2007年10月30日

定位置に戻る事が優先される送球体勢

定位置に戻るのを急ぐ、順番待ちの列に早く行こうとする子っていませんか?


もう少し補足しますね。



縦ノック、シートノックでゴロを捕球し、キャッチャー、あるいはファーストへ送球する練習に多く見られるのですが、送球すると同時に順番待ちの列に素早く戻るため自分の投げたボールがどうなったか見ません。

捕ったら投げるだけです。

捕りにくいボール、暴投になろうがお構いなしです。


また、送球する時には投げる方向へ最小限のステップで送球し、投げ終わる際には重心は順番待ちの列、あるいは定位置がある後ろにあります。


送球するより順番待ちの列に戻る意識が強いのでは、と思うくらいです。


そのため送球する際は急ブレーキがかかったようになり、重心は後ろ足に残ります。

これではアウト取るための鋭い送球は出来ません。

長嶋名誉監督さんのように投げ終わった後も、勢いを止めることなく走って欲しいのですが。



ノックのやり方が悪いか急がせる指導者が良くないんでしょうね。


順番待ちの時間を少なくしたいだけなんですが、忙しいノックの弊害ですね。

順番待ちが長くなると集中力がなくなり遊びだし余所見をする子供達なので仕方ないとは思っています。


ウチのチームだけかも知れません。


塁間ボール回しも投げるたびにチョットずつ前進し、1つ先の塁に到達すると逆周りにするとかで、元の位置に戻るまでやるのも良いかも知れません。

センターの一番深い位置からノックを受けて、徐々に前進し、マウンドまで来たら終わるのも良いかも知れません。



とにかく投げる際にブレーキをかけるのは止めて頂きたいです^^
posted by 背番号29 at 15:47| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

ニコニコの笑顔

子供達ではありません。


連盟支部の事務局をされている、あるチームの総監督さんです。


何時でもニコニコの笑顔です。


ある時は石灰の袋を肩に担いで支部主催の試合が行われるグランドに登場したり。


開会式、閉会式では終了後に開始される紅白戦の準備をしたり。


支部の打合せでもニコニコで議事進行を行い。


怪しい天気で開会式有無の連絡メールも絵文字があり。


試合中も笑顔で叱咤激励です。


見習いたい方です。
posted by 背番号29 at 15:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

試合開始!

シニアの試合を見学(チラ見程度)する機会がありました。


球審の「礼!(だと思う)」を合図に守備側は各ポジションに散っていきます。


各塁審も持ち場に散っていきますが、1塁塁審は1塁を通り過ぎて、ライトファールライン際を外野フェンスまで走り、フェンス際をセンター方向へ。

2塁塁審は2塁からセンター方面に向かい、外野フェンスにぶつかるとライト方向へ。


3塁塁審は3塁からレフトファールライン際を外野フェンスにぶつかるまで走り、センター方向へ。


走る距離が長いのは2塁塁審?3塁塁審?なんて、どうでも良い事が気になりましたが。。。


1塁塁審と2塁塁審は10m位まで接近すると、「問題なし」を指差し確認するかのように示し、各ポジションに戻っていきます。


少年野球で塁審をすることが多くありますが、ベース位置を直すか、石ころが落ちてないか確認する程度の事しか行いません。


今度、やってみましょうか?
posted by 背番号29 at 13:13| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

カットマンの捕球位置

外野手の捕球
 @ボールの後ろから捕球体勢に入り、前に出てくる勢いで送球する。
 A後ろに抜けたボールを追いかけて、やっとの思いで捕球してから送球する
 B左右に追いかけ地面に落ちるギリギリのところで捕球。

まぁ、この3種類とします。


カットマンの捕球位置
 @通常の位置
 A外野手に近寄る
とします。


外野手がボールの後ろから捕球体勢に入り、前に出てくる勢いで送球する場合と、後ろに抜けたボールを追いかけて、やっとの思いで捕球してから送球する場合とで、あきらかに投げるボールの勢いが違うので、カットマンの捕球位置も変えて欲しいのですが、いつも同じ距離でカットマンはボールを待ちます。


その結果、外野手はカットマンまで距離があるので山なりのボールを投げ、ワンバンでカットマンの頭を超えて内野をボールが転々とし、ランナーは悠々ホームまで到達、なんてのを何度も見ています。


外野手は固定(最近は固定)できてないので個人差もあるし、グランドの広さにも影響するので簡単には覚えられないと思うのですが。。。


相変わらずカットマンは動きませんね。

構えたところにボールは来ないって事が理解できていません。

普段のキャッチボールの意識が低いんでしょうね。

で(送球が悪いのに)捕球エラーがする事も改善されず。


早く「カット!」、「スルー!」の練習をしたいのに。



まずは真直ぐに並んでくれれば良い事にしましょうか^^
posted by 背番号29 at 18:08| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

バレバレのサイン

これはやり難いですね。


こちらのサインを見破っていても声で指示するのではなく、ジェスチャーで子供達に伝える。
具体的なジェスチャーは書きませんが、ごく自然なポーズです。


と、言っても盗塁のサインがばれただけなんですが。。。
と思っています^^


昨年の事ですが、バッテリーにウエストされセカンドで刺されました。

ベンチ、ランナーともに始めての事だったので慌てた事を覚えています。


守備にも攻撃の責める要素を取り入れている毎年上位に入る強豪チームです。


で、今度対戦する事が決まっているので、サインのバリエーションを増やし、ウエストの練習をしましたが、ことごとくキャッチャーが捕れませんでした^^


ウエストしたからセカンドに矢のような送球が出来るわけではないので良いのですが。


「ウエストできますよ」って見せるだけなんです^^

攻撃も早めにバントをして「バントも練習してますよ」って見せるだけなんです^^



相手がこちらのようにブンブン丸だったら関係ないんですが、多彩なバリエーションで攻撃してくるチームなので、こちらも今出来る事で対応しなしと。。。


ベンチ指導者全員でサインを出すような事もやってみようかな。


試合終了後に「何やってたの(笑)」って笑われるだけかもしれませんが^^
posted by 背番号29 at 14:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。