2007年04月19日

次の塁を狙おう!

走塁は難しいですね。


守備もバッティングもノックも審判等も難しいのですが。。。


合わせてランコーも難しいですね。


難しい難しい、と言っているばかりではどうにもならないので、現状を分析して今後の対策を検討する必要があります。


最大の課題は走者が勝手に「1つの進塁!」と決めちゃう走塁です。


進塁する先のベース手前でスピードを緩めベースを踏んで走塁終りです。


次の塁を狙う素振りもしません。

同様にランコーも立っているだけ。


外野、あるいは中継がもたついている隙に先の塁へ進塁しようとする姿勢は見えません。

ベースの真上に両足で立って終りです。


これでは相手チームは脅威を感じてくれません。


もっと相手チームを揺さぶらないといけません。

揺さぶる走塁を練習すれば、揺さぶられた時の守備も自然と練習できます。



次の塁までゆっくり走る走塁なんてないはずです。

押し出しであろうがホームまで全力で走って欲しいです。


好走、暴走は紙一重とか言われますが、それ以前の事です。

数名を除いてはとにかく全力で走っていませんから。。。



相手野手がポロリとした瞬間には次の塁へ向けて走り出して欲しいですね。

走るようランコーが大きな声で指示して欲しいですね。



まずは出塁した時のサインの見かたから始めないといけませんが^^
posted by 背番号29 at 10:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
強いチームは特に走塁が上手ですね!上手というか?いつでも次の塁を狙っている^^って表現が正しいでしょうか!

第二リードしたはいいが、ゆっくりと戻って牽制死!教えていない私が悪いのかっっっ!!
Posted by とうさん at 2007年04月19日 12:44
 走塁でネタにさせていただきました!
ご参考下さい。
 明日楽しみにしています。
Posted by フルコーチ at 2007年04月19日 17:59
走塁こそ遊びの中で覚えて欲しいですね。
お昼休みにゴムボールとプラバットで遊ばせよっかな。
Posted by Fastballer at 2007年04月19日 22:21
とうさん、ありがとうございます。

「走塁にはスランプはない!」が代表の口癖です。
欲がないとか以前の問題で走るのが嫌なのかも知れません^^

これから暑くなるのでますます省エネ走塁になると思われます^^
Posted by 背番号29 at 2007年04月20日 09:23
フルコーチさん、ありがとうございます。

逸話がタップリありそうですね^^

ランダウンプレーの練習で指導者が子供を追いかけると、「キャー」とか「ワー」とか騒ぐレベルです。

こういう時の声は良く出ますね^^
Posted by 背番号29 at 2007年04月20日 09:35
Fastballerさん、ありがとうございます。

低学年の最初はゴムボールとプラバットで野球ごっこをして楽しみますが、守備側のキャッチボールが出来ないと見破ると、どこまでも進塁します。

この癖が抜けない5年生が居るので困っています^^
Posted by 背番号29 at 2007年04月20日 09:43
毎年好成績を挙げるチームは、間違いなく走塁が上手ですね。飛びぬけた子がいなくても、走塁は練習次第で誰もが一定レベル以上の技術を身につけられます。
昨晩はありがとうございました。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。交流できる範囲と知り、次回はグラウンドで会えないものかなあと考えておりますが、お相手していただけませんか?RKさんとの巴戦なんていうのもありかなっと?
Posted by 横浜への道 at 2007年04月21日 08:15
横浜への道さん、ありがとうございました。

昨年の息子達同様に「行けたら三盗」、「ワンバン投球は盗塁あり」をやって欲しいのですが、どうやら走るのが疲れちゃうようです^^

秋までにダブルが出来る様にピッチャーを育てますので、それまでお待ちください^^
Posted by 背番号29 at 2007年04月23日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。