2006年07月03日

やっぱり打てない

夏季大会一回戦


やっぱり打てませんでした。

相手エラーでなんとか勝てたものの、二回戦以降の相手は守備は堅いし、打てないことには得点を挙げることが出来ません。

このままでは、とても上位まで勝ち進むことが出来ません。

サインはいつも「打て」です。

でも、絶好球を見逃し、低目や高目を打ちにます。

打つポイントが分ってないのかも知れません。

トスの時もベースを置き、内角、真中、外角の位置に目印のボールを置いて、素振りの時は低目、高目を
意識した素振りをして、練習はできていると思いたいのですが、何かが足らないようです。


試合後もトス、フリーの練習をしましたが、外野を超える打球は数えるほど。。。


ボールを見てないのか、バットの芯に当たらないのか、スィングが遅いのか。。。

空振り三振しても「ナイス、スィング!」で怒鳴ることもないので、萎縮しているとは思えないし。

打てないことで自宅で泣く子もいて、その子はキチンと日々の素振りもやっているのに。

もっと気持ち良く打って打って打ちまくってくれればと、バッティングの練習を増やしているのに、期待通りにはいきません。


勝ちに行くために打撃不振者(ほとんど?)はバントでもさせようかと思うほど。
(バントの方がさらに怪しい^^)

次回の相手はキャッチャーの肩も良さそうで、盗塁も簡単にはさせてもらえない。

打たないことには点は入りません。

そのチームと対戦した事のあるチームの人に聞いたら「打ち頃の球を投げると」とのこと。

たぶん、その人は速くもなく遅くもなく、小学生高学年の普通の速度って事を伝えたっかたのでしょう。

コントロールが良ければ的球も絞りやすいし、もしかして、と期待するしかないのですが、その期待に答えてくれたのは数回程度。

期待はできません。



ベンチスタートの仲間の分も、元気で全力プレーをしてもらいたいものです。

元気だけは負けないチームになれれば良い所までいける力はあると思いたいのですが自惚れでしょうか?

負けて涙を流すくらい思いっきりやってくれるように持っていくしかないですね。

県大会に出場できる最後のトーナメントです。


少年野球コーチさんの「球のみきわめ(2)」を参考にさせて頂き、根本的な改革が必要なのでしょう。
「来た球は全部打ちにいき、打つか見逃すかの判断は脳に任せる」 ← これでいきます!




他のチームは打力がアップしているようで柵越えが出ていたようです。

こちらはファールも含めて柵越えはありません^^
posted by 背番号29 at 16:40| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
華のブログ読んでくれると嬉しいです。
Posted by hana at 2006年07月03日 16:53
この道何十年のプロチームだって、全くヒットが出ないで完封負けすることなんかザラですからね。まだまだ野球道の入り口にやっと立ったような学童選手に、打てない日があってもおかしくないです。
私はそんな気持ちで子供たちを見ていますから、たまたま打撃好調な試合が楽しくて楽しくて...
Posted by 館長・P助の父 at 2006年07月03日 17:45
そんな指導者の思いで、バッティングの練習が多いと、子供たちも楽しく練習しているんじゃないですか?
大丈夫大丈夫!!それだけ振っていれば、打線爆発は近いですよ^^もっともっとフルスイングで頑張ってください。
Posted by とうさん at 2006年07月03日 17:57
館長・P助の父さん、ありがとうございます。

そう思いたいのですが、猛打爆発のチームも居るでしょう。
それもずーと猛打ですよ。
そこのイケイケ感が羨ましくてたまらないです。
たまに打ってくれるから余計に実力はあるのにって思っちゃいます。
Posted by 背番号29 at 2006年07月03日 18:06
とうさんさん、ありがとうございます。

そう思いたいです^^
でも、そう思い続けて半年がたちました。
春季大会に間に合わず、夏季大会にも間に合わず、卒団式の親子大会にでも照準を合していると思いたくなります。
まぁ、中学高校で活躍してくれれば、と思う事にします^^
Posted by 背番号29 at 2006年07月03日 18:11
またもやうちのチームの事が書いてあるのかと目を疑ってしまいました。

うちも昨日、何とか1勝出来ましたが、課題は山積みです。

うちでは打てない子にはとにかく「タイミング」の取り方の色々を教えます。

シンクロ法で、123で、12のー3で、ドン!ガバ!チョ-!で、足を上げる、上げない、オープンスタンスからスクエアスタンスに、急所ブラブラで、ぞーさん、ぞーさん、ぞーさんで…、とにかくその子にピッタリくるタイミングの取り方が見つかるまで色々試します。

打つポイントに「勝手に」バットが合う。それがタイミングだと思っています。(あくまでも小学生の場合です。除くチェンジアップ)

しかし現実は、中々うまくいきませんね^^


Posted by ドンマイ at 2006年07月03日 18:38
Posted by o尾 at 2006年07月03日 21:38
僕は、いつも打てません。でも見逃しをしない
ように、ホームベースの後ろに立っています。
Posted by o尾 at 2006年07月03日 21:51
ドンマイさん、ありがとうございます。

野球教室でもタイミングは教えられない、と元プロの選手が言っていました。
打つ練習はしていますが、ただ言われるがままに打っているのような気も。。。
気持ちの入れ替えが必要なのかも知れません。
Posted by 背番号29 at 2006年07月04日 12:41
o尾さん、ありがとうございます。

バッタボックスのキャッチャー寄りですね。
とんでもなく速いボールを投げる投手の場合、後ろに立つことがありますが、ボールを良く見るためですね。
今度、やってみます。
Posted by 背番号29 at 2006年07月04日 12:44
ひとつだけアドバイスです。

「打てない」って悩むこと、これが悪循環の元かもしれません。
高め、低め、ボール、ストライク・・・関係ないです。振り遅れ、アッパースイング・・・気にしない。打てると思ったら、ワンバウンドでもいいからとにかく「初球」から打ちにいきましょう!
球を見きわめちゃダメです。
Posted by 少年野球コーチ at 2006年07月04日 13:59
少年野球コーチさん、ありがとうございます。

アドバイスありがとうございます。
初球から打ちに行く積極性がなくなっていたのかも知れません。
これってもしかして上達してスランプってことでしょうか^^
Posted by 背番号29 at 2006年07月04日 15:25
宮本武蔵も五輪書の中で
『千日の稽古を以って鍛とし、万日の稽古を以って練とす』と説いています。
鍛えるだけで3年です。
急がず、休まずやっていきましょう。
Posted by Skyboys広報 at 2006年07月07日 23:23
Skyboys広報さん、ありがとうございます。

焦る必要はないって事ですね。
アドバイスありがとうございます。
ここで練習方法を変えたり、指導者が右往左往しな事が肝心ですね。
気長にやってみます。
Posted by 背番号29 at 2006年07月10日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。