2008年02月25日

キャッチボール

キャッチボールは大切ですね。


普段の練習の時の気の抜けたアップとしか思えないようなキャッチボールでは何の意味もありません。

自分達で試合中エラーをしているんだから、練習で工夫すれば良いのですが。


繰り返し言っているのですが、子供達の胸を打つ言葉をかけられてないんでしょうね。


●捕球時
・正面に動いて両手で大切に捕る
・1塁手のイメージ
・2塁手のタッグをイメージ
・逆シングル
・捕ったら直ぐに投げる態勢
・ふんばり、切替し、カットプレーを意識した捕球

●送球時
・キッチリ正確に相手の胸めがけて投げる
・ワインドアップ、セット
・速く強く投げる
・前だけでなく横、後ろに投げるイメージ
・捕りやすいワンバン
・ランナールック
・ランダウンプレーをイメージし、走者の後ろから少しズレて投げる



試合中にはもっと沢山のケースがあると思いますが、自分達で少しずつキャッチボールのバリエーションを増やせば良いのに。


そろそろ次のレベルに行こうよ!
posted by 背番号29 at 13:56| Comment(43) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。