2006年11月07日

秋季大会準決勝

3連休の最後に準決勝が行われました。


完璧に負けました^^
1点も取ることが出来ませんでした^^


粗い部分があるチームだったので、そこに付け込む事が出来れば勝てない事はない、と思っていたのですが。。。


先行で始まりましたが、うちの打線は相手の速球に手が出ませんでした。
良い当たりはピッチャライナーだけです。


こちらは丁寧に低目を投げて打ち取る作戦でいきましたが、先頭打者にいきなり柵越えHR、続く2番打者には柵直撃のエン2と、長打を連打され3点を取られます。


長打を警戒し後ろに守っていた外野ですが、下位打線にはセンター前、レフト前にライナーを打たれます。


すかさず先発を諦めて、チーム一番の速球を投げる5年生をマウンドに送りますが、3遊間を抜けるヒットやライト前に運ばれ、最後はサード前のバントが1塁悪送球になりコールド負けでした。


良く打たれました。


守備ではいくつかのミスもでましたが、良く動いて守ったと思います。


先頭打者HRを打った相手チームの1番打者をスローボールで三振にしたのが唯一の好プレーだったでしょう。




初めての準決勝で子供達は緊張していたか?
指導者は緊張していか?


試合会場がいつも練習で使っている場所だったので、普通にやれたと思います。


強打者が揃ったチームをどうやって押さえれば良いのか?
指導者は考えないといけません。


まずはこのチームに勝ったチームの指導者に聞いてきます^^


速いボールも打てないとダメですね。
posted by 背番号29 at 13:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我がチームもコールドでした^^;

どうしたらあのチームに勝てるのか?
打線を抑えられるのか?

出てきた答えは【相手よりも打てるようになる】でした^^
Posted by とうさん at 2006年11月07日 16:46
とうさん、ありがとうございます。

速球対策を怠っていたかも知れません。
でも、普通の球も打てないので、いきなり速球の練習をしても仕方ないと思っていました。
コンパクトなスィングを練習しようと思います。
でも、まずはバットにボールをあてる練習からです^^
Posted by 背番号29 at 2006年11月07日 17:33
先日の選抜の練習試合、私は見ていなかったのですが、こちらのピッチャーは目いっぱい投げても山なりに近い遅い球。相手チームのバッターは全くタイミングが合わず、5回まででヒット2本だったそうです。

勝っていたため、じゃあ●●を抑えで送るか・・・と速球派のピッチャーに変えた所、あっと言う間に打たれて逆転されてしまったとか・・・。

強打者揃いだと、最後まで通用するとは思いませんが、最初の様な球を投げるピッチャーが有効って事もあるかも知れません。参考になるでしょうか?
Posted by ハッシー at 2006年11月10日 11:43
ハッシーさん、ありがとうございます。

まさにその作戦でした。
低めの隅っこに丁寧に投げたのですが、真ん中の甘い球をボコスカと打たれてしまいました。
最後の速球派もボコボコだったので、相手の打線が一枚も二枚も上でした。

相手チームとの相性は過去から最悪です^^
Posted by 背番号29 at 2006年11月10日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26937028

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。