2006年12月28日

チョット早いですが、皆さん良いお年を!

今年度中は大変お世話になりました。


最初は皆様のブログを見るだけで、コメントし始めるまでウジウジとしましたが、温かく受入れて頂き、本当にありがとうございました。


ボンヤリ過していた2005年とは桁違いに野球の知識が向上できた年でした。


コメント頂きました皆様、本当にありがとうございました。


PCのない嫁さんの実家に帰省するので、更新する手段が携帯になり、コメント頂いた方への返信が遅れるかと思いますが、お許し頂きますようお願いします。


それでは、仕事納めの宴も始まりそうなので、これで失礼します。


来年もどうかよろしくお願いいたします。
posted by 背番号29 at 16:04| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

雪のないスキー場

ホテルの目の前がゲレンデ、スキー専用、初心者用とわがままな条件をクリアしたスキー場でしたが、残念な事に雪が足りずに滑走不可でした。


近所のスキー場まで送迎バスで送ってもらい2日間スキーを楽しんできました。


混雑するかと思っていましたが、リフトの待ちもありませんでした。


野球に関係する事は雪合戦程度でしたが、多少なりと足腰も鍛えられたと思う事にします。


それにしても怪我がなくて良かった^^



DVC00094.JPGDVC00096.JPGDVC00092.JPG
DVC00095.JPGDVC00093.JPG
posted by 背番号29 at 13:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

納会、新体制決定

日曜日に納会が開催され、今年度の活動が終了しました。


低学年のホームグランドである、小学校のグランドで

6年生 対 5年生
3,4年生 対 お母さん(ソフトボール)
1,2年生 対 お母さん(軟式野球)
5,6年生 対 お父さん

を行い、公民館に場所を移してお食事会と個人成績発表、新チームキャプテン選出、新チーム目標発表、新指導体制発表、新体制でのコーチ会議と例年通り楽しい納会でした。


表彰される選手には小さな賞状が渡されます。


なんだかんだでほぼ全員に行き渡るあたりが素晴らしいですね。

続いて最優秀選手賞(いわゆる皆勤賞です)の発表です。

6年生は病欠で1日だけ休んだ子が2名だけで、残りは全員皆勤賞でした。

今までで最高の出席状況だそうです。



そして新チームのキャプテンと目標を子供達が決めて発表します。

キャプテンに立候補するが、みんなから却下され泣き出す子もいます。


新体制は
新6年生のAチーム
新4,5年生のBチーム
新1,2,3年生のCチーム
となります。

新Aチームの公式戦は新5年生もベンチに入り上位入賞を狙います。

新Cチームは一学年上の4年生チームとしてエントリするそうです。
それと3年生以下のDチームとしての2足のわらじ作戦です。


卒団する6年生お父さんコーチの数名はBチームを担当します。

私もその中の1人です。



卒団する6年生とともに新Bチームの練習を見ることになるのか、新Aチームの手伝いをするのか臨機応変に対応することになると思います。


来年もチームに残る事に正式に決定したので、とりあえず5年間使ってボロボロになった帽子を買うことにします^^


ついでにノックバットも購入したい!
posted by 背番号29 at 13:42| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

スコアの集計

納会が終わりました。


各チームでの集計結果が代表のところまで届いていると思います。


集計する際は息子に打席数、打数、得点、安打、四死球、三振、盗塁、勝敗
を読み上げてもらいます。


「3塁打打っている。」
「2塁打、3本も打っている。」
「打席が2、打数が2、あとはなし。」
「負けは僕。」

「三振ばっかり。これじゃ勝てないね。」
「得点が合わないよ。」
「すげーじゃん。」

なんてやりとりをしながら、公式戦は全て対象とし、HRがある練習試合も対象にし、全員出場した結果、大差で負けたような試合は対象外にしつつ集計します。


打率から始まり、出塁率、盗塁率等でそれぞれベスト3〜5が表彰されます。


盗塁率は圧倒的に低学年が有利で、ベスト3は低学年が独占します。


納会で一番盛り上がるイベントです。


そして、何もなかった選手は「がんばったで賞」になります^^





納会で今年の活動は終了です。



ちなみに納会なんで涙はありません^^


DVC00090.JPG
posted by 背番号29 at 15:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ゴロを捕る位置

ゴロを捕る位置と言うか、場所と言うか、、、グローブにボールが入る位置と言うか。


うちのチームでは、ボールが
@地面に着く直前
A地面から弾んだ直後(ショーバン)
の2通りを推奨しています。。

ゴロ.bmp


イレギュラーする事もあるので、そのリスクを回避すべくバウンドを少なくし、前進して早く捕球する事が目的と解釈しました。


でも、どうしてもボールが地面から弾んだ一番捕り辛いBの所で捕球する子が居ます。



スタートが遅いのか、ダッシュするスピードが遅いのか、どうしてもBのところで捕球しようとして、身体をすり抜けたり、身体に当てて弾いたりするエラーが出ます。


ボールを捕る直前で身体が立ち上がり、グローブがお腹にくっ付くようになる特徴があります。

また、捕球時にグローブを身体の横に引く子も居ます。

ボールが怖い子は身体を斜めにしてボールに当たらないようにする子も居ます。



もう一歩前で取れればショーバンで捕球でき、関係者から「うまい!、ナイスプレー!」と声がかかると思います。


外野でも時々、難しい位置で捕球体勢に入り後逸しHRになるケースがあります。


ひたすらノックをすれば身につくのでしょうか?


ボールが上がるBのところまでは行っているので、@、Aのところまで後1歩です。



このままBの捕り辛いところで捕り続けて良いのでしょうか?


