2006年10月26日

1球を大切に無駄にしない

さて、今度の日曜日に秋季大会の3回戦が行われます。


今まで「打って勝つ!」とか「全力疾走!」とか「キッチリ守る!」とか「全部のボールを打ちに行く!」とかの目標を決めて試合に臨んでいました。


前回は強風の影響もあって、こちらの打ったポップフライが風に流された事もあってなんとか勝てたものの次回は絶対に油断できない。


集中力がポイントとなる事はハッキリしている。


試合前の練習から張り切りすぎると試合への集中力が放電しちゃうのは春季大会で経験済み。


秋季大会前日の土曜日に極小地域リーグ戦の試合があるので、そこで試すこととしたい。



まず、守備はピッチャーが投げるたびにウォーキングジャンプ。
その場で両足を交互に踏み踏みでもOK
→練習で徹底できていないので無理でしょう^^


打者は全部のボールを打ちに行く。
→盗塁サインの時も打っちゃいそうだ^^


ランナーがいる場合は、バントの構えやバスターの真似をして守備陣を揺さぶる。
→ストライクが先行し、打者が不利になる?


走者は大胆なリードで帰塁は手から戻る。
→これは出来そうだ!


ランコーは大きな声で指示を出す。
→これも出来そうだ!


ランナー1,3塁の1塁ランナー盗塁はピッチャーの足が上がったら。
かつ、2アウトの時は油断するな!
→危ない子がいるな。


攻守交替は全力疾走。
→毎回、言わないとダメだな。


投げる時に前に出す足は相手に真直ぐに。
→練習でできてないので無理でしょう^^


フライを打たない。
→どうやって教えたら良いか分らないので無理でしょう。


休まず出てくる。
→これは大丈夫でしょう。


ドンドン不安になってきました^^
posted by 背番号29 at 18:08| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちは、
>休まず出てくる。
これが一番心配です。6年生が全員揃っていたのは何ヶ月前???

>フライを打たない。
これってよく言いますが、フライを打たないとホームランは無いし(ゴロで抜けたのは別で)、フライを打たないというのは難しいことなんじゃないかと思っています。プロだって凡フライを打ちますし・・・
Posted by Fastballer at 2006年10月26日 19:03
→これは出来そうだ!
→これも出来そうだ!
と続いて調子よくなってきたと思ったのにぃぃぃ^^

ウォーキングジャンプと攻守交代時の全力疾走ができているチームは強く見えます。
私は大好きです。
自分が監督になったら絶対やらせますし、できないヤツは試合に出しません^^v

そんな日が来るのかどうかは不明です・・・
Posted by さとる at 2006年10月26日 20:00
Fastballerさん、ありがとうございます。

6年生は全員がほぼ皆勤賞です。
お父さん方も熱心なので助かっています。

フライのレベルが違いまして、こちらはキャッチャーフライが多く、明らかに体が前に突っ込んでいるか、差し込まれているかの状態です。
芯を食ってないのは明らかです^^
Posted by 背番号29 at 2006年10月27日 09:23
さとるさん、ありがとうございます。

もう少しメンタルな部分を書きたかったのですが、ここ最近の練習で注意した事が次々と浮かんできてタイトルと違う内容になっちゃいました^^

守りに入る時にはキャッチボールのボールを毎回捜しています^^

Posted by 背番号29 at 2006年10月27日 09:36
なんか?タイトルとかけ離れちゃいましたね^^

一球を大切にする・・・我が低学年子羊たちは【一休】になっちゃいます^^
Posted by とうさん at 2006年10月27日 12:04
とうさん、ありがとうございます。

そうなんです。
ボールに対する心構えのような内容を書きたかったのですが、2番目の「全部のボールを打ちに行く」を書いたら、この前の試合で盗塁サインが出ていたのに打った子供がいたのを思い出してから挫折が始まりました。
まだまだ言葉が足りない事を痛感しました^^
Posted by 背番号29 at 2006年10月27日 15:14
項目多すぎ!
こんなのいっぺんにはできません。

優先順位をつけて1つずつですね。
私なら全力疾走を1番に持ってきます。
Posted by Skyboys広報 at 2006年10月27日 21:06
私なりの極論を言いますね(苦笑)

>ランナーがいる場合は、バントの構えやバスターの真似をして守備陣を揺さぶる。

私は意味無いと思います。息子達のいたチームがやってました。でも、そのプレーが彼らの将来に通じる部分があるのでしょうか? たしかに今の試合に勝つという効果はあるでしょう。ですが、それよりも好球必打の場面を失うことにもなりかねませんので。

>走者は大胆なリードで帰塁は手から戻る。

これは基本ですので実行するほうがいいと思います。

>ランコーは大きな声で指示を出す。

この練習、ルールも教えておいて、練習するという前提が必要です。

ランナー1,3塁の1塁ランナー盗塁はピッチャーの足が上がったら。
かつ、2アウトの時は油断するな!
→危ない子がいるな。

中略・・・・

>フライを打たない。

どんどん打って、フライもOKです。
フライを打ちたくて打つわけで無いですから、「フライを打つな」は無理です。 それでゴロが出来る子は逆に上で通用しません。なんせ、小学生の箱庭野球でも跳ばせないようになってしまうわけですから。

