2006年11月29日

カットマンの中継ポジションへの入り方

先日のシニアのシートノック練習を見ていた時です。


外野からの中継に入るショート、セカンド君達が、ボールが通過した場所をグローブでなぞるようにしています。
(全部やっていたかは不明です)


ノッカーが打った打球(ゴロ)が3遊間を抜けていきます。


すると、ショート君はボールが通過した後を「はい、ボールは今、ここを通りました!僕は見ました!」と言わんばかりにグローブでなぞります。


そこからカットするポジションに走っていきます。

いや、グローブでなぞるときは既に走っているので、走りながらですね。


うちのチームでもボールの通過地点に入れば、ホームまで直線になるよ、と指導していますが、この動作は始めてみました。



真直ぐ走るために役立つかも知れません。



子供達は真直ぐ走る事が不得意かも知れません。

練習前のアップでもダッシュを行いますが、横に5人並んで走り出すと、走り終わると一箇所に固まってしまいます。

時々、走りながら横の人とぶつかりそうになる事もあります。


走る前に「この列はあの木を目標に真直ぐ走ろうね」と伝えますが、目標設定ができないまま適当に走っているようにも見えます。


「心」の準備が出来ていませんね^^


背走の練習をするとテキメンですね。
ぶつかるのが怖くて子供達の間隔を長く取る必要があります。



この準備を補うための動作としてグローブでボールの軌道をなぞるのはやってみようと思います。


捕れそうなボールまでなぞる子が出てきそうでチョット不安ですが^^



また、タイトルと違い「真直ぐ走れない」になってしまいましたが、良いことにします^^
posted by 背番号29 at 08:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

再びシニア体験

ある理由によりシニア球場に行ったら、シニア監督さんから「シートノックに入りませんか?」と、ありがたい言葉を掛けて頂き、6年生がノックを受けました。


隅っこで硬式ボールを使ってキャッチボールをして、普段のポジションに付かせて頂きました。
このキャッチボールでも奇数人数だったので、中学生が相手をしてくれました。


そしてありがたいことに簡単なアドバイスもしてくれます。

「少年!投げる時に身体が開いているよ。肘が痛くなるよ!」
「少年!両手で捕ろうよ!」


お父さんコーチが言うより効果があるようです^^


前回(約1年前)は内野のみですが、今回は外野にも付きました。
ありがたいことです。


「バックセカンド」、「バックサード」、「バックホーム」と内野についた子供達もカットに入ります。
内野はゲッツーもありました。


中学生の先輩達に「うまいね〜!」、「ナイスボール!」とおだててもらい、何時もと違う良い動きをしているように見えました。


硬球の弾まない(軟球と比較して)ゴロが捕り易いのか、先輩たちの真似をしているのか、何時もより素早く前進してるように見えました。


シートノックの最中にうちのチームと比較して決定的に違う場面を見つけました。
(比較することすら失礼かも知れませんが)

指導者からアドバイスや注意を受ける時は必ず、帽子を取り直立不動で話を聞く姿です。

うちの子供達は返事すらしません^^
時々、練習から外されるほど怒られるのに直りません^^


そして、バットを借りてトスバッティングまで体験させて頂きました。


勧誘目的もあるかと思いますが、貴重な練習時間を割いて頂き、ありがとうございました。
目的は達成できたと思われます!
○が3人と△が3人居ました。
子供の言ったことなので本当かどうかは分りません。



グランドの隅っこではコーチ2人が黙々とノックの練習をしてたのが印象的でした。


さて、シニア入団における最大の懸案事項である「通う方法」ですが、案外、簡単に解決しました。


ある場所まで自転車でやってきて、そこからバスで移動するそうです。


うちのチーム卒団生にも聞いたら、集合場所まで自転車で30分〜40分らしいです。

あっさり問題解決です。


きっと出欠確認を確実に行い、全員集合するまで待ってからバスが出発するのか、グランド当番の保護者が遅刻者をピックアップするのか詳細は不明ですが、何らかの救済措置はあるのでしょうね。


家に帰ってから息子と一緒に地図を見て、経路を確認しましたが、「最初は先輩に連れて行ってもらう?」と聞いたら「うん!」だそうです^^


脅す事はしたくないのですが、お喋りを注意されたりとか野球以前の事で叱られる事がないように、これから注意したいと思います。


シニアでの体験が刺激になると良いのですが。。。
posted by 背番号29 at 16:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

ピッチャーを見殺しにしました!

