2007年02月28日

3年生の時

4年生が5人、3年生が3人、2年生が3人、1年生が2人くらいで始まりました。


この年から4年生以下のCチームと3年生以下のDチームで試合を行える体制が整いました。
幼稚園生も入れてですが。


練習では相変わらず秩序も規律もない無法地帯となり、ひたすらボールを奪い合うような毎日でした。


初めてサインが導入されたと思います。

バント、スクイズ、盗塁だけですが。。。

打者に出すキーと、走者に出すキーが別々で、監督が立ち上がった場合は足元がサインになったり。

雨の日は軒下でサインの復習を良くしました。

サインを出す側も練習しました^^
順番を変えて出すのが難しくて^^


練習試合を含めて未勝利だったチームでしたが、この年にやっと念願の初勝利をあげました。


あまりの嬉しさに会社の仲間にメールで勝利の報告しました。

以下にそのメールを抜粋します。

−−−ここから−−−

 昨日(6/22)、○○グランドで行われた○○ウィングスとの練習試合で、見事、初勝利を上げることができました。

 うちのチーム後攻で始まった試合、見所は4回の裏の我チームの攻撃、2対6と相手チームに先行されていたが、四球による押し出しで相手チームのエースが登場(昨日の試合で投げていたため休ませていたが、ここで登場)、エースだけあって、スピードも早く、コントロールも良かったが、我チームも負けていなかった。
 普段の練習では経験したことがないようなスピードにも上手く対応し、Y君の左中間を抜ける3ラン、I君の右中間を抜けたエンタイトルツーベース(車の下にボールが入った)で7点を取り、9対6と逆転に成功。
 この時点で少年野球4年生以下の試合時間(公式戦では約1時間15分)を超えていたが、相手チームからの申し入れにより5回まで行うことになっていたので試合を継続。
 残り5回表の攻撃を守り抜けば、待望の初勝利となるが、投手は昨日も3回を投げぬき、今日も4回を投げぬいているため、ピッチャ交替を行う必要があり、制球に不安があるI君を投入する。
 先頭打者にはストレートの四球を与え、ベンチ内は嫌な雰囲気に包まれる。
 次の打者への初球ですかさず盗塁を決められ、ノーアウト2塁、次の投球はセカンドへの痛烈なライナーを打たれたが、5回からセカンドに入っていたO君が慌てずに捕球し、飛び出したセカンドランナーを見るや、すかさずセカンドベースを踏んでダブルプレー、最後の打者には3回連続、ど真中にストライクが入り、サードゴロに打ち取りゲームセット。

●珍プレー
 1.ランナー1塁で、打者のバウンドの高いゴロをフライと勘違いしたO君が1塁に戻りアウト。
 2.ランナー2,3塁で、打者のフォアボールで、それぞれ進塁しようとしてみんなに大きな声で「戻れっ!」と言われた。
 3.試合終了後に感激の余り泣き出したO君とお母さん。(珍プレーじゃありませんね)
 4.試合前に勝ったら焼き鳥を奢る約束をした監督が、来週、ラーメンを奢ることになった。
 5.2ストライクなのに打者にタッチをした捕手のIK君。2回も。
 6.暴投で草むらに入ったボールを捜したWコーチが黒い汚い別のボールを見つけ「あった」と小さな声で言った。

−−−ここまで−−−


また公式戦でも初勝利をあげる事ができました。



3年生以下の試合で息子がピッチャーをやるようになったのもこの時期からです。

キャッチャーまでワンバンは当たり前で、キャッチャーのT君は息子が投げると、直ぐにバックネットに向かうような状態でした。


ある試合で、コールド負け確実で迎えた最後の守備で、ピッチャーの息子の太ももにライナーが当たりました。

一瞬、痛そうにしましたが、涙目になりながらも、監督の「大丈夫か?」の声に首を縦に振って答えます。


試合終了後には我慢できずに号泣しましたが、ボールが当たった太ももを見ると、縫い目がくっきりとついていました。


この試合はビデオに撮っていますが、応援に来た娘とI君の妹がビデオカメラの側で歌を脳天気に歌っていたのがバッチリ記録されています^^


この年にユニフォームをもらい、正式なコーチになりました。


3年生以下のチームはこの年も未勝利です^^
posted by 背番号29 at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

