!
posted by 背番号29 at 15:15| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

良いお年を!

今年中はお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

来年はゆっくり目の始動になりますが、新Aチームの指導者者として子供たちのたてた目標まで一緒に連れて行ってもらいます^^

それでは良いお年をお迎えください。
posted by 背番号29 at 07:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

パフパフグランドのお清め

今度の土曜日が今年度のパフパフグランドでの最後の練習です。

丁寧なグランド整備は当然として、倉庫内の清掃、周辺の清掃、備品(未使用のネットが放置)の整理等を行う予定です。

さらに初の試みで、各ベース上に盛り塩をし、お神酒によるお清めを計画しているのですが、作法が分りません。


・一年間のお礼
・大きな怪我もなく1年を無事に過ごせた感謝


塩とワンカップで良いのでしょうか?

車なので飲むわけには行きませんから、一升瓶は必要ありません。
本格的にやろうとすると一升瓶なんでしょうが、全部使い切るとは思えないので、持って帰る事になるかと思いますが、車の中でビンが割れたら偉い事になりますね。

じゃー、紙パックって事になるのかもしれませんが、絵が寂しいですね。

と言う事でセコイかも知れませんがワンカップの使いきり。

空のワンカップはススキでも活けましょう。


次の問題は塩です。

旧専○○社の塩化ナトリウム100%の塩よりは、ミネラルタップリの天然塩の方が効果が期待できるのでしょうか?
盛り塩はベースの真ん中当たりに直径3cm、高さは1.5cm程度?
小さい?大きい?
ホームベースはもっと大きく高くする?
風で飛ばされないように水で固める?水の変わりにお神酒を使う?
残った塩は持って帰って家で使う前提?
グランド整備後に塩を盛ると、せっかく綺麗に整備したグランドに足跡が付いて良い?

良く分りませんねー。

年明けのグランド開きの時は盛塩はどう処分する?
何もなかったかのように普通に整備する?


みんなで相談しながらやって見ます。


ワンカップの効果は来年検証するって事で^^
posted by 背番号29 at 12:42| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

欲しいもの

・ドラム缶と蒔き
 そろそろ寒くなるので。

・ブラシ
 車でネットを引張って整備する事もありますが、ガソリンが160円超えましたからね。
 1回のグランド整備で多めに見積もって約2km、約320円。
 ブラシは購入すると約1万円。
 車で31回整備すると買えちゃうんですね。
 朝夕の2回整備するので、15日パフパフのグランドに行くだけで買えちゃいます。

 これは購入を考えた方が良いかも知れません。

・ラダー
 白線の石灰も勿体無いので、棒で地面に線を引いてやっていますが、ラダーのイメージがないので、1歩が広くなってしまいます。

 棒で地面にラダーを書いちゃえば良いのですが。。。

・外野の芝生

・とうもろこしの種
 グランド周囲の空き地の有効活用

・草刈り機
 雑草、竹を刈ればアップスペースの確保ができ、駐車場の拡張も行える。

・竹ぼうき
 時々手動で刈る竹、草が風に飛ばされてグランド内に散乱しているのを集めるため。

・七輪と網と練炭と醤油と皿をお箸と餅
 餅を焼いて食べる。
 ヤカンもあればお湯も沸かせる。

・ベンチ横のバットケース、ヘルメット、グラブを載せる棚

・スコアラー用のテーブル

・トイレ

・水道、電気

・コントロールの良いピッチャー

・セカンド牽制の上手いキャッチャー

・エラーしない野手

・絶対に三振しないバッター

・確実に成功するサインを出す監督

・草むらに入っても直ぐに見つかるボール

まだまだありますがこのへんで^^
posted by 背番号29 at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

トスバッティング

斜め前からボールをあげてネットに向かって打つトスバッティングをやっていますが、どうやら「ボールが落ちてきたら打つ」と決めている子供がいることに気が付きました。


内角を意識してスィングしているとは思えないので、たぶん正解だと思います。

落ちてくるのを待つので、自分の身体に寄って来たボールを差し込まれ窮屈そうに振っています。


毎回、同じ軌道でボールを投げれれば良いのですが、同じようには投げれません。

大きく外れる事はありませんが、外角、内角、高目、低目と変化する事の方が多いです。


トスをあげるのがヘタクソ、と言われればその通りなんですが。。。


ボールが上がってくる途中であろうが、頂点であろうが、落ちてくる途中であろうが、自分のポイントにきたら鋭く振り抜くだけと思っているのですが、あってます^^




トスで空振りするくらいなのでまだまだ練習が足りないだけなんでしょうが。。。


センター返しを狙って振りぬくように指導しますが、センター方向に的があれば子供達を夢中にさせるんでしょうね。


ネットの反対側に立って的になるのはお勧めしません^^
posted by 背番号29 at 15:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

過保護すぎ?

