2006年07月27日

3塁ランナーの走塁&ファーストに注目

夏季大会の役員当番で春季大会上位だったチームの試合を見ました。


とにかく守備はエラーがありません。


新球特有の高いバウンドのゴロも上手く捕っています。


前進してショーバンで捕れないゴロも、ボールが上がってくる途中で捕っています。


内野ゴロが外野に抜けません。


攻撃では、積極的に盗塁はしませんが、送りバントでランナーを進めます。


印象に残っているのが、ノーアウト、ランナー3塁の場面で、バッタがサードゴロを打った場面です。


サードは前進してゴロを捕り、ランナーを見て、ファーストに投げましたが、ランナーはホーム突入のふりをするだけです。


うちのチームではサードがファーストに投げた瞬間に3塁ランナーはGOなのですが、それをしません。


試合終了後に理由を聞いたのですが、6年生もこの時期になれば、肩も強くなり、ホームで簡単にアウトになる(できる)ので止めているそうです。


ホーム突入か止めるかを使い分けるためにファースト君の送球を見極めて、この試合は止める判断をベンチがしていたのです。


相手の守備力により作戦を変更する事に子供達が対応できているのにもビックリしました。


ホームでの憤死が多く、ファーストからホームへの送球遅れと悪送球で失点するうちのチームと大違いです。


雨のため過密スケジュールになった試合消化で試してみたいと思います。


「GO or STOP」


週末の試合は相手チームのファーストに注目して見ます。


そろそろホームスチールのサインも考えようとしています^^
準備だけですが^^
posted by 背番号29 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21482489

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。