2006年09月04日

必死になろうよ!

土曜日の試合は6対8で負けました。


6年生にとっては残りするないトーナメントです。


相手チームは打線がこちらを上回っていました。


追いつくが直ぐに離されます。


最終回に2点を取り追い上げましたが、完璧に負けたと言っても過言ではないでしょう。


相手バッターの打つ打球はもう少しで捕れるところを抜けて行きます。


「もう少し」ってところでヒットになります。




強くなったと感じるチームは打撃も走塁もベンチの作戦も素晴しいと感じますが、守備範囲が広くなったように感じます。


あのゴロを捕っていたら、あのフライを捕っていれば。。。


たられば、かも知れません。


キャッチャーがパスボールをゆっくり追いかけボールデッドに。。。

プロテクター、レガースを付けているのであれが精一杯なのでしょうか?



ベンチは主軸の3,4番の猛打に期待するだけ。。。

3,4番打者でもスクイズありでしょう。



ランナーは溜まるが最後の1本が出ません。

もっと盗塁させてスクイズさせても良かったでしょう。



期待通りに簡単に勝てるなんて事を考えているわけではありませんが、工夫も努力も足りないように思います。


勝利至上チームではなく、該当学年の子供をレギュラーにするチーム方針なので熾烈なレギュラー争いはありません。


でも、残り少ない公式戦を大切に戦ってほしいのは指導者?親?のエゴなんでしょうか?


子供達は残り少ない試合数をどう考えているんでしょうか?

聞いてみても明確な回答は期待できません^^



球際に弱く(練習不足?)、簡単に諦めているようにも感じました。


元気はあります。声もでています。


相手チームは盗塁が1個だけ、バント、スクイズ、エンドランも全くありません。


単純に打ってくるだけですが、打線がつながります。



こちらは盗塁、それもダブルスチール、スクイズありですが、6点取るのが精一杯でした。



打てそうな気はするんですが、これじゃ勝てませんね。



バントを絡めるか、猛打に期待するか、次のトーナメントが来週から始まりますが、試合前に子供達と一緒に考えて見たいと思います。



試合後はもっと必死にボールに食らいつく練習をしたのは言うまでもありません^^

楽しそうに飛んでいました^^
posted by 背番号29 at 15:01| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
負けたゲームでこそ必死な姿を見たい。そんなことを最近考えるようになりました。勝ったゲームでは子供達は輝いて見えるものです。負けた(負けそうな)ゲームで必死になっているのが判るチームになりたいですね。
Posted by 若葉監督 at 2006年09月04日 17:09
若葉監督さん、ありがとうございます。

若葉さんや他ブロガーの皆さんの影響もあって、必死にやろうと遅ればせながら言い始めました。
ミスしても全力で必死にボールに食らいついて欲しいもんです。
全身から声を出す姿を見たら泣くと思います^^
Posted by 背番号29 at 2006年09月04日 17:25
はじめまして、先月より拝読させていたぢております。

私のところでも週末、下のURLのようなことがありました。当チームは選手が13人なので競争意識も薄く、ミスやヘマをしても「なんだかんだいたって、オレは試合に出られるから」みたいな意識がどこかにあるのではないかなと思う時が多々あります。また控えの子も「レギュラーの座を奪い取ってやる」という意識もなく、試合出場のチャンスにも受動的です。

今自分たちができるベストを全員でして、それで試合に負けたらしかたなしです。でも、それをする前に自分たちで試合に負けるようなことをしているのは、やはりダメですよね。

http://ameblo.jp/cdragons43/day-20060902.html
Posted by Let's Enjoy Baseball at 2006年09月04日 17:32
Let's Enjoy Baseballさん、始めまして、ありがとうございます。

熾烈なライバル争いを期待しているわけではないのですが、試合に出れる喜びや、ベンチ選手の分も頑張る気持ちはもっと有って良いと思います。
春先にはどんぐりの背比べだった当市の勢力分布は秀でた4〜8チームの独壇場にありつつあります。
今のままでは追いつくどころか離される一方なので、残り4ヶ月を精一杯やって欲しいです。
試合に負けてヘラヘラしている状態にした指導者も反省です。
来週は鳥肌が立つような試合をしてもらう予定です^^
Posted by 背番号29 at 2006年09月04日 18:22
文書のタッチはやわらかいが、相当お怒りとみました。いかがでしょうか?
「誰のための野球をしているの?」
自分のため、仲間のため、チームのため。
こんな答えが即返ってきて欲しいですね。

