2006年12月13日

ゴロを捕る位置

ゴロを捕る位置と言うか、場所と言うか、、、グローブにボールが入る位置と言うか。


うちのチームでは、ボールが
@地面に着く直前
A地面から弾んだ直後(ショーバン)
の2通りを推奨しています。。

ゴロ.bmp


イレギュラーする事もあるので、そのリスクを回避すべくバウンドを少なくし、前進して早く捕球する事が目的と解釈しました。


でも、どうしてもボールが地面から弾んだ一番捕り辛いBの所で捕球する子が居ます。



スタートが遅いのか、ダッシュするスピードが遅いのか、どうしてもBのところで捕球しようとして、身体をすり抜けたり、身体に当てて弾いたりするエラーが出ます。


ボールを捕る直前で身体が立ち上がり、グローブがお腹にくっ付くようになる特徴があります。

また、捕球時にグローブを身体の横に引く子も居ます。

ボールが怖い子は身体を斜めにしてボールに当たらないようにする子も居ます。



もう一歩前で取れればショーバンで捕球でき、関係者から「うまい!、ナイスプレー!」と声がかかると思います。


外野でも時々、難しい位置で捕球体勢に入り後逸しHRになるケースがあります。


ひたすらノックをすれば身につくのでしょうか?


ボールが上がるBのところまでは行っているので、@、Aのところまで後1歩です。



このままBの捕り辛いところで捕り続けて良いのでしょうか?


「前で捕れ!」を忠実に守っているかもしれません。


練習では前進して捕球する事も良いでしょうが、練習してないことは試合ではできません。


タイミングを合わせて捕るのか?何でも前進するのか?


落着いて捕れば何でもないゴロを前に突っ込んで身体に当てたり、足で蹴ったり。


打球を見た瞬間に捕る位置を見極める判断力でしょうか?


視力が悪いのか?ゲームのやり過ぎか?


構えた状態からの1歩目の歩幅が広すぎるために、次の足がスムーズに出てこない事も影響しているように思います。


「待って捕れ」では、今までの「前で捕れ」と矛盾するし、「バウンドに合わせて捕りやすいところで捕ろうよ」とも言っていますが、頭を越される高いバウンドは待って捕るとファーストアウトが間に合わないし難しいですね^^
posted by 背番号29 at 09:44| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。