2006年12月13日

ゴロを捕る位置

ゴロを捕る位置と言うか、場所と言うか、、、グローブにボールが入る位置と言うか。


うちのチームでは、ボールが
@地面に着く直前
A地面から弾んだ直後(ショーバン)
の2通りを推奨しています。。

ゴロ.bmp


イレギュラーする事もあるので、そのリスクを回避すべくバウンドを少なくし、前進して早く捕球する事が目的と解釈しました。


でも、どうしてもボールが地面から弾んだ一番捕り辛いBの所で捕球する子が居ます。



スタートが遅いのか、ダッシュするスピードが遅いのか、どうしてもBのところで捕球しようとして、身体をすり抜けたり、身体に当てて弾いたりするエラーが出ます。


ボールを捕る直前で身体が立ち上がり、グローブがお腹にくっ付くようになる特徴があります。

また、捕球時にグローブを身体の横に引く子も居ます。

ボールが怖い子は身体を斜めにしてボールに当たらないようにする子も居ます。



もう一歩前で取れればショーバンで捕球でき、関係者から「うまい!、ナイスプレー!」と声がかかると思います。


外野でも時々、難しい位置で捕球体勢に入り後逸しHRになるケースがあります。


ひたすらノックをすれば身につくのでしょうか?


ボールが上がるBのところまでは行っているので、@、Aのところまで後1歩です。



このままBの捕り辛いところで捕り続けて良いのでしょうか?


「前で捕れ!」を忠実に守っているかもしれません。


練習では前進して捕球する事も良いでしょうが、練習してないことは試合ではできません。


タイミングを合わせて捕るのか?何でも前進するのか?


落着いて捕れば何でもないゴロを前に突っ込んで身体に当てたり、足で蹴ったり。


打球を見た瞬間に捕る位置を見極める判断力でしょうか?


視力が悪いのか?ゲームのやり過ぎか?


構えた状態からの1歩目の歩幅が広すぎるために、次の足がスムーズに出てこない事も影響しているように思います。


「待って捕れ」では、今までの「前で捕れ」と矛盾するし、「バウンドに合わせて捕りやすいところで捕ろうよ」とも言っていますが、頭を越される高いバウンドは待って捕るとファーストアウトが間に合わないし難しいですね^^
posted by 背番号29 at 09:44| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログへのコメントありがとうございました。

はね際落ち際でボールを捕る意味を説明する時、イレギュラーボールが足に来るのと顔に来るのじゃどちらが怖い?と言って納得させています。
後はノック時に常にグラブを下からの位置で捕らす練習しかないでしょうか。
たとえ捕れていても山のところで捕る癖の子は頭を越される危険を説明したいところです。

問題は軟式の外野守備で、やみ雲に突っ込んできてバウンドが頭を越される事が大きな失点に繋がりますから、ヒット性の当たりは「外野手前ヒット」にする判断も大事ですね。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 五十路コーチ at 2006年12月13日 14:43
お邪魔します。はじめまして、とぉたろ〜。と申します。よろしくお願い致します。
低学年の指導をしています。
低学年なんでノックも軽い「ポーン ポーン ポーン」てバウンドなんですが、
ウチのチームもBの位置で捕ろうとする選手が多いんです。
結果的にグラブではなくお腹で捕っちゃってます。
「○○!お腹大丈夫かぁ〜!」「コーチ!痛てぇ〜」なんて会話が日常茶飯事です。
@かAの位置での捕球がなかなか上手くいきません。
今はリズムで動いて@とAで捕球する様に指導しています。
Posted by とぉたろ〜。 at 2006年12月13日 15:27
軟式はバウンドの頂点が高いので
技術の足らない子供たちにはなお更難しいですね。

基本的には前進しなければ間に合わないですから
前進で教えることが正しいですよね。
また、高いバウンドを待って捕ると「待つな」と
声が掛かることありますが、どう考えても
前に出てショートバウンドで捕れないものまで
前に出ろと言ってしまう指導者もいるようです。

近い距離、緩い高いバウンドで
前に出てショートバウンドで捕ることを繰り返すと
自然と出来るようになりますね。
その時、必ず膝より下で捕ることを植え付けて。


@ACで捕ろうが、バウンドは合わせるもの
だと思います。その判断が「前」ということかなぁ。

バウンドの高い軟式は判断が難しいですね。
硬式ならば土のグランドで膝下が主ですから。
(人工芝は別ですが)
Posted by Fastballer at 2006年12月13日 20:16
touchさんにお会いして以来、
私は『前に前にひたすら前に』です。
先日、うちの5年生チーム、6年生のチームと対戦しましたが、内野の動きは明らかにうちの5年生が上でした。
Posted by Skyboys広報 at 2006年12月14日 00:12
私も捕球位置のことが分かりませんでした。ブロガー諸氏のコメントを参考にさせていただきます。
Posted by 館長・P助の父 at 2006年12月14日 05:42
五十路コーチさん、ありがとうございます。