先日、我がチームのヘッポコ6年生に聞きました。
答えは「・・・よくわかんない。」でした^^
Posted by さとる at 2006年09月04日 19:11
うちも残すところ2大会ですが 負けぐせと言うか 6年生2人5年生1人だから負けても仕方ない空気を感じて 昨日 灸が据えられました。詳しくは私のエントリーで
毎年 この時期 6年生に気の乱れを感じます。一番伸びる時期なのに 欲がないのか 後数試合しかないことに危機感さえなし。
父母にも子供にも説明不足なのかも知れず 事務局広報担当のジャビ子の旦那もまた1コーチととして子供にも認知がたりないと反省しています。

みな終わってから言うのです。6年生秋はあっと言う間だったよ、寂しいねと。

Posted by ジャビ子 at 2006年09月04日 23:27
小学生の内は大会がいっぱいあって、負けてもすぐに次の大会がやってくるという状態ですから、一つの試合に掛ける気持ちが希薄になるのかも知れませんね。

でももう秋ですからね。勝ち進まない限りおそらく指で数えられるほどしか試合数は残っていないんじゃないですか。
今度その数を伝えてやってはどうでしょう。
「このチームメイトと一緒に野球が出来るのはあと◎試合しかないんだよ」と言ってやれば考える選手も出てくるんじゃないですかね。

中学になったら軟式でも硬式でも大会数はグッと減りますからね。今の試合を悔いなく戦って卒業して欲しいと思いますね。
Posted by かに at 2006年09月05日 02:37
元気があって声も出ている。
反省練習も前向きに楽しそうに跳んでいる。
だったら、心配することはないような気がします。

あとは『この一球』に掛ける気持ちです。

 この一球
この一球は絶対無二の一球なり。
されば心身を挙げて一打すべし。
この一球一打に技を磨き、体力を鍛え、精神力を養うべきものなり。
この一打に今の自己を発揮すべし。
これを庭球する心と言う。

元デ杯選手 故福田雅之助氏の言葉です。
Posted by Skyboys広報 at 2006年09月05日 08:07
受け売りですが・・・先日読んだ雑誌に
「タラレバでいいんです。」がありました。

あれが取れていたら、あそこでカバーをしていたら、あそこでバントが成功したら、相手がエラーしたときにちゃんと見ていて盗塁していたら、などなど

試合後に選手に意見をあげさせて、じゃぁ〜それを直す為にどうするか?を話し合うようです^^中学生向けだったので小学生には?かもしれませんが、今度我がチームでも試してみたいと思います。
Posted by とうさん at 2006年09月05日 09:59
さとるさん、ありがとうございます。

「もっと出来るでしょ!」が正直な気持ちです。
強豪チームにあっさりと負けて力の違いを見せ付けられて課題も明確になってきているので、後は子供達のやる気を如何に出させるかがポイントです。
優勝とかよりも目の前の1勝にこだわって見たいと思います。

あまり本音はここでは書けません^^
Posted by 背番号29 at 2006年09月05日 11:45
ジャビ子さん、始めまして、ありがとうございます。

6年生は残り試合をどう考えているのか聞いて見ます。
意見を持っていれば良い方だと思います。
もっと勝負にこだわる事も必要だと思いますね。

勝ってみんなで笑おう!

