2006年11月06日

勝つには勝ったが

土曜日には支部の大会の3回戦が行われました。


うちの遅球投手にタイミングがバッチリ合い、5点を取られましたが、前日の秋季大会と同様にランナーを溜めてヒットをつなぐ事ができ、勝利する事ができました。


ワンチャンスに打線がつながる理想的な試合運びで、結果的に貴重な追加点となりました。


ただ、打撃不調の息子ですが左足を捻ったようです。


この日も四死球が多く、満足なバッティングは出来ていません。


試合の後半ですが、セカンドゴロを2塁手が弾き、際どいタイミング1塁ベースを駆け抜けるときに必要以上に強くベースを踏みました。


セーフにはなりましたが、駆け抜けた後に左足を手で押さえています。


どうやら左足の外側を延ばしたようです。


1塁塁審に自分でタイムをかけ、左足をさすっています。


コールドスプレーを持って駆けつけ大丈夫か確認しましたが、「グキッ!」と捻挫するように捻ったのではないし、本人も「やれる!」と言うので、そのまま試合続行です。


試合終了後までビッコ引くような事はありませんが、ベンチでも左足が気になるようで触っていました。


3塁塁審からも試合終了後に「左足を気にしてるようですよ」と、コメントを頂きました。


明日は秋季大会の準決勝なので、念のため病院に行き、テーピングをしてもらいました。


腫れはない(若干、腫れている?)が、左投げの左足なのでふんばれるかが不安です。


写真はテーピングした足です。
DVC00084.JPG

散らかっている洋服は娘の脱皮跡です^^

posted by 背番号29 at 13:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先ずは勝利!おめでとうございます^^

でも、ケガが心配ですね!平日は無理に体育などはやらないほうがいいですね!

と言っても子供って休み時間に【ドッチボール】とかやっちゃうんですよね^^
Posted by とうさん at 2006年11月06日 17:38
とうさん、ありがとうございます。

本人も大切な時期である事は理解できていますが、セーフになりたい気持ちが悪い結果につながっただけと思います。
怪我との付き合い方も覚えないといけません。
本人が一番ショックを受けているので、「何で怪我なんてするんだ!」と叱らないように注意します^^
Posted by 背番号29 at 2006年11月06日 18:41
6年生たちのラストスパートの時期。
ケガ・故障の子が我がチームにもいますが、無念さが滲みでています。
で、そいつが3塁ランコーしているんですが、下手くそで・・・^^
息子さん、大事に至らなければいいのですが・・・
Posted by さとる at 2006年11月06日 18:41
さとるさん、ありがとうございます。

6年生達は本当に丈夫で大きな怪我も無く今まで来ました。
残り少しですが、最後までグランドに立てるように注意して行きたいと思います。
部屋の中で大人しくなるかと思いましたが、普段と変りません^^
Posted by 背番号29 at 2006年11月07日 08:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。