2007年09月12日

重いバット

子供達のバットって運んだりする時に触る事はありますが、身体にあっているか、という観点で触った事はありません。


「合ってない」判断をしたところで、買ってもらった大切なバットですから「使うな」なんて言えません。

「合ってない」判断なんてできませんが^^


せいぜい、チームのバット(グリップが擦り切れている)を使うか、友達のを借りるか、短く持つようにアドバイスするか、ブンブン振り回せって言う程度です。



身体に合わせた道具を準備できれば良いのですが、買った道具を大切に使い続けるしかできませんね。



先日、Aチームの試合に合流した子のバットが重い、とAチームのコーチから聞きました。


次の日にその子に確認すると「重い」と感じていたとのこと。


たぶん、お兄ちゃんのお下がりだと思われます。


「身体にあった軽いのを買ってもらったら」なんて事を軽々しく言えませんので、子供達のバットから軽めのバットを借りて打席に立ってもらいました。


たまたまなんでしょうが、1塁線を破る2塁打を打ちました。



でも、翌日の試合、練習では自分のバットを使っていましたから、その子の判断に任せたいと思います。


当らなければ重さも長さも関係ありませんから^^
posted by 背番号29 at 15:39| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。