2006年07月10日

やっぱり打てませんでした

やっぱり打てませんでした。


昨日の夏季大会の2回戦、残念ですが負けました。


声も良く出ていましたし、良く守りましたが、打てないことには点が入りません。


7回、きっちりとやり、両チーム合わせて四死球は1つだけ、と非常にしまった内容でした。
(ちなみに死球の1つは相手ピッチャーです)


試合前のミーティングで「様子を見ながら」作戦か「初球からイケイケ」作戦で行くかを子供達と話し合いました。


やはり、と言うか当然と言うか、2ストライク取られることは嫌だと言うのが分かりました。
緊張とは無縁と思った子供も2ストライクは嫌だそうです。


少年野球コーチさんのアドバイスもあり、初球からでも良いよ、との監督から話で子供達は初球から打ちに行く作戦を選択しました。


試合が始まり、相手投手は速球、やや速球、ゆるゆるのボールと3種類のスピードを使い分けて来ます。


でも、こちらもゆるゆるボール対策は練習済みです。
打てはしませんが、なんとかバットにあてカットします。(偶然?)


正確には打てないのではなく、芯を食ったボールは相手守備範囲内しか行きません。

芯を食っているので打球が速く、相手守備がポロリとしても1塁の送球が間に合いアウトになります。

ベンチに戻ってきた選手にコーチ達は「ナイスバッティング!」と声をかけますが、ヒットになりません。

良い当たりが連発するのですがヒットになりません。


なんともストレスが溜まる試合でした。



それで、結局、守備のミスが出たこちらの失点で負けました。


12塁間を鋭く抜けたライト前に転がるゴロをライトがトンネルし、それが決勝点のHRになりました。


ライトゴロを焦ったのでしょう。


結果は1対2で、6年生の夏は終わりました。



「不運」の一言で終わらせるのは簡単ですが、このままでは試合に勝てません。

勝つ事を優先するチームではありませんが、子供も指導者も応援団も勝ちたい気持ちは当然あり、そのための練習をしています。

ボテボテのゴロが鋭いゴロになった。
ポテンヒットだったのが外野フライになった。

と、考えて良いのか、他チームの守備範囲が広がったのか?

いずれにせよ、この状態ではこれからの試合を自力で勝つために、何か工夫する必要があります。



ちょっと気分転換でもして嫌な雰囲気をリセットします。

逆周り野球でもやって子供達と一緒に遊んでみます。

バッタを探すのも良いかも知れませんね^^
posted by 背番号29 at 15:22| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念でした。
ゆるい球を打つのは、速い球を打つよりも難しいんですよね。遅い球ほど「センター返し」じゃなきゃ、引っ張っちゃダメなんですけど、「初球からドンドン行け!」で気負いすぎましたか?そうだとしたらゴメンナサイ。
Posted by 少年野球コーチ at 2006年07月10日 18:31
我がチームの6年生たちの夏は6月下旬に既に・・・^^;
我がチームの場合、「技術」以前の問題のような気がしています。
萎縮しているように見える子供たち。
何となく"子供が主役"のスローガンが色褪せている気がしています。
Posted by さとる at 2006年07月10日 18:42
残念でしたね。

ここは、思い切って気分転換をしっかりお願いします。
プール、アスレチック、スクワット?きっちり体力向上に繋がります^^
Posted by とうさん at 2006年07月10日 19:24
少年野球コーチさん、ありがとうございます。

打ち損じのポップフライもありましたが、芯を食った当りは何故か相手守備の正面でした。
勝とうとする強い思いが不足しているように思います。
負けても泣いている子供はいませんでした。
良い当たりは多かったので負けた気がしませんでした^^
Posted by 背番号29 at 2006年07月11日 07:25
残念でした。
ちょっと厳しいですが、ことごとく守備範囲にボールが飛ぶということは、まだまだ、スイングが良くないということだそうです。
また、6年生になると内野をゴロで抜くことは難しいです。
バント、走塁でヒットゾーンを広げることを考えてはいかがでしょう。
Posted by Skyboys広報 at 2006年07月11日 07:30
さとるさん、ありがとうございます。

思い切った全力プレーは出来ていたと思うのですが(思いたい?)、大切な場面でエラーが出ました。
緊張する子供をリラックスさせる工夫が足りなかったと反省してます。
でも、2回戦程度で緊張していたら、上位に行った時は過呼吸になっちゃいますね^^
Posted by 背番号29 at 2006年07月11日 07:37
とうさんさん、ありがとうございます。

本格的な夏を乗り切るために楽しみながら走れる練習を考えてみます。
辛いと思ったら大きな声を出して、もう一頑張りできる自信を付けてもらいたいです。
大人が倒れないように注意する必要がありますね^^
Posted by 背番号29 at 2006年07月11日 07:43
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

正面に飛び出したので成長していると考えます^^
このまま素振りを続けていけば、内野を抜ける打球になると思います。
セカンドの頭上を抜けそうだったライナーを捕球された時は、応援席から溜め息が出ました。
あれが抜ければ間違いなくHRでした^^

Posted by 背番号29 at 2006年07月11日 07:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

9回、ツゥーアウト、満塁、一打逆転、千載一遇の…
Excerpt: チャンス と強気でいくか?それとも怖気づくか?  ここぞの一発、なんでかんで打ちたければ…     球の速度を見極め、   球速と球筋に合わせてスイング始動、  完璧に捉えてジャストミートさせる..
Weblog:         打撃連勝、球速タイム
Tracked: 2006-07-10 16:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。