2007年10月10日

カットマンの捕球位置

外野手の捕球
 @ボールの後ろから捕球体勢に入り、前に出てくる勢いで送球する。
 A後ろに抜けたボールを追いかけて、やっとの思いで捕球してから送球する
 B左右に追いかけ地面に落ちるギリギリのところで捕球。

まぁ、この3種類とします。


カットマンの捕球位置
 @通常の位置
 A外野手に近寄る
とします。


外野手がボールの後ろから捕球体勢に入り、前に出てくる勢いで送球する場合と、後ろに抜けたボールを追いかけて、やっとの思いで捕球してから送球する場合とで、あきらかに投げるボールの勢いが違うので、カットマンの捕球位置も変えて欲しいのですが、いつも同じ距離でカットマンはボールを待ちます。


その結果、外野手はカットマンまで距離があるので山なりのボールを投げ、ワンバンでカットマンの頭を超えて内野をボールが転々とし、ランナーは悠々ホームまで到達、なんてのを何度も見ています。


外野手は固定(最近は固定)できてないので個人差もあるし、グランドの広さにも影響するので簡単には覚えられないと思うのですが。。。


相変わらずカットマンは動きませんね。

構えたところにボールは来ないって事が理解できていません。

普段のキャッチボールの意識が低いんでしょうね。

で(送球が悪いのに)捕球エラーがする事も改善されず。


早く「カット!」、「スルー!」の練習をしたいのに。



まずは真直ぐに並んでくれれば良い事にしましょうか^^
posted by 背番号29 at 18:08| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。