2007年05月22日

思い込みのプレー

先日の試合です。


1アウト2,3塁です。


もちろん、うちは守備側です。


前進、あるいは中間守備でホームアウトを狙う場面でしょうが、確実に1つずつアウトを取るのがうちのチームの作戦です。


バッターの打った打球は1、2塁間を抜けそうだったのですが、セカンドが追いついて捕球しました。


3塁ランナーはスタートも良く、ホームへ投げても間にあいません。

セカンド君は練習どおりランナーを見て「間に合わない判断をし」ファースト君へボールを投げました。



が、ファースト君が1塁へ入っていません。


ボールを受取ったファースト君は慌ててホームへ送球。


ホームは余裕でセーフです。
当然、打ったバッターも1塁セーフです。


内野ゴロでアウトが1つも取れませんでした。



ファースト君に「何故、1塁へ入っていなかったの?」と聞くと「ホームに投げると思っていた」と答えました。


ファースト君は点を与えないためにホームでアウトにすると決めていました。

だから1塁を踏むことなく迷うことなくホームにボールを投げました。



「う〜ん」と唸るしか出来ませんでした。



1つずつアウトを取る指導が徹底できていませんでした。


プレーが始まる前に「1つずつアウトを取るよ!」と声をかけていれば良かったです。




強肩とまでは言いませんが普通のキャッチボールが出来る子供達であればホームでアウトを狙うのは正解でしょうが、まだその域まで到達していない君達は1つのアウトを確実に取る指導をルーキー時代から指導されているのに。。。


昨日今日に始まった事ではなく、無理にホームに投げ暴投、ワンバンでキャッチャー後逸、2塁ランナーまでホームに帰ってくる事を繰り返してきたのに。。。


まだまだ練習、それも言葉による解説が不足しているのでしょう。



声を掛け合えば防げたかも知れません。

プレーを指示する内野手がいれば防げたかも知れません。



試合から多くの事を学んでいますが、学ぶ事が多過ぎて忘れてしまいそうです^^



プレーが始まる前の準備に注力したいと思います。



でも、奇想天外なプレーが起こるから毎回キチンと出来る自信はありません^^
posted by 背番号29 at 10:55| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。