2007年10月02日

バレバレのサイン

これはやり難いですね。


こちらのサインを見破っていても声で指示するのではなく、ジェスチャーで子供達に伝える。
具体的なジェスチャーは書きませんが、ごく自然なポーズです。


と、言っても盗塁のサインがばれただけなんですが。。。
と思っています^^


昨年の事ですが、バッテリーにウエストされセカンドで刺されました。

ベンチ、ランナーともに始めての事だったので慌てた事を覚えています。


守備にも攻撃の責める要素を取り入れている毎年上位に入る強豪チームです。


で、今度対戦する事が決まっているので、サインのバリエーションを増やし、ウエストの練習をしましたが、ことごとくキャッチャーが捕れませんでした^^


ウエストしたからセカンドに矢のような送球が出来るわけではないので良いのですが。


「ウエストできますよ」って見せるだけなんです^^

攻撃も早めにバントをして「バントも練習してますよ」って見せるだけなんです^^



相手がこちらのようにブンブン丸だったら関係ないんですが、多彩なバリエーションで攻撃してくるチームなので、こちらも今出来る事で対応しなしと。。。


ベンチ指導者全員でサインを出すような事もやってみようかな。


試合終了後に「何やってたの(笑)」って笑われるだけかもしれませんが^^
posted by 背番号29 at 14:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小生の経験から、サインは2進法で造っていました。
例えば、帽子・アンダーシャツ・ストッキング・スパイクはプラス。ユニフォーム・ズボンなどはマイナス。プラス1はバンド、2は盗塁、マイナス1は待て
2はエンドランなど決めて、サインを出すときには
大声でランナー・バッターなどへ声を書け、自分の方へ見させサインを出してました。
まず、見破られることはありませんでした。
やり方は色々あるけど、自分達でサインを出した野球をさせ、ケースバイケースで攻撃パターンを反省をし
選手達へこの場合は多分監督はOO/XXのサインが出る可能性がある予測を持たせる事です。
Posted by 店長 at 2007年10月02日 17:55
店長さん、ありがとうございます。

す、凄いです!
前回の試合からキーを変える事を始めたばかりで。。。
選手よりサインを出す監督、コーチが覚えられないかも知れません。

盗塁とバント(未使用)だけのサインを増やす事から始めないといけません^^
Posted by 背番号29 at 2007年10月03日 09:55
わかります。それ。
うちも序盤でランナー3塁になったら
まずウエストします(同じくウエストできますよって見せるだけなんですが…^^)

ちなみにここ2年、私が監督になってから
どんな強豪チームにもサインは一度も見破られた事がありません。
すいません、ちょっとこれ自慢です^^

サインの種類はバントなど含めて6種類。
ブロックサインは一切使わないのが特徴といえば特徴です。
(と、書いただけでもうわかっちゃいましたね^^)
Posted by ドンマイ at 2007年10月03日 09:58
ドンマイさん、ありがとうございます。

”見せ球”じゃなくて”見せ技”は必要ですよね。
ウエストが暴投になる危険性は多分にあるのですが、何の準備も出来てないと思われるのもしゃくなので^^

バントはキャッチャーフライになる可能性が高いです^^
Posted by 背番号29 at 2007年10月03日 11:57
ウエストって一見簡単そうに見えますが、やってみると案外難しいかもしれません。
うちのバッテリーは器用じゃないので、アドリブがききません ^_^;

Posted by ドラ夫 at 2007年10月06日 00:32
ドラ夫さん、ありがとうございます。

返信が遅くなり失礼致しました。
普通に投げようとして暴投はあるのですが、ウエストすると加減が分らないので大暴投になりました^^

普通に投げるだけで良いかも知れません^^
Posted by at 2007年10月09日 08:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58392231

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。