2007年06月28日

手投げ野球

手投げ野球をやる事によって以下のことを強化できるかと目論んでいるのですが。。。


●打撃編
 ・相手守備の弱点を見破る
  →フライ、ゴロの得手不得手を見極める。
 ・ランナーを進めるバッティング
  →守備側も読んで来るので裏を読む事が必要になる。

●守備編
 ・弱点を補う陣容
  →内野守備位置の間に外野が守るように考えている。
 ・バックアップ、ベースカバーとカットプレー
  →いつもより人数が少ないので全員が考えて動く必要あり。 

●走塁編
 ・先の塁を狙う
  →人数の少ない守備なので、ベースカバーの隙を常に狙うようになる。
 ・ライナーバック、ハーフウェイの練習
  →中途半端なライナーや適度なフライが多いので良い練習になる。
  →新人には最適かも

●ルール編
 ・フライ、ライナーの時の走塁練習
  →アウトカウントによる走塁練習が出来る。
  →タッチアップの練習も出来る。
 ・打順^^
  →直ぐに忘れちゃうので練習で繰り返しが必要です。


●総合編
 ・全員参加による順番待ち時間の減少
  →攻撃側はお茶を飲んでも良いので、結構長く続く。
 ・声による指示
  →遊び要素が多い練習ほど声が出る。
 ・指導者の負荷軽減
  →腰痛、膝痛等の症状があると無理できませんね。
 ・駆引き
  →自分の遠投力、脚力、およびランナーの脚力等を考慮した総合練習になる?
 ・三振、四球がない。
  →せわしないですが、全員が1球に集中でき、攻守交替も早い?ので飽きない。



10名前後なので指導者も参加しますが、指導者はファースト、およびキャッチャーでの参加です。


指導者が外野を守るとフライ、ライナーを簡単に捕っちゃうので練習になりません。


故意にエラーする事も考えられますが、外野を走り回ると指導者の体力が持ちません。



人数の関係でピッチャーまで配置できないので、全て全力で投げる事、バントは禁止です。



●懸案
 ・打席に入ってから「どこに投げるか」決められない子がいる。
  →準備が出来ていません。普段から何も考えてないって事ですね。
 ・自己中心。
  →攻守交替で自分の打順なのに真っ先に水分捕球し、全員を待たせる。
 ・遠投力不足
  →これから伸びると思われます。
 ・ゴロ投げのテクニック不足
  →横投げは教えていません。
 ・自分が走らなくて良い配置を指示すると共に、そのような位置を守る。
  →ランナーの時に走ってもらいます^^
 ・フライやライナーを投げ、簡単にアウトになる。
  →自分の肩を理解できていない。




攻撃・守備側も逆の手で投げて、逆周りに進む野球も楽しめそうですね。



ノック野球はまだ早いようです^^
posted by 背番号29 at 09:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

キリンでオフ会!

何時も飲むサイズ(350)とは違うサイズだったので、どのくらい飲んだか分からずすっかり酩酊したかと思われます。


ブログに書けない事を洗いざらい話せて見も心もスッキリって感じですね。



何時もながらナイスは秘密基地で、星さん、ありがとうございました。



始まる前の状態の写真を撮ろうと思っていましたが、スッカリ忘れました。



コップが小さかったので、次回はもっと大きいのを持って行きます。

DVC00110.JPG

DVC00111.JPG
posted by 背番号29 at 13:33| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

捕ったらあがりね!

