2007年05月29日

3.03 プレーヤーの交代

公認野球規則(2007版)


3.03 プレーヤーの交代
【原注】 同一イニングでは、投手が一度ある守備位置についたら、再び投手となる以外他の守備位置に移ることはできないし、投手に戻ってから投手以外の守備位置に移ることもできない。




先発君の「投げたい!」希望を聞いて、先発として送り出しましたが、残念ながら4人連続の四球。


何時もの負けパターンです。


先発君はもっと練習してからマウンドに送り出したいと思います。


で、先発君はファーストを守り、試合は進んでいきます。


回も進んで、この日はお互いのバッティングが良く、エラーもたくさん出て、守備時間が長くなりました。


暑かった事もあり、キャッチャー君の疲労を考慮して、ファーストの先発君とキャッチャー君の交代を攻守交替の時に主審に告げました。


しばらくしてから主審から「先発君はピッチャーに戻る事しか出来ない」と言われ、正直なところ、そのようなルールがある事すら知らなかったので、言われるがままに、元の守備位置に戻しました。



試合終了後に相手チームに確認すれば良かったのですが、今まで1点も取れない試合ばかりで、相手の守備にも助けられた部分もありましたが、2桁得点の喜びからすっかり忘れてしまいました。



前述した規則で調べると「同一イニングでは」とありました。



このように聞いたこともないルールを主張されると、「はい、仰せのとおりに」と無条件降伏するしかないのが現状です。



もっと勉強すれば良いだけなのですが、あのヘンテコリンナ文章を読むのは疲れますね^^
posted by 背番号29 at 14:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。