2006年11月27日

再びシニア体験

ある理由によりシニア球場に行ったら、シニア監督さんから「シートノックに入りませんか?」と、ありがたい言葉を掛けて頂き、6年生がノックを受けました。


隅っこで硬式ボールを使ってキャッチボールをして、普段のポジションに付かせて頂きました。
このキャッチボールでも奇数人数だったので、中学生が相手をしてくれました。


そしてありがたいことに簡単なアドバイスもしてくれます。

「少年!投げる時に身体が開いているよ。肘が痛くなるよ!」
「少年!両手で捕ろうよ!」


お父さんコーチが言うより効果があるようです^^


前回(約1年前)は内野のみですが、今回は外野にも付きました。
ありがたいことです。


「バックセカンド」、「バックサード」、「バックホーム」と内野についた子供達もカットに入ります。
内野はゲッツーもありました。


中学生の先輩達に「うまいね〜!」、「ナイスボール!」とおだててもらい、何時もと違う良い動きをしているように見えました。


硬球の弾まない(軟球と比較して)ゴロが捕り易いのか、先輩たちの真似をしているのか、何時もより素早く前進してるように見えました。


シートノックの最中にうちのチームと比較して決定的に違う場面を見つけました。
(比較することすら失礼かも知れませんが)

指導者からアドバイスや注意を受ける時は必ず、帽子を取り直立不動で話を聞く姿です。

うちの子供達は返事すらしません^^
時々、練習から外されるほど怒られるのに直りません^^


そして、バットを借りてトスバッティングまで体験させて頂きました。


勧誘目的もあるかと思いますが、貴重な練習時間を割いて頂き、ありがとうございました。
目的は達成できたと思われます!
○が3人と△が3人居ました。
子供の言ったことなので本当かどうかは分りません。



グランドの隅っこではコーチ2人が黙々とノックの練習をしてたのが印象的でした。


さて、シニア入団における最大の懸案事項である「通う方法」ですが、案外、簡単に解決しました。


ある場所まで自転車でやってきて、そこからバスで移動するそうです。


うちのチーム卒団生にも聞いたら、集合場所まで自転車で30分〜40分らしいです。

あっさり問題解決です。


きっと出欠確認を確実に行い、全員集合するまで待ってからバスが出発するのか、グランド当番の保護者が遅刻者をピックアップするのか詳細は不明ですが、何らかの救済措置はあるのでしょうね。


家に帰ってから息子と一緒に地図を見て、経路を確認しましたが、「最初は先輩に連れて行ってもらう?」と聞いたら「うん!」だそうです^^


脅す事はしたくないのですが、お喋りを注意されたりとか野球以前の事で叱られる事がないように、これから注意したいと思います。


シニアでの体験が刺激になると良いのですが。。。
posted by 背番号29 at 16:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
着々と中学野球に向けて進んでいますね!背番号29さんを中心に来年中学硬式に進む子供がいる方のブログのエントリーを見ると、「我が家もがんばるぞ!」って気になります♪
練習参加、かなりの刺激になりますよね!目が輝いている息子を見るとうれしくなります!

>指導者からアドバイスや注意を受ける時は必ず、帽子を取り直立不動で話を聞く姿です。

実はこれ、我がMクラブは完璧にできます。これができるチームだと知ったから息子たちを入団させたんですけどね♪
Posted by ゆうちろ at 2006年11月27日 16:35
ゆうちろさん、ありがとうございます。

レフトのフェンス越しに見ていたので、目の輝きまでは分かりませんが、動きは良かったです。
「普段からやれよ!」って感じです。

Mクラブ、凄いですね。
こちらは、これから始めます^^
Posted by 背番号29 at 2006年11月27日 18:02
入団に近づいてきましたね!
そ〜と決まれば・・・
お買い物!ですね^^
2007年モデルが発売され始めると、古いモデルの金属バットなど大安売りしてますよ!この前はストッキング100円!など見つけて、チームの紺色があったので即買いしました^^
Posted by metoo at 2006年11月27日 19:39
いつも行くバッティングセンター近くが、地域のボーイズチームバスの集合場所です。夕方遅めにいくと、練習から帰ってくるバスに出会うことがあります。
真っ黒に日焼けし、真っ黒に汚れたユニフォームでゾロゾロ降りてくる子供たちの中に我が息子が仲間入りする日が来るのか、来ないのか?
しかし、この集合場所は自転車じゃちょっと遠いんですよね。やはり親の送迎は必要?
ところで用具の話ですが、ミズノ野球用品のMマークが年明けからランバードマークに全変更されるようです。旧マーク商品の叩き売りがあればいいなと楽しみしています。
Posted by 館長・P助の父 at 2006年11月28日 06:23
metooさん、ありがとうございます。

はい、楽しみなお買い物です。
手の大きさに合った少年野球の硬式用か、PROBでしばらく我慢するのか?
近所のスポーツ店でM社製品にするのか?
素振り用のバットは必要だし、少年野球に残るとしたらノックバットも必要だし。。。
しばらく様子見です^^
Posted by 背番号29 at 2006年11月28日 08:23
館長・P助の父さん、ありがとうございます。

集合場所まで自転車で迷わず行けるのか?
ふざけたり、競争したりしないで行けるのか?
そもそも荷物を自転車に積めるのか?