偉そうに書いて申し訳ありませんが、私はこう思います。
自己犠牲による勝ちに拘る野球・・・これは尊いです。
ですが、それは基本を習熟した後の野球です。基本もできてない子達に、それを強要し、仮にそれが出来たとしても、勝ったとしても(多くの場合)将来の芽をつむことになりかねません。中・高生の球児をみてて小学生野球でそんなに緻密な野球をやって将来に繋がるとは思えないんです。もっとそれ以前に何度も体験しなければならないことが多いと。目先の「勝ち」なんてどうでもいいと思っているのです。  例えばバント、これなんて高校に入ってからでもマスターできます。かのバントの愛工大名電の選手達も中学までは強打者でバント経験がほとんどない子達ですが練習でできるようになってますね。強打を打てる子はそれのマスターも早いわけです。
偉そうにすみません・・・・

Posted by at 2006年10月28日 11:08
私なりの極論を言いますね(苦笑)

>ランナーがいる場合は、バントの構えやバスターの真似をして守備陣を揺さぶる。

私は意味無いと思います。息子達のいたチームがやってました。でも、そのプレーが彼らの将来に通じる部分があるのでしょうか? たしかに今の試合に勝つという効果はあるでしょう。ですが、それよりも好球必打の場面を失うことにもなりかねませんので。

>走者は大胆なリードで帰塁は手から戻る。

これは基本ですので実行するほうがいいと思います。

>ランコーは大きな声で指示を出す。

この練習、ルールも教えておいて、練習するという前提が必要です。

ランナー1,3塁の1塁ランナー盗塁はピッチャーの足が上がったら。
かつ、2アウトの時は油断するな!
→危ない子がいるな。

中略・・・・

>フライを打たない。

どんどん打って、フライもOKです。
フライを打ちたくて打つわけで無いですから、「フライを打つな」は無理です。 それでゴロが出来る子は逆に上で通用しません。なんせ、小学生の箱庭野球でも跳ばせないようになってしまうわけですから。

偉そうに書いて申し訳ありませんが、私はこう思います。
自己犠牲による勝ちに拘る野球・・・これは尊いです。
ですが、それは基本を習熟した後の野球です。基本もできてない子達に、それを強要し、仮にそれが出来たとしても、勝ったとしても(多くの場合)将来の芽をつむことになりかねません。中・高生の球児をみてて小学生野球でそんなに緻密な野球をやって将来に繋がるとは思えないんです。もっとそれ以前に何度も体験しなければならないことが多いと。目先の「勝ち」なんてどうでもいいと思っているのです。  例えばバント、これなんて高校に入ってからでもマスターできます。かのバントの愛工大名電の選手達も中学までは強打者でバント経験がほとんどない子達ですが練習でできるようになってますね。強打を打てる子はそれのマスターも早いわけです。
偉そうにすみません・・・・

Posted by touch at 2006年10月28日 11:08
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

多過ぎましたか^^
大人でも覚えられませんね^^
「一球を大切に」を解説するために書き出しましたが、もっと踏み込んだところを書くつもりでした。
シンプルに「全力疾走」でっすね!
Posted by 背番号29 at 2006年10月29日 08:23
touchさん、ありがとうございます。

息子達が初の上位入賞なるか?
「ベスト4!」が子供達の目標です。
今回は「勝ち」に拘って見るつもりです。
目標達成後は「好球必打」にしたいと思います^^

打撃が不調でバットにはかするのが精一杯です^^
4番打者はフルスィングでボールをかするのでピッチャー前にコマのように回転したボールが転がります。
でも、ほとんどの子はキャッチャーフライかピッチャーフライでランナーが進塁できません^^
Posted by 背番号29 at 2006年10月29日 08:34
あれも試そう、これもやってみよう・・・
あっという間に課題があふれてきちゃいますからね。道は険しです。
Posted by 館長・P助の父 at 2006年10月30日 06:44
館長・P助の父さん、ありがとうございます。

応用編を試すと基本プレーを忘れ、基本プレーを優先すると応用編が忘れられる繰り返しです。
日曜日の練習が終わるとリセットされるので、土曜日は朝からおさらいです^^
Posted by 背番号29 at 2006年10月30日 08:52
かぶった〜〜!
同じような内容のブログを準備しておいたのに・・・
しばらく時間を置いて、みなさんが忘れた頃にアップします^^
Posted by metoo at 2006年10月30日 11:54
metooさん、ありがとうございます。

遠慮なさらずにどうぞ^^
こちらもタイトルとかけ離れた内容だったので再度、挑戦する予定です。
中途半端な下書きがだらけですが^^
Posted by 背番号29 at 2006年10月30日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26206413

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。