2年生の時

2年生になり、同級生は息子含めて4人になり、相変わらず3年生は1人もいなくて、4年生と一緒に行動していました。


6年生、5年生、4年生は単独で行動できるだけの人数が居ましたが、3年生以下は、1年生も入れて5、6人程度。


懸命の勧誘活動により3年生が5人、入ってきたのが5月くらいでしょうか。


これで3年生以下で試合ができるようになりました。

この時期から単独で行動するようになりました。

でも、私は仕事が忙しく、練習には参加していませんでした。


ある時、集合場所の小学校で練習する日に昼から見に行きました。


すると、昨年まで6年生コーチをやっていた人と、息子の同級生のお父さんの2人だけで子供の面倒を見ていました。


勝手に充実した指導者体制で練習しているとばかり思っていたので、指導者が少なくて驚いたのと申し訳ない気持ちになりました。

たぶん、この日を境に練習に参加するようになったと思います。

練習では、私を含めて3人の大人が、手投げフライ、手投げゴロ程度の練習だけでした。
いわゆる、キャッチボールの練習です。

3年生は野球を始めたばかりで、チームを引っ張っていたのは息子の2年生達だったと思います。

上級生も下級生も関係なく仲良しだったので、みんな苗字を呼び捨てでした。


バッティング練習の時は無茶苦茶でした。

打てない子の時はみんな前進したり、ボールが飛んでくると奪い合いでした。

外野での球拾いなんてものはありませんでした。

秩序とか規律とか一切無縁だったように思います。

一日中、怒鳴っていたと思います。


この時期に今まで仕事が忙しくて全く参加できなかった監督が復帰してきました。

そこから、やっとダイヤモンドを使ったり、バッテリー練習を始めたり、野球らしくなりました。


試合では四球で出塁したランナーに、間髪居れずに2塁に走られたり、ランナー1,3塁の時、ファーストランナー盗塁にキャッチャーはセカンドへ送球し、サードランナーはホーム悠々セーフとか、やられ放題でした。

うちの子供達はまだ少年野球を教える前の状態だから仕方ありません。


1試合だけ勝利目前の公式戦(リーグ戦)がありましたが、レフトを守っていた息子のエラーで負けた事を覚えています。

守備で打球が飛んで来ないのを良い事に、シャドーピッチングをしたり試合に集中できていません。

まさにシャドーピッチングで投げ終わりご満悦のところにサードライン際のゴロを打たれ、慌てて捕りに行ったが間に合わずHRになりました。

号泣してましたが、泣く位なら真面目にヤレって感じですね。


初試合はこの年だと思うのですが、相手に初勝利をプレゼントしました。


初勝利は翌年までお預けです^^
posted by 背番号29 at 09:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

1年生の時

小学校1年生の6月から始めた少年野球ですが、残り1ヶ月弱となりました。


1年生の時は上級生(3年生と4年生)と混ざってベンチを温めていました。


直ぐにお兄ちゃんが卒業生の同級生が入部し、少し遅れて同級生が入り3人になりました。


2年生は1人もいなかったので、つねに3年生、あるいは4年生にくっついての練習です。

その当時は仕事も忙しく、土日に出勤する事も多く、指導者に任せっぱなしでした。

見に行っても、本当に見ているだけ。
たぶん送迎のみ。


ある時、コーチから自宅に電話がかかってきて「○○君(息子の事)が具合が悪くなったので迎えに来て下さい。」と言われ、口頭でグランドの場所を教えていただき、迎えに行きました。


コーチに挨拶し、息子の様子を見ると、日陰に敷かれたシートに座り、手にはトカゲをもって、トカゲと戯れていました。
※注、カナヘビではありません、やや青色が混ざったトカゲです。

夏だったので熱さに参っただけのようでした。


「家に帰る?」と聞いても「帰らない」と言うので、そのまま練習を眺めていた事だけを覚えています。


また、集合場所の小学校で3年生以下の試合を見に行き、娘にはアイスクリーム、私にはビールを買って、ベンチ後方の日陰の階段に座り試合を見ながら、息子の様子を伺っていました。

当然ベンチですが、監督の横にピッタリくっついて座り、スコアを付けていた監督が立ち上がりペンを落とすと、それを拾って監督に渡し、頭を撫でられる。
それしか覚えていません。