ウチのチームの場合です。


「2アウト!2アウト!定位置ね!」

「2アウトね!打ったらゴーね!」

「ランナー1,2塁!サード捕ったら踏め!」

「2アウト、2−3ね!投げたらゴー!」

「ゴロゴーね!」




ベンチからアウトカウント、ランナー位置、想定されるプレーと引っ切り無しに声をかけます。


何故、声をかけるのか?
 @あとで後悔したくないから
 A準備を促すため
 B集中させるため
 C黙っていられないから
 Dその他



高学年にもなれば、言われなくても分っていますよね。

アウトカウントも全員で確認しますよね。
時々忘れますが。。。



子供達に任せても良いかも知れませんね。


ベンチが言うから子供達は言わなくても良い、と思っているかも知れません。

ベンチが子供達の自主性を妨げているのかも知れません。



結局、黙っている事が出来ないから大声を出しているような気がします。

もっと子供達を信用しても良いかも知れません。



信用できれば大声は出しませんが^^
posted by 背番号29 at 10:32| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

定位置に戻る事が優先される送球体勢

定位置に戻るのを急ぐ、順番待ちの列に早く行こうとする子っていませんか?


もう少し補足しますね。



縦ノック、シートノックでゴロを捕球し、キャッチャー、あるいはファーストへ送球する練習に多く見られるのですが、送球すると同時に順番待ちの列に素早く戻るため自分の投げたボールがどうなったか見ません。

捕ったら投げるだけです。

捕りにくいボール、暴投になろうがお構いなしです。


また、送球する時には投げる方向へ最小限のステップで送球し、投げ終わる際には重心は順番待ちの列、あるいは定位置がある後ろにあります。


送球するより順番待ちの列に戻る意識が強いのでは、と思うくらいです。


そのため送球する際は急ブレーキがかかったようになり、重心は後ろ足に残ります。

これではアウト取るための鋭い送球は出来ません。

長嶋名誉監督さんのように投げ終わった後も、勢いを止めることなく走って欲しいのですが。



ノックのやり方が悪いか急がせる指導者が良くないんでしょうね。


順番待ちの時間を少なくしたいだけなんですが、忙しいノックの弊害ですね。

順番待ちが長くなると集中力がなくなり遊びだし余所見をする子供達なので仕方ないとは思っています。


ウチのチームだけかも知れません。


塁間ボール回しも投げるたびにチョットずつ前進し、1つ先の塁に到達すると逆周りにするとかで、元の位置に戻るまでやるのも良いかも知れません。

センターの一番深い位置からノックを受けて、徐々に前進し、マウンドまで来たら終わるのも良いかも知れません。



とにかく投げる際にブレーキをかけるのは止めて頂きたいです^^
posted by 背番号29 at 15:47| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

ニコニコの笑顔

子供達ではありません。


連盟支部の事務局をされている、あるチームの総監督さんです。


何時でもニコニコの笑顔です。


ある時は石灰の袋を肩に担いで支部主催の試合が行われるグランドに登場したり。


開会式、閉会式では終了後に開始される紅白戦の準備をしたり。


支部の打合せでもニコニコで議事進行を行い。


怪しい天気で開会式有無の連絡メールも絵文字があり。


試合中も笑顔で叱咤激励です。


見習いたい方です。
posted by 背番号29 at 15:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

試合開始!

シニアの試合を見学(チラ見程度)する機会がありました。


球審の「礼!(だと思う)」を合図に守備側は各ポジションに散っていきます。


各塁審も持ち場に散っていきますが、1塁塁審は1塁を通り過ぎて、ライトファールライン際を外野フェンスまで走り、フェンス際をセンター方向へ。

2塁塁審は2塁からセンター方面に向かい、外野フェンスにぶつかるとライト方向へ。


3塁塁審は3塁からレフトファールライン際を外野フェンスにぶつかるまで走り、センター方向へ。


走る距離が長いのは2塁塁審?3塁塁審?なんて、どうでも良い事が気になりましたが。。。


1塁塁審と2塁塁審は10m位まで接近すると、「問題なし」を指差し確認するかのように示し、各ポジションに戻っていきます。


少年野球で塁審をすることが多くありますが、ベース位置を直すか、石ころが落ちてないか確認する程度の事しか行いません。


今度、やってみましょうか?
posted by 背番号29 at 13:13| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