「前で捕れ!」を忠実に守っているかもしれません。


練習では前進して捕球する事も良いでしょうが、練習してないことは試合ではできません。


タイミングを合わせて捕るのか?何でも前進するのか?


落着いて捕れば何でもないゴロを前に突っ込んで身体に当てたり、足で蹴ったり。


打球を見た瞬間に捕る位置を見極める判断力でしょうか?


視力が悪いのか?ゲームのやり過ぎか?


構えた状態からの1歩目の歩幅が広すぎるために、次の足がスムーズに出てこない事も影響しているように思います。


「待って捕れ」では、今までの「前で捕れ」と矛盾するし、「バウンドに合わせて捕りやすいところで捕ろうよ」とも言っていますが、頭を越される高いバウンドは待って捕るとファーストアウトが間に合わないし難しいですね^^
posted by 背番号29 at 09:44| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

チョットだけPROBデビュー

土曜日の朝の集合時点でうす曇でしたが、何とか午前中の試合は出来そうです。


早くPROBを使いたいので中止なんて考えていません。


そう判断し遠征先へ出発しましたが、車のフロントガラスはワイパーが必要になるくらい降り始めました。

道路も水が浮いてきます。


それでも行ってしまえば何とかなるだろうと安易に考え車を走らせていると、お尻のポケットに入れた携帯がブルブル震えだしました。


慌ててコンビニ駐車場に入り、携帯画面を見ると、試合相手の窓口の方でした。


天気予報では午後も雨、気温も低い、試合消化期限の11月は過ぎているので今さら慌てる必要もない、6年生はお互い来年も活動するので試合は組める。


と、あっさりと中止を決定し、5年生が試合している小学校に向かいました。


5年生試合を見ながらキャッチボールをしたり、バッティング練習をする予定でしたが、スペースもなく練習を断念し帰ることにしました。


マイPROBデビューをする予定でしたが残念な事です。




そして日曜日は風もなく、午後からは太陽も顔を出し、上着を脱ぐほどのポカポカ陽気です。


午前中はグランドの水取などし、結局、PROBの出番は無し、午後から1試合を消化した時点でPROBデビューは諦めたのですが、自宅に到着してから息子にお願いして、キャッチボールをしてもらいました。


まだまだ硬いので、左手の人差し指を押しても簡単に反応しませんが、例のポジションにボールが当たると「パーン」と良い音がします。


ゴロも捕球したかったが、アスファルトの上で、かつ試合球だったので断念しました。


短い距離で50球程度だったのでやや欲求不満です^^
posted by 背番号29 at 13:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

マイPROB到着!

昨日、到着しました!


早速、手にし硬球でパンパンしましたが、手の平捕球位置にピタリとはまりますね。


もっとパンパンしたかったのですが、息子から「もう遅いから止めれば」と静かに注意されました。


写真を撮ろうとしていると、娘から「これも一緒に捕って」をぬいぐるみを渡され、一緒に撮りました。


土曜日は遠征なんですが、早く行って早く使ってみます。


有給休暇って奥の手もありますね^^

DVC00088.JPG

DVC00089.JPG

posted by 背番号29 at 09:12| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

練習の目的意識

目的意識を植え付ける事が不足していたかなぁ、と反省しています。


6年生のこの時期に来ても、練習に集中できなくボーとしている事があります。

エラーしたりするのは仕方ないにしても怪我に対する意識が不足しています。

野球ができる事への感謝の気持ちなんてあるのか?とも思っています。


練習に入る前には繰り返しになりますが、一言二言、指導者から声をかけて始めます。


例えばキャッチボールでは手の平捕球の原点でもある、正面で両手で捕球することを意識させ、星さんところから学んだ「速く、強く、遠くに投げる」。

ノックの場合は「歩幅を狭く楽な体勢で捕ろうよ。」

バッティングの場合は「ストライクは見逃さずに打ってみようよ」とかです。


さらにお父さんコーチからそれぞれの息子に対しての一言も加わります。

はい、すみません。
私もキャッチボールの時にシニア塁間の27mのキャッチボールをやってみれば、と余計な事を言いました。
さらに、他の子供達の邪魔になるので、一番端に場所を移動させたりもしました^^




先日の試合でチーム一番の速球派君を先発に送り出しましたが連続四死球で自滅しました。


先頭打者は豪快なワインドアップで空振り三振スタートだったので安心しましたが、何時ものように四球でランナーを出すとセットポジションのコントロールが定まらず、連続押し出しです。


打線が爆発する予感(練習もした)もあり、追いつける範囲だったので初回での交替は避けました。


指導者間での問題を共有していたつもりでしたが、子供任せになっていた点も反省です。


と言うのも、前日のピッチング練習、および当日のピッチング練習も彼はずーとワインドアップで練習をしていました。


試合後から本人に聞いて分りました。
チャンと見てあげることができなかった事も反省です。



昨日今日、ピッチャーを始めたわけではありません。

連続四死球で自滅したり、バッティングピッチャーでバッターの練習にならない事も多々あり、本人もピッチングの課題は理解出来ていると思っていました。


セットポジションの制球が乱れる事が課題であることは本人も指導者も共有できていると思っていました。


自分の苦手とする事や課題を克服しようと意識して練習できていない、と言っても過言ではありません。


練習の時に誉め過ぎた事も影響しているかも知れません。


誉めると気持ち良くなり得意の事だけ練習し、不得意な部分の練習が疎かになる子。

誉められても調子に乗らず、自分の課題を忘れずに練習する子。

誉められるとドンドン調子に乗り動きが良くなる子。

誉められても気分が乗らない日はイマイチな子。


出来るまで何度も繰り返しですね。


今だに挨拶する時に真直ぐ並べません^^
忘れ物も減りません^^
posted by 背番号29 at 14:51| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。