一応、息子用のアイスも買っていたので「食べる?」と聞くと首を横に振り、グランドに目を向けました。


またある時は集合場所まで息子を送り、各チームがそれぞれの練習場所に向かう時に4年生監督さんから「車が足りないので一緒に来て下さい。」とお願いされ、その時の私の服装が、半ズボンに黄ばんだ白いTシャツ(パジャマとして利用中)とビーサンです。

隣の隣の小学校なのでそんなに遠くなく、4年生達を乗せて移動しました。

午前中は試合だったと思いますが、午後からは練習になり、そこで初めてノックをしました。

Tシャツと半ズボンとビーサンで。


グランド開きでカキ氷の氷を取りに行ったり、外野を耕運機で耕して竹の根っ子を全員で抜いたのも1年生の時です。


1年生の記憶はこんなもんです^^
posted by 背番号29 at 14:36| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

緩いゴロのノック

高学年では強烈なゴロを打たれる(”打つ”って書かないのが奥ゆかしい^^)事があるので練習の時に強烈なのを打つ事もありますが、基本は2バウンド目を前進してショーバンで捕球できる
ようなゴロを打っています。


比較的高いバウンドです。
高さはたぶん1mくらいです。


サード、ショート、ピッチャー、セカンド、ファーストの順番です。

最初は順番でその内にランダムに打ちますが、回数が均等になりません^^
※数えた事がないので正確には不明ですが。


同じポジションに連続して打つ事もやったことがありますが、子供の動きが悪くなり、プレーが雑になるように感じていました。


1人の子供に連続してノックするには、子供が定位置に戻るまで待って、それからノックする。

次第に子供達はノックする前にボールが飛んでくる方向を予測するようになり、打つ前に予測した方向へ走り出し注意される。


何の練習か分らなくなります。



1球毎に丁寧にやるのも良いのですが、寒い時期に順番待ちの子供が寒くなります。

なるべく多くの子供が1球に反応し、身体を動かして待っている子供を少なくさせたい。


ゲッツーも取り入れたりしましたが、新5年生にはまだ早いようです。

ファーストまでボールが渡りません^^


いわゆる「縦ノック」もやりますが、送球し終わったら順番待ちの最後に着こうとし、自分の投げたボールの行方も見なくなるので好きではありません。

touchさんの「次のプレーを考える」ための練習をするためには、1球毎に丁寧にやる必要があるでしょう。


単純に捕球しファーストへ送球する練習なのか?

守備範囲を広げるためなのか?

カバーリングのためか?

体力向上のためか?

試合前のウオーミングアップのためか?

狭い場所でのノックか?


色々なノックがありますが、そろそろダイヤモンドを使った丁寧なノックを始める必要があります。



どうやら現6年生と一緒だったこともあって、ノックの打球が知らないうちに速くなっていたように思いました。


緩いゴロを守備の間に打ち、ボールカバーとベースカバーをしっかりやり、次に予測されるプレーに向けた動きをする。


毎回、キャッチャーがファーストカバーに走るのは毎回は無理だな^^


速い打球の場合、守っている子供が一歩も動けず、外野をボールが転々と転がる事になるので、緩いゴロにするだけで、内野が全員動けるようになりそうな予感がします。


内野と外野を分けてノックするためにはそれなりのコーチが揃わないと出来ません。


そろそろ試合も始まるので揃わないと移動も出来ません^^
posted by 背番号29 at 11:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

広域リーグの抽選会

抽選会に行ってきました。

と言ってもチーム名を呼ばれてトランプを引くだけです。

なんてことはありません。

これで終りです。


これで終りではつまらないので、このリーグでの今年の話題は、なんと女性だけのチームが参加することです。


前々から存在は知っていたし、ある別のリーグでは各チームの女性選手を集めたオールスターと対戦してたりもするのですが、普段の活動は知りません。


うちのチームにも女の子が居ますが、全員が女の子となると華やかなんでしょうか?