ノック練習を終わる時の掛け声です。


内野ゴロの場合は、打ち損じでもゴロはゴロなので空振り以外は問題ありませんが、外野フライの時は失敗する時があります。


外野フライを打ち順調に捕球し、ドンドン子供達がベンチ前に戻ってきて最後の1人になった時に意識するとダメですね。


子供達も他指導者もノッカーと最後の1人の子を注目しています。


ノッカーが打ったボールが大きく飛んだり、打ち損じで手前に落ちたり。。。


そうしている内に際どい所に飛び「捕ってくれ!」の祈りを届かず惜しくも落球。。。


そしてまた、大きかったり小さかったり。



こうなった時の全員の集中力って凄いですね。

大人達は当然、見入っていますが、子供達も無駄話なんかしません。


グランド内が水を打ったようになりますね。



さぁ、大変です。
まだまだ簡単には終わりません。




ノッカーも焦り腕が縮こまり変テコなスィングになったりもします。

当てるだけのスィングなったり、当る瞬間だけ強く振るノックになります。

キャッチャー役のコーチからは今まで以上に丁寧にボールが渡されます。



ノッカーが失敗する度に最後の子供は前進したり後進したりで、そろそろ疲れがピークになります。

そもそも練習を終わるための「捕ったらあがり」なので、それまでタップリとノックを受けています。



通常であれば楽々捕れるフライも追いつかなくなります。



試合前のシートノックでは適当にゴロでお茶を濁す事を覚えましたが、練習だから時間はタップリあります。


もうこうなったら意地でも最後の子に捕球してもらうまで止められませんね。



待っている子供達から応援が始まります。


大きく後ろにそれたボールを拾うため、コーチが後ろを固めます。


小さく手前に落ちたボールを拾うコーチも現れます。



固唾を呑んで見守る瞬間、普通に打てて普通に捕れます。

あっけない幕切れで終わります。



まぁ、こんなことは滅多にありませんが^^
現実は上手く打てなければ手で投げて終わりなんですが^^
posted by 背番号29 at 18:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

初めてのボウズ

夏季大会?が始まる前に全員ボウズにする。


仲間と決めたそうです。



で、初めてのボウズに友達と行って来ました。



千円の安いカットだけする床屋です。


子供達はカットが終わるとくじを引かせてもらい、大当たりだったら次回値引き券がもらえます。


息子はウマい棒を数本、ビニール袋に入れて持って帰りました。


中学1年生はくじ引きの対象で良いんですよね^^



初めてなので9mmにしたそうです。

DVC00108.JPG




お風呂では「シャンプーがいらねー!」と快適な様子です。


ボウスでもシャンプーは使うと思うのですが。。。
posted by 背番号29 at 13:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

ボールの回転によるバウンドの予測

子供達のフルスィングにより強力にカット(バックスピン)された小飛球のバウンドが、どうなるかを予測できません。


ボールがバットに当った感じで、ボールの変化は予測できると思うのですが。。。


ノックの技術がイマイチなので強力にカットするような小飛球は外野フライの失敗の時しか打てません。



ピッチャー、ファースト、キャッチャーの間に上がった小飛球に無警戒で近寄って、バウンド後のボールを見送ればファールになるのに、予測と違うバウンドに驚き、身体にボールを当ててフェアーにするキャッチャー。


サード側に上がったフライを捕りに行き、これまた予想と違い、自分の方に戻ってきたボールが歯に当って乳歯が取れたキャッチャー。



バットの先端に当り、高速に横回転するボールをグローブ片手で捕りに行って、グローブに触れた瞬間にボールが飛び出し「何だ今のは!」と驚いたファースト。


ファールグランドに転がったボールを素早く捕りに行かなかったため、回転したボールがフェアーグランド内に戻って来て、ヒットにしたサード。


まだまだ沢山の障害事例はありますが、ノックでフンワリ打つ打球だけでは明らかにバリエーション不足ですね。



軟式テニスボールをテニスラケットで打つ、とか練習方法を考えないと何時までたってもこのままです。



バッティング練習の時に打順を待っている子供達に「カット」と声でも出させましょうか?




やっぱりノックバットじゃないとスライスするような打球は打てないのでしょうね^^
posted by 背番号29 at 13:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

再び腰痛

土曜日の主審(頑張って低く構えました)、日曜日の草刈により、持病の腰痛が再発しました。


調子に乗って2時間も草刈するんじゃなかった^^


大きな剪定バサミを持って行ったので、面白いように竹、雑草を刈れます。

お馬鹿でした^^



「ズキン!」と、脳天に突き抜ける痛み。
腰が砕け、ヘナヘナと膝から崩れ落ちるような感じになります。



靴下も歯をくいしばりながらじゃないと履けません。
ズボンを履くのも一苦労です。

長い靴べらが靴のかかとまで届きません。


くしゃみなんか最悪です。


緩やかな坂道も危険です。


階段は手すりをつかまらないと昇り降りできません。


信号も、青でも渡れません。
再度、青になるまで待たないと危険です。



座っている状態から立ち上がるのに勇気が必要です。
椅子から立ち上がっても腰を真直ぐに伸ばす事ができません。
お尻を突き出した状態で、しばらくすると腰を伸ばす事ができます。



