2007年05月15日

左右の判断が弱点^^

弱点は他にもたくさんありますが。。。


左右を素早く判断する場合、時々間違える事があります。


間違えると言うよりも、適当に好きな方?本能が判断する方を選択するような感じです。


このような私なので、指導するときも「右足に体重を乗せて、あ、違った、左足ね」と、子供達を大いに混乱させます。


たいていの場合「こっちの足(やさしく叩きながら)で立って、こっちの足を大きく真っ直ぐに前に出して」とか。。。


「前に出す足、後ろの足」と言って説明しています。


左右は駄目でも前後は間違えません。



走塁練習でピッチャーの牽制を教える時も前後を使わないと大変です^^


さらに左投げピッチャーの牽制を教えようとすると、自分で事前シミュレーションして左右を確認しないとまず100%の確立で間違えます。



子供達もこの左右の判断が遅い子が居ます。(たぶん)


「お箸を持つ手」、「お茶碗を持つ手」も最近は左手でお箸を持つ子がいるので使えません。


左と右、レフトとライト。。。


言い方を変えても駄目なようです^^
posted by 背番号29 at 12:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。