高学年になると男子も女子も異性を意識し始めます。

試合終了後の「全員で握手」も、モジモジする場面も見ます。

逆にガッツ溢れるスライディングとかナイスバッティングを見ると男と変わりないと感じる事もあります。



「チンタラやってんじゃねーよっ!このタコヤロー!」なんて言えませんね^^

「優勝したら焼肉食い放題だぞ!」も効果は少ないでしょう^^


残念ながら違う学年チームなので対戦はありません。

頑張って欲しいと思います。
posted by 背番号29 at 10:57| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

勝ち抜き戦

日曜日は風邪が強く砂ぼこりが目が入り、耳の中まで砂まみれです。
おかげで目は充血してます。


午前中は全学年が1つのグランドに集合しました。


6年生が守備につき、5年生以下が全てランナーで、1塁の駆け抜けから、フライのハーフウェイ、ランコーの役割等を確認する練習をやり、ロングティーで実際に打たせ、ランナーを残し、アウトカウントを意識させ。。。


あまりにも簡単にアウトになるので、塁間を21mに短縮して。


それでもアウトになりランナー付きの練習ができないので、1塁アウトの子供が1塁ランナーで残ったり、3塁ランナーをつけたり、最後には常に満塁にしたり。。。


最初は手を抜いてわざとエラーして、低学年に楽しく走ってもらいましたが、故意なのか本気なのか分らなくなってきたので、とりあえず真剣に守る事にしました。


午前中最後は「ロングティーで出塁(エラー含む)した人が残る勝ち抜き戦」で締める事に。


力が入り過ぎて内野ゴロだらけです。


良い当たりも俊足5年生の攻守に阻まれます。


2回戦進出は5年生2人、3年生1人、2年生2人の5名です。

一応30名弱は居たのですが、5名しか残りませんでした。

3回戦で5年生2人だけに。


結局4回戦目で2人とも内野ゴロに倒れ終了しました。


全学年揃っての練習もたまには楽しいですね^^
posted by 背番号29 at 15:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

遠征チームを向かえる準備

新Bチーム担当となりましたが、選手もコーチも揃いません^^

守備位置もそろそろ決めとかないと慌てるんじゃないかと思いますが。。。

昨年と同様ってものありでしょうね^^

まぁ連盟の審判講習会やら県の講習会とかが立て込んでいるので、これも仕方ありません。


こんな状態ですので今週末から2回行われる現6年生遠征チームとの試合をどうするか考える事にします。


午前、午後と2試合やるので、午前中をうちのチーム主体、午後をお仲間チーム主体でやるか?

それこそベストメンバーで臨むか?

でも、全員が均等に試合に出れるようにもしたいし。

遠征チームの要望もあるでしょう。


整理しておかないと確実に混乱しますね。


遠征先で良い成績を残せるように相手をするので、遠征チームを優先して考えないといけないでしょう。


守備位置、打撃力、走力と投手経験有無程度ですがまとめておきます。


まずはピッチャーは四球連発では練習にもならないので制球の良い4人を候補にあげ、内野と外野を分けて。。。

でも天気予報は雨なんですよね。


現6年生に残された少年野球は9日です。
posted by 背番号29 at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

単管パイプにクランプ

突貫工事で整備した新グランドですが、バックネットが突風に負けて大きく傾きました。


なんと呼ぶかは知りませんが、直径5,6cmも金属のパイプと地面に深く差し込み、そこに4m程度の同じパイプを連結機でつなげただけです。

※調べた結果「単管パイプ」、「クランプ」と呼ぶらしいです。



練習には問題ありませんが、試合となると弛んだネットにボールが絡まってキャッチャーはネットを格闘
する事になるし、見た目を格好悪いです。


そこで日曜日の応急措置を施しました。


地上のパイプをクランプから外して、傾いたパイプ(地面に刺してある)を真直ぐにし、さらに深く刺しこみます。

この差し込むのも槍のような鉄の棒の真中に鉄の円盤が取り付けられたような物をパイプの中に入れて、上から数回落とすだけで地面でめり込んで行きます。


そして長いパイプをクランプで接続して、一応元通りにはなりましたが、風を受けて張っているネットは、帆船の帆状態です。


まさに、その日の風向きはバックネット裏からマウンド方向で、パンパンに張っていました。



単管パイプ、クランプ等の用語は少年野球に関らなければ、一生使う事のなかった単語だと思いました。


それにしてもクランプのネジをラチェット(って言うのを始めて知りました)を使って締めたり緩めたり出きる
人は格好良いですね。


クランプのネジを緩めてパイプから外す時にラチェットで「コンコン」と叩いて外すのがさまになってます。


私はこのような場面ではパイプを運ぶ役目専門です^^
posted by 背番号29 at 13:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