カットマンの捕球位置

外野手の捕球
 @ボールの後ろから捕球体勢に入り、前に出てくる勢いで送球する。
 A後ろに抜けたボールを追いかけて、やっとの思いで捕球してから送球する
 B左右に追いかけ地面に落ちるギリギリのところで捕球。

まぁ、この3種類とします。


カットマンの捕球位置
 @通常の位置
 A外野手に近寄る
とします。


外野手がボールの後ろから捕球体勢に入り、前に出てくる勢いで送球する場合と、後ろに抜けたボールを追いかけて、やっとの思いで捕球してから送球する場合とで、あきらかに投げるボールの勢いが違うので、カットマンの捕球位置も変えて欲しいのですが、いつも同じ距離でカットマンはボールを待ちます。


その結果、外野手はカットマンまで距離があるので山なりのボールを投げ、ワンバンでカットマンの頭を超えて内野をボールが転々とし、ランナーは悠々ホームまで到達、なんてのを何度も見ています。


外野手は固定(最近は固定)できてないので個人差もあるし、グランドの広さにも影響するので簡単には覚えられないと思うのですが。。。


相変わらずカットマンは動きませんね。

構えたところにボールは来ないって事が理解できていません。

普段のキャッチボールの意識が低いんでしょうね。

で(送球が悪いのに)捕球エラーがする事も改善されず。


早く「カット!」、「スルー!」の練習をしたいのに。



まずは真直ぐに並んでくれれば良い事にしましょうか^^
posted by 背番号29 at 18:08| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

バレバレのサイン

これはやり難いですね。


こちらのサインを見破っていても声で指示するのではなく、ジェスチャーで子供達に伝える。
具体的なジェスチャーは書きませんが、ごく自然なポーズです。


と、言っても盗塁のサインがばれただけなんですが。。。
と思っています^^


昨年の事ですが、バッテリーにウエストされセカンドで刺されました。

ベンチ、ランナーともに始めての事だったので慌てた事を覚えています。


守備にも攻撃の責める要素を取り入れている毎年上位に入る強豪チームです。


で、今度対戦する事が決まっているので、サインのバリエーションを増やし、ウエストの練習をしましたが、ことごとくキャッチャーが捕れませんでした^^


ウエストしたからセカンドに矢のような送球が出来るわけではないので良いのですが。


「ウエストできますよ」って見せるだけなんです^^

攻撃も早めにバントをして「バントも練習してますよ」って見せるだけなんです^^



相手がこちらのようにブンブン丸だったら関係ないんですが、多彩なバリエーションで攻撃してくるチームなので、こちらも今出来る事で対応しなしと。。。


ベンチ指導者全員でサインを出すような事もやってみようかな。


試合終了後に「何やってたの(笑)」って笑われるだけかもしれませんが^^
posted by 背番号29 at 14:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

キャッチャーフライの練習

試合中に2〜3回、キャッチャーフライがありますよね。

当たり前ですが捕っちゃえばアウトです。


簡単に取れるアウトを取っておかないと、必ずピンチがきます。
ピンチだけなら良いのですが、失点につながるのが現状です。


これが捕れません。

と、言うより反応できていません。


キャッチャーに「バットにボールが当る瞬間、目をつぶっているだろ!」と聞いたら「目を開けてます」と言ってました。


行動から見ると目をつぶっているとしか思えません。

それくらい無反応ですから^^


見えてないのか、見えていてもボールの行方を判断できないのか。。。


実戦形式の練習でキャッチャーフライを打つテクニックがあれば。。。


あんまり長時間キャッチャーばかりやらせても腰を痛めそうで。
椅子に座らせるのも変だし。


バットに当った瞬間に打球の行方を叫んでもらうくらいしか練習方法はないですかね?

良い練習方法がありましたら、是非、教えて下さい。
posted by 背番号29 at 13:01| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

ピッチャーのバント処理

子の中学野球部の秋季大会を観戦(まだ応援のやり方がわからない^^)してきました。


その試合中にチョットだけ気になった事があるので。。。


ランナーが1塁に出塁すると送ってくるのですが、この時のバント処理です。


ピッチャーが捕球し、キャッチャーの腕が示す塁へ迷わず(この時はファースト)に投げる。


と、思っていたのですが、ピッチャーはファーストに送球する前にセカンドに進むランナーを見ました。

送りバントはこの1回だけじゃありませんでしたが、ピッチャーがランナーを見たのは。。。

覚えていません^^



これが良いのか悪いのか分りませんが、少年野球の塁間(23m)でランナーを見る余裕はありませんね。

もしかしたら、うちのチームだけかも知れませんが。


そもそもルックする指導をしてないかも^^


バントもボールの勢いを殺したナイスバントから、ピッチャーゴロのようなバントもあるから、ピッチャーの判断に任せるしかないのか?キャッチャーの指示に任せるのか?