椅子の背もたれに両手をついて杖替わりにし、椅子を押しながら移動するのが最も楽な移動方法です。



過去、数回、このような腰痛がおこりましたが、気がつくと痛みがなくなっています。


塗り薬も未使用のがたくさん余っています。


寝返りするのも痛いので会社を休んで寝ていても、会社で仕事していても痛さは変わりません。


時が解決するのを待つ日々です^^
posted by 背番号29 at 17:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

干ばつに豪雨

最近、グランド紹介ばかりになっていますが。。。


土曜日のグランドです。


金曜日の夕方に数分だけ雨が降ったそうですが、その程度では潤いません。


見事に干からびています。


トンボでこすっても変化がないので諦めました。


ガチガチです。

DVC00107.JPG



そして日曜日。


雲は多かったが、練習には申し分ない天気です。


10時30分くらいからポツポツ降り始め、時々強く振り出し、ベンチに非難はしましたが、
干からびたグランドは上っ面が湿っただけです。


雲の流れも早く、雨雲は早く移動している、雨雲の奥には晴れ間も見える。


小雨になればグランドに出て、強くなれば避難を繰り返していました。


DVC00106.JPG

↑ベンチの屋根との境目です。


急激に雨足が強くなり、雷も発生し、気温も下がってきたので、非難したベンチ前に車を移動
し、荷物、子供達を車内に退避させ、こちらのグランドに到着する他チームの人たちを待つ事
数分。


降り続く雨でグランドはあっという間に水浸しになってしまいました。


来週の試合に向けて細かい動きを丁寧に確認しようと思っていたのに残念です。



来週には、この雨で雑草、竹が元気に成長してますね。



また、ハサミの登場です^^
posted by 背番号29 at 10:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

水源がありません

パフパフのグランドです。


ここ最近は雨が降っている事もあり地面がひび割れたりはしていませんが、梅雨が明けたら本格的な猛暑になります。


18Lの水が入るタンク、ポカリ等の2Lペットボトル数本に水を入れて子供達の手洗い用として水を準備していますが、グランドに撒くような大量の水を確保する手段がありません。


「水不足が心配です」なんて生易しい事ではありません。


以前のグランドでは近所の公園まで車で移動して水を運んでいましたが、今回は近所に公園もありません。



当面、人海戦術で水を持ってくるしか手段はないようです。


・個人の水筒
・チームのジャグ
・コーチが持参するペットボトル、タンク
・各家庭から差し入れの氷とお茶


これが全てです。



18Lのタンクはブロックの上に置かれ、蛇口のような器具をつけてます。
さらに蛇口の下にはバケツが置かれ、手を洗った水が溜まる様に工夫されています。



そうやって、バケツに溜まった水もグランドに撒いたところで、ホンのお湿り程度です。



夕方の練習が終わり、余った水、お茶、氷はバケツに入れて、次回用として残しておきます。


それでも、バケツ2杯程度です。



昨日は勿体無い事に氷が無造作に捨てられていました!

とんでもない事です!



と、鼻息を荒くしても、牛乳パックで出来た氷1個程度では、たいして役にたちませんね。



「井戸でも掘るか!」


調べるとザックリ70万円です。


絶対に捻出できませんね。




焼酎のペットボトルは捨てないで取っておく事にします^^
posted by 背番号29 at 14:07| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

弁当食べに行っただけ

昨日、中学野球部の試合がありました。


もちろん1年生の息子の出番はなく、先輩に帯同して応援、球拾い役です。


朝はU市まで行くと言っていたのですが、夜に聞いたらK市に行ったとの事。


こんなので大丈夫でしょうか?



最寄り駅まで電車で行き、そこからバスに乗って試合する中学まで移動したらしいのですが、1台のバスに全員乗れないので、3台に分割したそうです。

普通の路線バスなので、次の発車時間まで待ってバスに乗ったのでしょうが、何分待ったのでしょうか。



で、タイトルにあるように弁当を食べて帰ってきたそうです。



ある意味正しい部活ですね。



ほんの数分しか話ができなかったので、勝敗も戦術も、息子、息子の友人が何をしていたのか不明です。



砂絵を書いたいたりして^^
posted by 背番号29 at 14:30| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。