2007年08月29日

テニスボールの有効活用

買い物カゴ一杯のテニス硬式ボールがあります。


テニスラケットもあります。


で、やってみました。


下手から投げるボールをレフト、センター、ライトに打ち分けるってやつを。


結果は失敗?でした。


始める前はボールを打つ地点まで素早く移動し、右足に体重を移し、テークバックし正確な位置でボールを捕らえ、打つ方向を意識してって、出来ると思っていました。


ボールを飛ばす方向を意識して、体重移動、打点を極める練習方法だと思ったのですが。


しかしラケットの面が回転して、ボールを正しく捕らえません。

打つときに手首が返ってしまうので「スカッ」という音がしてカットしちゃいます。


打ち分けるのも手首だけで無理やり方向を変えようとするので、早々に練習を止めました。


もう少し練習方法、目的を検討する必要があります。



ブルペンでキャッチャーを座らせ、低い球やワンバンを捕る練習にも使いましたが、間隔が短すぎたので雑な捕球になったような気がします。



最後は手投げによる左右前後にボールの捕球(小フライ)をやりましたが、これは楽しんでくれました。


でも、これだけじゃ有効活用したことになりません。


息子が低学年の時はフライの捕球練習で使いましたが、この時は狭い場所で正確にフライをあげるために仕方なく使っただけで、広いグランドではあえて使う必要はありません。


軟球より軽いので投げるのも適さない、トス用の古い軟球は捨てるほどあるのでテニスボールをわざわざ使う必要もなく。。。


そうだ、普通にテニスをすれば良いのか!
posted by 背番号29 at 11:45| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。