その前に負けて悔し泣きするところまで持っていく必要があります^^
Posted by 背番号29 at 2006年09月05日 11:49
かにさん、ありがとうございます。

そうなんです。
次から次へ試合が目白押しで、全体像が見えてないと思います。
子供達で考えさせる時間が不足していたかも知れません。
残り試合をどのように戦うかを話し合ってみます。
ついでにポジションもどう考えているか聞いて見ます。
Posted by 背番号29 at 2006年09月05日 11:54
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

もう1歩のところを気持ちで捕りに行って欲しいです。

>あとは『この一球』に掛ける気持ちです。

その通りです。
執念、執着心が不足しています。

打席でボールはただ見逃すだけ。
守備位置では固まったまま動いていない。

「絶対に捕ってやる!」
「絶対に打ってやる!」

抜けそうな当りを跳んで捕球しチェンジにして、全力でベンチに戻ってくるようになればしめたもんです。
もう少しだと信じています。
Posted by 背番号29 at 2006年09月05日 12:08
とうさん、ありがとうございます。

試合後の反省会は短く簡潔にしています。
長いと余所見はするし、隣の子とじゃれあったりと集中力が持ちません。

あっ、この集中力の無さが問題ですね^^

試合に集中するようにデカイ人参をぶら下げるのも良いかも知れません。
Posted by 背番号29 at 2006年09月05日 12:16
うちのチームと似てますね。
必死にボールを追いかけない、必死に次の塁を狙わない、必死にボールを打とうとしない・・・
今の子には精神的な指導が必要ですが、これが一番やっかいで難しいと実感しています。
小学校で家庭で競争の無い世が影響?
Posted by Fastballer at 2006年09月05日 12:47
先日の試合を事情があって遅れて見に行きました。
「必死になってる」のは大人だけに見えてしまいました。これも違うんですよね。あくまでも子供達の能力を「必死」まで引き上げてあげるのが大人の役割で、大人が必死になりすぎて、あわててしまうのも要注意だと思いました。
*グランド挨拶を忘れる。
*予備キャッチャーセットを忘れる。
*メンバー発表を試合が始る直前。
*ノックも試合も元気がいいのは大人だけ。
必死になる=熱く燃え上がる(子供中心にね!)ですね^^
Posted by metoo at 2006年09月05日 13:35
Fastballerさん、ありがとうございます。

当地域で常勝するチームとの違いがこの必死さだと思いました。
必死というより全力で楽しんでいるんですよ。
ベンチも「ナイスプレー」の掛け声で楽しんでいるんですよ。
それに引き換え、こちらは怠慢プレーを注意している。
こんなんじゃ試合に勝てるわけありませんね^^
まずは守備位置へは全力で走っていく事を徹底させたいと思います^^
何故かやらない子供がいます^^
Posted by 背番号29 at 2006年09月05日 13:52
metooさん、ありがとうございます。

あれっ、見に来ました?
子供達に必死になってもらう指導が遅かったと今になって反省しています。
攻撃前に「追加点取るぞ!」とか「逆転するぞ!」とかは大人に言わされているセレモニーと化しているかも知れません。
子供中心に意識改革させて見ようと思います。
まずは、声の出ない場所にはノックを打たない事から始めます!
Posted by 背番号29 at 2006年09月05日 14:38
お久しぶりです。
パソコン音痴なもので背番号29さんのトップページはずーっと「先攻か後攻か」のままお気に入り登録。本日やっとトップページの出し方が分かりました(恥)

今日のお題にはもう、ただただ頷くだけ。お気持ちとっても良く分かります。試合展開も先日負けたウチの試合と似てるな〜と。違うのは声を出しているのはウチはキャプテン・副キャプテンだけと言う事とその後の練習でも必死にボールに食らいつく姿はみられなかったって事かな。

こんな状態だから負けてもへらへら笑っていられるのですよ。悔しくないのかな。それでも「勝ちたいか?」と聞くと「ハイ!」と答える。君達どんな人種?といい加減聞きたくなってしまいます。親の私でも嫌だと思うのだから、指導者はもっと辛いのでしょうね。





Posted by ハッシー at 2006年09月06日 11:52
ハッシーさん、ありがとうございます。

元気はあるし、声も出てるけど、大人から言わされているような気もするし。。。
自分達で楽しんでやれてないのか、ただ結果がでないだけなのか。。。

もっと子供達の意識を高める指導ができるはずであると考えていますが、その方法が見つかりません。

まずは、子供達を笑顔にする言葉を多くかけて行こうと思います。

良いプレーを思いっきり褒める事から始めます^^
Posted by 背番号29 at 2006年09月06日 14:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。