2006年12月04日

練習の目的意識

目的意識を植え付ける事が不足していたかなぁ、と反省しています。


6年生のこの時期に来ても、練習に集中できなくボーとしている事があります。

エラーしたりするのは仕方ないにしても怪我に対する意識が不足しています。

野球ができる事への感謝の気持ちなんてあるのか?とも思っています。


練習に入る前には繰り返しになりますが、一言二言、指導者から声をかけて始めます。


例えばキャッチボールでは手の平捕球の原点でもある、正面で両手で捕球することを意識させ、星さんところから学んだ「速く、強く、遠くに投げる」。

ノックの場合は「歩幅を狭く楽な体勢で捕ろうよ。」

バッティングの場合は「ストライクは見逃さずに打ってみようよ」とかです。


さらにお父さんコーチからそれぞれの息子に対しての一言も加わります。

はい、すみません。
私もキャッチボールの時にシニア塁間の27mのキャッチボールをやってみれば、と余計な事を言いました。
さらに、他の子供達の邪魔になるので、一番端に場所を移動させたりもしました^^




先日の試合でチーム一番の速球派君を先発に送り出しましたが連続四死球で自滅しました。


先頭打者は豪快なワインドアップで空振り三振スタートだったので安心しましたが、何時ものように四球でランナーを出すとセットポジションのコントロールが定まらず、連続押し出しです。


打線が爆発する予感(練習もした)もあり、追いつける範囲だったので初回での交替は避けました。


指導者間での問題を共有していたつもりでしたが、子供任せになっていた点も反省です。


と言うのも、前日のピッチング練習、および当日のピッチング練習も彼はずーとワインドアップで練習をしていました。


試合後から本人に聞いて分りました。
チャンと見てあげることができなかった事も反省です。



昨日今日、ピッチャーを始めたわけではありません。

連続四死球で自滅したり、バッティングピッチャーでバッターの練習にならない事も多々あり、本人もピッチングの課題は理解出来ていると思っていました。


セットポジションの制球が乱れる事が課題であることは本人も指導者も共有できていると思っていました。


自分の苦手とする事や課題を克服しようと意識して練習できていない、と言っても過言ではありません。


練習の時に誉め過ぎた事も影響しているかも知れません。


誉めると気持ち良くなり得意の事だけ練習し、不得意な部分の練習が疎かになる子。

誉められても調子に乗らず、自分の課題を忘れずに練習する子。

誉められるとドンドン調子に乗り動きが良くなる子。

誉められても気分が乗らない日はイマイチな子。


出来るまで何度も繰り返しですね。


今だに挨拶する時に真直ぐ並べません^^
忘れ物も減りません^^
posted by 背番号29 at 14:51| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。