2007年10月18日

試合開始!

シニアの試合を見学(チラ見程度)する機会がありました。


球審の「礼!(だと思う)」を合図に守備側は各ポジションに散っていきます。


各塁審も持ち場に散っていきますが、1塁塁審は1塁を通り過ぎて、ライトファールライン際を外野フェンスまで走り、フェンス際をセンター方向へ。

2塁塁審は2塁からセンター方面に向かい、外野フェンスにぶつかるとライト方向へ。


3塁塁審は3塁からレフトファールライン際を外野フェンスにぶつかるまで走り、センター方向へ。


走る距離が長いのは2塁塁審?3塁塁審?なんて、どうでも良い事が気になりましたが。。。


1塁塁審と2塁塁審は10m位まで接近すると、「問題なし」を指差し確認するかのように示し、各ポジションに戻っていきます。


少年野球で塁審をすることが多くありますが、ベース位置を直すか、石ころが落ちてないか確認する程度の事しか行いません。


今度、やってみましょうか?
posted by 背番号29 at 13:13| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。