2007年09月03日

指導者こそ準備運動を!

グランドに到着すると挨拶から始まりランニング、体操、軽めのダッシュ系、キャッチボールと続きます。


その間、指導者達はグランド整備、ベース、ライン引きを行い練習の準備をします。


で、キャッチボールは球拾い、あるいは指導となるのですが、指導者はグランドに到着してから体操らしいものは一切しておりません。


それからノックをやったり、バッティング練習でバッピーやったり、守備に入ったりします。


子供達より指導者の方が準備運動をしっかりやった方が良いと思うのですが、皆さんお若いからかなぁ。。。


子供達がダウンする時もグランド整備ですから全くダウンもしない。


大人ですから自己管理って事ですね。


チョットふくらはぎ、腕が筋肉痛なんで何時もの思いつきで書いてみました^^
posted by 背番号29 at 17:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドギ!,長年少年野球の指導を(してます。思い起こせば、若い時代はしてましたが、年齢が55歳以上からはやってません。凄い指摘で胸に矢が刺さった感じ
有難う!
Posted by 店長 at 2007年09月03日 18:04
店長さん、ありがとうございます。

ランナー役で走る時もいきなり始め、ノックでファーストに入る時もキャッチャーまでいきなり送球。。。

集合前、解散後にやればいいのでしょうが、帰宅後にシャワーを浴びたら、直ぐにビールなんで自己管理も出来ていません^^

店長さんは是非、アップとダウンをやって下さいね。
Posted by 背番号29 at 2007年09月03日 18:37
私もまったくやってませーーーん!!
グランドの準備とかすんだら、校外に出て一服!!
そのうちケガしますね。。。。。。
今後、ちゃんとやります。
Posted by ヨウボン at 2007年09月04日 18:30
ヨウボンさん、ありがとうございます。

同じですね。
ランナー役が一番危険です。

ノッカーが打ってランナー役で走り始め、内外野がエラーで3塁を回ったところにキャッチャーまでボールが戻って、三本間でランダウンプレーが始まり。。。

低学年は多そうなのでご注意下さい^^
Posted by at 2007年09月05日 14:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。