現6年生が大人気

嬉しいことではありますが、練習試合の申し込みが複数ありました。

昨年、市の大会や支部の大会で顔見知りになったチームからオファーがありました。


でも、現6年生は7人だけなので、現5年生を借りてこないと人数が揃いません。

しかし、現5年生は春季大会に向けて猛練習、かつポジションを模索中です。

簡単に協力をお願いできる状況にはありません。


「現6年生の7人だけで良いですか?」


ご迷惑かも知れませんが、このようなチーム事情を言える間柄にはなっていますので正直にお話し、またご縁があれば、と言うことになりました。


が、しかし、ある団体に所属しているチームで連合チームを作って、どこか遠くに行って試合をする予定があり、その連合チームとの練習試合が下旬に組まれました。


連合チームを向かえるのはうちのチームと近隣のチームのこれまた連合軍。


うちのチームの弱点は6年生でキャッチャーがいない事と打線がイマイチな事。

そこを補って頂ければ何とかなるはず。


これまた上手い事に、月曜日の卒業生大会で、この近隣チームと試合があります。

その時に指導者さん達と作戦を練りたいと思います。


うーん、誰かの手の平で踊らされているような気がします^^
posted by 背番号29 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

シニア体験(午後)

午後からも軽いランニングに体操で始まります。



午後からはストレートのマシン1台だけで、現役選手 対 体験+3年生+高校生で練習です。

「ノーアウト1塁」、「1アウト1塁、3塁」のように状況を変えながら。。。


体験の6年生は三振ばかりで申し訳ありませんでした^^
バッティングの順番待ちも緊張感がなく、お喋りばかりで。


あまりの打てなさぶりに、6年生の自信がなくなっても可愛そうとお情けでマシンのスピードを遅くして頂き、盗塁、ディレードのサインも追加され、ドンドンやる事が追加されます。


何故かうちの6年生が1塁ランナーの時にバッターが高校生。

その高校生が右中間、左中間真っ二つの弾丸ライナーを打って、6年生ランナーがホームまで走るようなパターンが出来上がったわけで。

良く走ってました。

本塁クロスプレーもありましたが打球や送球が身体に当たらなくて良かったです。


攻守交替で、今度はシニア選手が打つ番です。

指導者の前に整列して話を聞いています。

本当はこの指導者の話を聞くべきなのでしょうが、流石に入り込める雰囲気ではなかったので、外野を守る子供とキャッチボールをしてました。


選手がバッティングを1回りすると指導者前に集合。

1,2分ではありません。

10分くらいは話を聞いていたと思います。

これは終了するまで続きました。


最初は高校生+3年生が内野を守ります。

6年生達はファールゾーンでキャッチボールをしながら出番を待ちます。

ファールボールがネットの外に出たら、直ぐに選手が走って拾いに行きます。

良く練習に集中できてますね。



そして最後はノックです。

全員で塁間のボール回しから始まります。
※このタイミングでボール回しをやったと思うのですが記憶が。。。

キャッチャーの身体をのけぞらす大きな声で始まります。
全力で投げているボールの速さにビックリです。
6年生のそれとは全く別物です。(当たり前ですね)


ボール回しの順番待ちしている時に何時ものようにカバーに入っているのでしょうが、緊張感のかけらもなく
よそ見をしている。。。

中学生が全力で投げている硬球の速さを目の当たりしながら。。。

当たったら痛いだけでは済まないのに。。。

当たってからでは遅いし、軟球でも同じなので再度言うことにします。


また、好きなところを守らせて頂き、広いグランド内を走り回ります。(外野とカットマンの内野)

外野が一通り終わると、全員が内野を守り、捕球後にファーストに投げるのとサードに投げる2種類をやって、最後にバックホームで6年生達は終了です。


ここからがシニア選手達の仕上げのバックホームですが、大きな声が出ているポジションをノッカーが選んで打っていきます。

エラーをすると全員で腕立て伏せです。

回数はノッカーの指導者が決めますが最高は30回です。

エラーをした選手が大きな声を出して数えます。


そして最後のキャッチャーフライで終了です。


広いグランドなのでコーチが運転する車でグランドを整備し、選手達は道具を綺麗に拭いて片付けたり、ブルペンをトンボかけたりしましたが、6年生達はここで挨拶をして終了しました。


残り1ヶ月とチョットですが、チャンスがあれば何度でもお願いしようと思います。
posted by 背番号29 at 14:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

シニア体験(昼食)

