2007年04月26日

高田ファール?

高田ファール(正確には違うと思います)を打つ子が居ます。


息子の同級生にも居ました。


打つ時は三塁側ベンチを向いているのでファールしか打てません。



ピッチャーの投げるボールが遅いのも原因の一つですが、ボールを待てません。



気持ちは買うのですが、ボールを拾いに行くコーチの事も考えましょう。



グランド内を転がるボールだったら子供が拾う事もありますが、グランド外に出た場合は危険なので指導者が拾いに行きます。



連続してファールを打つので、しまいにはコーチがグランドの外で構えました。



砂嵐に見舞われたグランドだったら、延々野原なので、トゲトゲの草木に注意するだけで子供でも可能です。


隣が工場だったり、公共施設(土日は門が施錠され入れない)だっらりすると、打ち込んだら諦めるしかありません。


貧乏チームなのでボールも大切にしないといけません。



しかし、高田ファールを打つ子供自身も一生懸命にやっているので厳しく責める訳にもいかず、そもそもバッティング練習をしなと上達しないし。。。



クローズスタンスでベースから離れて構えてもらおうと考えています。



とにかく内角は全部ファールですから。。。
posted by 背番号29 at 13:20| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高田君が打つファール?

3塁側に気になる方でもいらっしゃるのでしょうか^^

スクエアでの構えを徹底!しましょう^^
Posted by とうさん at 2007年04月26日 16:49
とうさん、ありがとうございます。

高田ファールをご存知ありませんか?
40歳以上の方は知っていると思います。

ベンチに打ち込んで来る子供が時々いますね。
昨年、息子がピッチャーの時は球が遅いので何発もベンチに飛んできました。

ベンチ内でもグローブを外せませんでした^^
Posted by 背番号29 at 2007年04月27日 08:35
高田ファール!?
私40歳越えてますが、知りません!!
元巨人の高田選手に何か関係がありますか??
Posted by ヨウボン at 2007年05月01日 07:18
ヨウボンさん、ありがとうございます。

はい、正解です。
打った瞬間は「入った!」と思わせて、ファールゾーンに切れていく打球だったと思います。

子供ながらに「またファールか」と思ったものでした^^
Posted by 背番号29 at 2007年05月02日 09:53
私は、子供達が打つ高田ファールを一番嫌ってしまいます。いい当たりをしても「いつまでたってもヒットを打てるようにはならないよ」とキツイ一言を言ってしまいます。大概はドアスイングが原因ではないでしょうか?そのような子に対しての私の修正方法は、ありきたりのことですが、@ティーバッティングの際、ボールの内側(自分に近い部分)を見つめてそこを叩けと。 Aグリップエンドをボールにぶつけるつもりで打てと。 B壁(ネット)を前にして(50CMぐらいの距離)バットが当たらないように振らせる。
 などをさせますが、すでにやっていらっしゃいますか?いずれにしても簡単には直らないことですから根気が必要ですね。
Posted by 横浜への道 at 2007年05月07日 19:03
もちろん私は知っています。
息子の学年の時もK田くんというのがよく打っていたのでK田ファールと呼んでました。
こういう子はインコースはもちろん、ど真ん中でも引っ張りファールになっちゃうんですよね。
打撃ポイントが前オンリーなので緩急をつけられると全く対応できません。
アドバイスとしては横浜への道さんがおっしゃる事と同じですが、バットを立ててボールをよく見ろ・・ですかねえ。
ちなみに高田選手は大阪浪商で当時は私の住んでいる町に学校がありました。
Posted by 五十路コーチ at 2007年05月08日 09:24
横浜の道さん、ありがとうございます。

普通はそう指導しますよね^^
我々は外角に投げてファールを打たせないようにします。

コーチの投げる球が遅い事も原因の一つかも知れません^^
Posted by 背番号29 at 2007年05月10日 10:14
五十路コーチさん、ありがとうございます。

体は開いて後ろ体重で。。。
「そんなスィングは素振りの時にやらないでしょう」と言っても。。。

本人も意識するので徐々にクローズスタンスになり、スィングが小さくなってくるので、「ガンガン振れ!」とだけ言っています。

「ボールの縫い目が見えるまで見ろ!」と言ってますが、ボールの飛び先が気になるようです^^
Posted by 背番号29 at 2007年05月10日 10:25
うちのチームでやった練習を紹介します。
右バッターなら1塁コーチ方向にファールのバントを打たせます。
その後『バントしたところで打ってごらん』
うちの子たちは、たったこれだけで直りました。

打点だけでなく、インパクト時の上体の向きも直るからだと思います。
打点を遅らせるだけでなく、その打点に上体を正対させることが重要です。
Posted by Skyboys広報 at 2007年05月16日 22:27
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

助かります。ありがとうございました。
昨年の息子の時にはミートポイント確認のための流し打ち練習をしたりしましたが、今年は基礎練習中心なので色々な練習方法を忘れてます。

正対する意味から教えないといけません^^
Posted by 背番号29 at 2007年05月17日 13:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。