子離れできていない親としては心配だらけです。

今週末からのシニア杯で勝ち残り、情報入手する予定です^^
Posted by 背番号29 at 2006年11月28日 08:32
余計なアドバイスかもしれませんが、こんな事もあるチームではあったということで。。
往々にして硬式チームの場合、しつけ・礼儀にはうるさいと思います。
先に例のあったノック時の礼儀として、ゲームノックなどの場合、ノッカーが注意している間は流れが止まります。
ですのでその場合、注意されている選手だけが脱帽して気を付けするのではありません。指摘されていない者を含め全員がするのです。
選手達はグランドの出入りの際にグランドに向かって礼をすることを口が酸っぱくなるまで言われると思います。
ですが。。気をつけなければいけないのは、父兄です。
1年生親がよく注意される事柄
・親がグランド整備などの出入りの際の脱帽礼をしなかったこと
・親が監督、コーチに対して脱帽礼をしなかったこと
・親の監督への個人的発言
・1年生のみの宿泊遠征にて、帯同した親が宿泊部屋での私的酒宴会をする(してしまう)こと
これらはたいてい大目玉ですよね(笑)。
Posted by at 2006年11月28日 11:05
touchさんですね?ありがとうございます。

この時はチームのユニフォームを着ていたので、挨拶は行いましたが、保護者として見に行った時は忘れちゃいそうです。
指導方法に意見するほどスキルがないので、この点は心配ないと思います。

この冬に子供達には挨拶を徹底して教え込みます。

何時もナイスなアドバイスをありがとうございます。
Posted by 背番号29 at 2006年11月28日 12:36
記名を忘れまして申し訳ありません。お察しの通り私です(苦笑)。
硬式チームのたいていは「規律」を重んじます。これは野球人の基本常識として重んじているようです。
まず1年生が教わることとして「挨拶の徹底」だと思います。
相手の前に立ち、相手の顔を見てから頭を下げ、大きな声で「こんにちわ」と挨拶する。
父兄も含め、グランドに来ている大人(練習試合相手の親も)にはひとりひとりにいちいち挨拶する。ですから、子供達がこちらを見つけるとかけよってきて一人一人頭を下げて挨拶されますから、こちらはちょっと面倒なときがありますが(笑)。この時期、体験に来た子の親もこれにはビックリするようです。いきなり子供達が自分のところに走ってきて「こんにちわ」「こんにちわ」の嵐ですから(笑)。
これがOBであるうちの子が顔を出すとまた違います。練習中でも、うちの子を見つけると、見つけた子が「脱帽ーー!」と大きな声で皆に知らせます。
そこで練習は中断され、キャプテンが確認のために「脱帽ーー!」と皆に再度声をかけ、それからいっせいに頭をさげ「こんにちわ」と挨拶します。息子が帰るときも同様にいっせいに「ありがとうございました」です。ちなみに「っちわ!」「あーした!」は禁じられていました。
また、スパイク、バッグ、バット、グラブは皆のものが整然と並んで無いと怒られます。たいてい、1年生はまず最初にこれで怒られます(笑)。
昼食時、学年ごと(または練習グループごと)に輪になって弁当を食べるのが慣例です。輪からはみ出している(輪に入れない)子がいる場合、「お前らのチームワークはそんなんか!それで全員野球ができるんか!」と仲間はずれを注意されます。
でも、これらの事を先輩達がごく当たり前としてやっていますので、新入団生にはかっこよく映るようです。
これら基本ができていない新入団生は恥ずかしい思いをします。よく指導者が影で「学童の○○チームの出身者は毎年いつも挨拶の常識がないなあ」とか「△△チームは指導がいいんだな」なんて言ってるのを耳にしますので気をつけて(笑)。
Posted by touch at 2006年11月28日 15:16
touchさん、ありがとうございます。

最後の3行が効きました^^

指導者は当然ですが、保護者、OB、他チームに先輩への挨拶も欠かせませんね。

うちのチームの子供達はお弁当を持ってきて友達と遊ぶ土日と思っているので、意識改革から始めないといけませんが、急に初めても混乱するだけのような気がします^^
”やらされていた挨拶”を気付かせる事からです^^
Posted by 背番号29 at 2006年11月28日 16:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。