※メンテナンスが長い、と思っていたらキャッシュでした^^


さて、どんな場所で、どうやって食べるのか、としばらく様子を伺っていると。


個人の荷物(バッグ類)を仕舞う棚がある部屋があり、その前にベンチがあり(屋根あり)そこで集まって食べ始めました。


ベンチには体験練習の子供達の道具が乗っていましたが、中学生に素早く、丁寧に片付けられアッっと言う間に子供達が座り、食事が始まりました。


シニア監督さんに大人用のテーブルに「どうぞ、座ってください。」と声をかけて頂きましたが、中学生に混ざって食べる事に。


何を話すのか、弁当の大きさは、食べっぷりは。。。


感想は「普通」でした。

でかい弁当もなければ、会話も普通。。。


「試験勉強している?」
「お皿片付けるのジャンケンで決めようよ!○○もやろう。」
「何杯目?(味噌汁の御代わり)」


食べるのが早い人もいれば普通の人も。。。


お母さん方が作る具沢山の味噌汁と焼いたお餅を食べるのが違うくらいか。。。


味噌汁のお代わりをした際に、お椀が熱くて持てなくなりこぼしたり。

食べ残しがないかをチェックされたりはしてましたが。


話し掛けると、元気な声で答えてくれます。


食べ終わると、焚き火の側でふざけたり、指導者や手伝いにきた高校生に構ってもらったり。


トイレに行ったり。


6年生達は何をしていたのかどこにいったのか見かけませんでした^^


目に入らなかった、が正直なところでしょう。


午後練習が始まる前になるとキャプテンの掛け声により、一斉にグランドに入り、午後の練習の準備を始めます。


グランド内を走り回って遊ぶ人は居ませんでした^^
posted by 背番号29 at 09:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

シニア体験(午前)

6年生を連れてシニアの体験に行ってきました。

残念なことに息子は風邪のためダウン。


声の出し方、集中力、全力プレーと凄いですね。


塁間のボール回しは全力で投げるんですね。


投げる手の振る速度が全く違います。


それと全く違うのが休憩時間。

アップを始めたら昼食まで休憩はなし。

練習の合間に道具を出したり、マシンをセットする時間はありますが、水分捕球やトイレ休憩のような明確な休憩時間はありませんでした。


トイレや水分捕球は自分でやれって事でしょうか?

今度、聞いてみます。



グランド到着後に挨拶してから指導者に連れられてランニングしてシニア選手に混ざってアップを始めます。

先輩から次のメニューを教えてもらい、一生懸命真似をして、中学生の声に驚いて。


アップ後は外野の隅っこでキャッチボール。


キャッチボールと言えば球拾いが必要ですから、ここでPROBを持ってグランドに入りました。


次に軽いバットを貸してもらいペッパー。


当然、ここでも球拾いが必要なのでグランド内に留まっています。


そうしている間にホームベース付近にバッティングゲージが準備され、マウンド付近にマシンがセットされ、ボールが運ばれ、バッティング練習が始まりました。


カーブ、ストレート、選手が投げる3ヶ所を5球毎にグルグル回り、順番待ちの時はコーチにトスを上げてもらいトスバッティング、トス待ちもゲージの後ろでタイミング取りをコーチに指導され。

忙しいですね^^


しばらくはシニア指導者の指導方法を学ぼうとウロウロしていましたが、外野の守備が手薄(センタのみ)なのに気がつきライトのラインぎわ付近に移動しました。

コロコロ転がってきたボールの正面に入り、素早く手の平捕球をして内野に投げて少しだけアピール(誰に^^)
残念な事にフライは1球も飛んできませんでした^^
posted by 背番号29 at 14:51| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

バッティングピッチャーが人気です

現6年生は今年からコーチです。


午前中は後輩と一緒に走ったり、同じ練習を行いますが、午後からの練習では大人ではできないランナー役をやったり、バッティングの時に守備をしてもらいます。



このバッティング練習ですが、1月上旬は下投げのロング中心でしたが、最近は上から投げる実戦形式に変わっています。


で、バッティングピッチャーが人気です。


マウンドではジャンケンで投げる順番を決めたりもします。


気楽な立場で気楽な練習だからでしょうが、本番を経験することも大切でしょう^^


そんなにやりたいのなら卒業生大会で投げてもらいましょう!


ちなみに先発組の2人はファーストがお気に入りです。
posted by 背番号29 at 13:28| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。