練習してみようかな。

1塁ランナーもバントするのも子供達で走塁+バント+守備練習にもなる、なんて考えるとダメですね。

子供達にバントさせたらファールばかりで練習になりません^^


練習方法を考えないと。。。
posted by 背番号29 at 13:35| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

選手層の差

夏休み中にやったお隣の市の強豪チームとの試合でした。


こちらは1点も取れず、相手は取り放題でした^^



相手チームの攻撃です。

ランナー1塁、3塁です。



ピッチャーのワイルドピッチで3塁ランナーがホームへ生還しますが、1塁ランナーが3塁まで到達しています。


油断も隙もありません。


投球がワンバンになりそうだったら、すかさず盗塁してきます。


四球で出塁させると、あっと言う間に3塁まで。


選手層も厚く、指導者も多く、保護者の応援団も充実しています。



反対にこちらはギリギリの人数です。

指導者も3人なので審判に2人でればベンチは1人です。

応援団も来れなかったので審判へのお茶出しは相手チームの応援団がしてくれました。



お隣の市の野球チームは当市の半分以下です。

選手が多く居れば良いってモンじゃないのでしょうが、少ないよりは良いですね。


人数が少ないと車2台で移動できたりするんで楽なんですが。。。



ないものねだりで贅沢な悩みですが、レギュラー争いが発生するような事にならないなかなー。
posted by 背番号29 at 13:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

繰り返される事

毎年、いや毎回繰り返される事があるのですが。。。


トスバッティングを行い、カゴのボールを打ち終わると、転がっているボールをカゴに集めますが、この時に子供達はバットを片手に持ったままで集めます。


片手だから持てても2個。

両手で頑張れば7,8個は持てます。



「バットを置くと両手が使えてボールを沢山持てるよ」(最初は丁寧に優しく)

そのうち

「おまえら○○じゃねーの!学習しろ!」になりますが。。。




やっと手投げ野球を卒業できそうなレベルまで来たので、バッティングの練習を始めたら一からやり直しでした^^
posted by 背番号29 at 14:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

重いバット

子供達のバットって運んだりする時に触る事はありますが、身体にあっているか、という観点で触った事はありません。


「合ってない」判断をしたところで、買ってもらった大切なバットですから「使うな」なんて言えません。

「合ってない」判断なんてできませんが^^


せいぜい、チームのバット(グリップが擦り切れている)を使うか、友達のを借りるか、短く持つようにアドバイスするか、ブンブン振り回せって言う程度です。



身体に合わせた道具を準備できれば良いのですが、買った道具を大切に使い続けるしかできませんね。



先日、Aチームの試合に合流した子のバットが重い、とAチームのコーチから聞きました。


次の日にその子に確認すると「重い」と感じていたとのこと。


たぶん、お兄ちゃんのお下がりだと思われます。


「身体にあった軽いのを買ってもらったら」なんて事を軽々しく言えませんので、子供達のバットから軽めのバットを借りて打席に立ってもらいました。


たまたまなんでしょうが、1塁線を破る2塁打を打ちました。



でも、翌日の試合、練習では自分のバットを使っていましたから、その子の判断に任せたいと思います。


当らなければ重さも長さも関係ありませんから^^
posted by 背番号29 at 15:39| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

最近、良くやる練習

お盆休みも終わり、久々に集まった土曜日の事です。


人数はA,B合同での練習だったので、大人を含めれば紅白戦ができる人数は揃っています。


久しぶりの練習だった事、その日は8月にしては涼しい事も重なって、ロングトスによる「野球ごっこ」で身体をほぐす事に。


2チームに分け、3アウトで交替、バッテリーは指導者。


先頭打者は相手が守備につくまえに打ってよし!



このバッテリーが指導者ってのがポイントで、守備につくのを待たないでバッターに投げる事ができます。


たったこれだけの事で攻守交替は全力疾走になります。


遊びの要素が多い練習は飽きずにやりますね。


子供達は自由に水分を補給してもらいながら1時間はやったと思いますが、流石に最後はヘロヘロになります。



良いランニングになりますよ。
posted by 背番号29 at 13:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。