2007年05月15日

左右の判断が弱点^^

弱点は他にもたくさんありますが。。。


左右を素早く判断する場合、時々間違える事があります。


間違えると言うよりも、適当に好きな方?本能が判断する方を選択するような感じです。


このような私なので、指導するときも「右足に体重を乗せて、あ、違った、左足ね」と、子供達を大いに混乱させます。


たいていの場合「こっちの足(やさしく叩きながら)で立って、こっちの足を大きく真っ直ぐに前に出して」とか。。。


「前に出す足、後ろの足」と言って説明しています。


左右は駄目でも前後は間違えません。



走塁練習でピッチャーの牽制を教える時も前後を使わないと大変です^^


さらに左投げピッチャーの牽制を教えようとすると、自分で事前シミュレーションして左右を確認しないとまず100%の確立で間違えます。



子供達もこの左右の判断が遅い子が居ます。(たぶん)


「お箸を持つ手」、「お茶碗を持つ手」も最近は左手でお箸を持つ子がいるので使えません。


左と右、レフトとライト。。。


言い方を変えても駄目なようです^^
posted by 背番号29 at 12:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
妻のナビ・・・
「そこの交差点を"あっち"!」
何度お願いしても"右""左"と言ってくれません^^
Posted by るっち at 2007年05月15日 12:30
ぷっ(笑) なんか背番号29さんらしい、おもしろいエントリーですね♪
以前、ねまあが4年生のころ、バッティンググローブを片手だけ買ってあげたとき間違えて左手を買ってしまったことがあります。『左打者だから左手』とまったくためらいもしませんでした。
今ねまあは打撃用と守備用と使い分けていますが、もしこれが右投げ左打ちのくすただったら‥守備が左手で打撃が右手???頭がおかしくなりそうです(笑)
Posted by ゆうちろ at 2007年05月15日 12:32
るっちさん、ありがとうございます。

”あっち”では分かりませんね^^
野球の時は子供達を自宅前まで送り届けるのですが、早めに曲がる方向を確認します。

この早めも曲者で早過ぎて忘れちゃう事もあります。

弱点は左右の判断だけじゃなさそうです^^
Posted by 背番号29 at 2007年05月15日 12:54
ゆうちろさん、ありがとうございます。

打撃用と守備用では形状、材質共に違うので間違えることはないのでしょうが、面倒なのでそのうち両手にグローブをする可能性はありそうですね^^

私が愛用している軍手は左右対称(たぶん)なので問題ありません。

汚れ方で左右を識別しています^^
Posted by 背番号29 at 2007年05月15日 13:05
運転中の右左は私にも良く経験があります^^;あれって相当はずかかしいですね^^v
Posted by とうさん at 2007年05月15日 18:53
とうさん、ありがとうございます。

はい、相当はずかしいです^^
練習中も大きな声で左と右を間違えるとはずかしいです^^

でも、良いんです。

間違えたら素直に”ゴメンなさい”を言えますから^^
Posted by 背番号29 at 2007年05月16日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。