丁寧なご指導ですね^^
全てのゴロを捕球する事は諦めるくらい吹っ切っても良いかなと思い始めました。
ランナーの有無に関わらず「いけいけ」で前進もありかと。。。
広い歩幅だけ直せば何とかなりそうな。。。
どのような意識で準備しているか子供に確認してみます。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
Posted by 背番号29 at 2006年12月14日 08:51
とぉたろ〜。さん、ありがとうございます。

お腹で捕るなら万々歳ですね。
こちらは高学年ですが透明人間にでもなったかのようにボールがすり抜けて行きます。
打球を見た瞬間に捕るポイントを判断する意識が足りずに、直前になって慌てるようなイメージです。

毎回、同じゴロを打てるノッカーになる必要がありますね^^

今後とも、よろしくお願いします。
Posted by 背番号29 at 2006年12月14日 08:58
Fastballerさん、ありがとうございます。

指導者でもいけいけ感が微妙に違いますね。
やはりコーチのお父さんから「前で勝負」と言われると子供は前進し続けますね^^
あしぶみピョンと歩幅が重要ではないかと思っています。
最短距離でラインに入る事も必要だし、言葉で教えるのは難しそうなので実践してみようと思いますが、長い自主練が必要です^^
Posted by 背番号29 at 2006年12月14日 09:10
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

そうなんです。
御二方のコメントを見て「なるほど」と思ったのですが、指導方法がイマイチなのか、要求が高いのか、他チームが上手なのか。。。

最近は「しなやかに動いて、しなやかに捕ろうよ!」て声をかけています。
余計、混乱させているかも知れません^^
Posted by 背番号29 at 2006年12月14日 09:32
館長・P助の父さん、ありがとうございます。

ゴロ捕球上達にはノックの高等テクニックが必要です。
エラーしたら、同じバウンドで同じ強さのゴロを打つ事です。
これだけで随分と上達するのが早くなります。

もちろん私は出来ません^^
Posted by 背番号29 at 2006年12月14日 09:35
野球小僧を購入して読むと、
エントリーの問いかけに答えるような文面がありました。
そこには、
ヘソやベルトより上は前進、より下の待ちの姿勢とありました。
下が待ちの姿勢なのは低いゴロは低く速く自分のところに飛んでくるからだそうです。
打球の強さに多少の違いはあっても、そう考えるといいそうです。

読みました?
Posted by Fastballer at 2006年12月14日 19:32
Fastballerさん、ありがとうございます。

ヒットエンドランを読んでいる最中です^^
なるほど打球の速さと高さですね。
「もう一歩前!」、「前で勝負!」の掛け声(合の手?)も継続しつつ、ゴロ捕球が苦手の子に張り付いてみたいと思います。
正確で速い送球技術も必要ですね。
もちろん手の平捕球も^^
Posted by 背番号29 at 2006年12月15日 08:45
守備位置からダッシュし2の位置の捕球がエラーが少ないでしょう、ただし 条件がありますよ、出すグラブは捕球面を上からかぶせる捕球技術です。
春日部でもちょっとの時間ですがムラッチを経由し説明をしました。子供たちは瞬間的に出来ます。
これも、グラブ捌きの一例です!!!!!
Posted by 店長 at 2006年12月15日 17:12
店長さん、ありがとうございます。

返信が遅くなり、すみません^^

覚えてます。
「エッ!」と思い、側の人と「そんなの教えた事がない」と話した事を思い出しました。
PROBが柔らかくなった春頃に自分で試してみたいと思います。
キャッチボールする時間がないので、揉んだり、ボールでパンパンするだけの日々となっています^^
Posted by 背番号29 at 2006年12月18日 11:43
もう終息気味のときに投稿すみません。

みなさんと同じくAの位置での処理をするのが基本だと思うんです。
ですが、そのためにバウンドを待つようであれば、あえて前進してBも善しだと。
これは自論ですが、野手はボールを裁き終わるまで止まってはいけないと思っています。「動き」の中で全てを完結させる。。。つまり、「ボール待ち」の時間は無駄なんです。その間に打者走者は1塁に向かって走っていますから早く捕球まで持って行ったほうが良いわけです。「自分の動き」と「ボールの動き」のシンクロが野手の動きだと思いますから、その時その時で多少取る高さはかわりますよね。
多くの子は将来硬式に転向すると思いますが、そのときに「待ち捕球」では打球に間に合わなくなりますし、守備範囲が極端に狭くなります。
小学生の頃からボールに向かって走って、走って、そしてそのスピードの中で捕球してステップ踏んで。。。
それが一番必要だと思います。
Posted by touch at 2006年12月20日 17:28
touchさん、ありがとうございます。

Aの前のBで捕球ですか?
さらに前なんですね^^

了解しました。

”待つ=守備範囲が狭くなる”って事で2,3mダッシュを冬の練習で鍛えようと思います。
Posted by 背番号29 at 2006年12月21日 10:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29533773

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。