2006年08月28日

どうしたんだろう

昨日の日曜日の試合です。


後半戦が始まり、地域リーグ戦を2戦2勝し、その勢いで。。。


と、チョット期待しましたが。


残念ですが0点で完封されちゃいました。


春季大会ベスト4、県大会も3回戦まで勝ち上がったチームですが、春先の練習試合ではこちらが完封勝利でした。


差が付いているのか、付いているとしたらどの程度の差なのか。


指導者も楽しみにしていた試合でした。


打てない球速ではないし、四死球もありランナーは出るが、ヒット1本が出ませんでした。


打てないのは仕方ないとしても走塁で問題発生。。。



【その1】
ランナー2塁でバッターの打ったボールはショートゴロ。
2塁ランナーは慌てないで、ショートがファーストに投げてから3塁に行けば良いのに。
打った瞬間に3塁に走り出し、ショートからサードにボールが渡ると、3塁の直前で緊急停止。
確かに「簡単にアウトになるな」と指導していますが、3塁までは2,3歩のところです。
逃げ回りましたがタッチされてアウト。

ランダウンプレーが始まったので打者走者は1塁をオーバランし、2塁を狙いますが、あっさりと終わったランダウンプレーからファーストにボールが戻り、今度は1−2塁間で始まり、こちらもアウト


【その2】
ランナー1,3塁の場面
打者への初球に1塁ランナーに盗塁サインを出したのが失敗?
投手(右投げ)の3塁偽投に何を血迷ったか、1塁ランナーが走り始めました^^



得点する事ができずにいたので、次の塁を狙う積極的な気持ちからでしょうが、落着くことも大切です^^


守備、投手は互角と言っても問題ないでしょう。
四死球はこちらの方が少なかったと思います。


打撃は明らかに相手チームの方が振れていました。


外野にライナーが飛んでいきます。



また、ボールの見逃し方が違うように感じました。

こちらは単純に見逃しているだけ。


相手は打つタイミングを計りながらというか、打つポイントを確認しながら見逃しているような感じです。

1球も無駄にしないって感じですね。



午後からは5年生以下の試合ですが、明日に続きます。
posted by 背番号29 at 15:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
走塁ミスは痛いですが、最も難しいのは走塁の判断なのではないか・・・と最近感じています。
こればっかりはなかなか教えるのが難しいですから・・・

単純な見逃し。
我がチーム、「待て」のサインだと軸足への体重移動もなく、ただ単に待つ高学年が多数。
相手に「待て」のサインが出たことがバレバレです^^
タイミングとってみたり・・・「待て」でもすることがあると思うんですけどね・・・
Posted by さとる at 2006年08月28日 16:36
さとるさん、ありがとうございます。

そうなんです、そこですよね。
1球も無駄にしない工夫が必要ですよね。
制球が定まらない投手に対してバントの構えをするより、打つタイミングをとる方がはるかに大切でしょう。
タイミングもとらず、カウント2−3になり、最後のストライクを空振り三振するのがうちのチームで、相手はタイミングをとり最後はヒットにする違いを感じました。
単なる偶然で勝っていた事が判明しました^^
Posted by 背番号29 at 2006年08月28日 17:11
意識的にやるチームがありました

>ランナー2塁でバッターの打ったボールはショートゴロ。
>2塁ランナーは慌てないで、ショートがファーストに投げてから3塁に行けば良いのに。

ではなくて、内野ゴロはゴーだそうです。
1.エラーすれば、ビックプレー
2.内野手が捕球したら、挟まれて1塁はセーフ→すぐに盗塁、でもとの状況と一緒
だそうです。

Posted by とうさん at 2006年08月29日 12:35
とうさん、ありがとうございます。

大量点を取られた後にやられた事があります^^
相手ベンチからは「ゴロはGO!」
悔しいけど1つずつアウトを取る事しか出来ませんでした^^
Posted by 背番号29 at 2006年08月29日 13:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。