ずいぶん前の下書きを清書しました。
清書しても大して内容は変わりませんが。。。


土曜日試合です。


近所のチームとのリーグ戦です。

公式戦ではありますが、試合にはみんなでましょう的な位置付けの試合です。


相手チームには1人だけ私と変わらない背丈の子がいます。
フルスィングするバットにボールが当たろうモンなら、楽に柵越えHRです。


この試合の目標は守備に対するもので、
 ・4番打者の前にランナーを出さない。
 ・4番打者は徹底的に低目勝負。
でした。


翌日に行われる予定の秋季大会を想定した目標設定です。


途中までは大成功で、相手4番打者に特大HRを打たれましたが、4対2で勝っています。


5回からは2番手投手に交替し、5回も簡単に守り手ごたえを感じました。


でも6回裏の守りからおかしくなって来ました。


ピッチャーが投げる球にワンバンが増えてきました。


元々制球は良くないのですが、技術ウンヌンよりも精神的な弱さを克服するために春からピッチャーとしてマウンドに上がっています。

背も高くパワーもあるので、そこそこの球を投げます。


ワンバンで四球、ワンバンの間に盗塁、ワンバンで1点献上です。


子供達も「大丈夫!大丈夫!」、「リラックス!」と声がかかり、ベンチからも「落ち着け!」、「仲間を見て!」、「急がない!」と激励の言葉をかけましたが、この日は復活できませんでした。


結局、ワンバンで3点を献上し、負けちゃいました。


試合前の投球練習は申し分なかったのですが。。。


この日のような乱調は始めてで、ベンチもうろたえたと思います。
でも本人が一番ショックだったと思います。


滅多打ちはこれまでも経験がありますが、連続四球とワイルドピッチで3人の打者で3点は高学年になって初めてのような気がします。


このピッチャー君はどちらかというと不器用です。
投げる時も、打つ時も身体が開く癖が直りません。


4、5年生の時は仲間を励ます大きな声が1日中グランドで聞こえていました。
指導者の話の最中に無駄話をして叱られてはいましたが、仲間思いで集中力もあり、楽しそうに野球をやっていました。


ここ最近、集中力が足りない単純なミスが目に付くようになったような気がします。

反抗期なのか伸び悩んでいるのか正確なところは分りませんが、練習で出来ていることが試合で出来ないように感じています。


練習と試合は別物と思っているのでは、と疑いたくなくなるシーンも多々あります。


極端に酷いのが長打の1塁ベースオーバーランです。

1塁ベースを回る際の膨らみが少ないので、速い足を活かせません。


ここ一番というときの度胸、開き直りが足りないのかも知れません。




ここからが追記です。



このピッチャー君、膝に成長痛があったようです。


上半身の力だけで強く投げ、打撃も上半身だけで力任せに振っているように見受けられます。

左打ちですが、バットを振り終わると左の軸足が半歩後ろに動くのも痛いからでしょうか?
右足に全体重が乗ってしまいます。


本人は「痛い」とは言いませんが、偶然、発見することができました。

試合前の投球練習で、ピッチャー候補4人(2人はキャッチャー候補)で交互にキャッチャーをやらせて見たのですが、その子がキャッチャーをした時です、あのキャッチャー独特の構えではなく、中腰で構えていました。

「普通に構えようよ」と言ったところ、じゃyがんだ状態を維持できないようです。

そこで初めて膝が痛い事が分りました。


膝が痛い子に対して「もっと足を広く開いて投げるともっと速くなる」とか「下半身でコントロールが決まるんだ」とか言っていた半年でした。


出来ないのは不器用だから時間がかかると決め付けた事に猛省です!
posted by 背番号29 at 16:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

来期の打診あり

日曜日の事ですが、土曜日の夕方開催された近隣リーグ戦の日程調整会議結果を代表に報告し、残り1ヶ月の過ごし方の意識合わせをしていると、突然、代表から「来年はどうするの?」と聞かれました。


息子がシニアに行くことは伝え、シニアグランドまで車で送迎する必要がある事を伝えましたが、代表としては現在の6年生お父さんコーチ(私含む)に指導者が少ない現4年生を見てもらおうと考えているようです。


一応、怪しげな審判も出来るし、車もあるし、5年間お世話になったチームでもあるし、他チームの指導者からも顔と名前を覚えて頂いてるようだし、野球を続ける事でもしかすると自分の野球道具も買えるかも知れないし。。。


続ける事は問題ないのですが、少年野球に関り出してから休日には娘と遊ぶ事が殆ど出来ていません。
今さら、お父さんと遊びたいのかは疑問ですが^^


それと気になるのが、私自身の気持ちですね。


息子がいたから、息子と一緒だから、息子の友達と一緒だからここまで熱心になれたのか?
嫁さんも一緒に応援したので継続できたのか?

息子と同級生がいなくなっても、同じように少年野球に打ち込めるのか?
野球熱が冷めちゃうかも知れません。


もしかすると冷静に打ち込める可能性もあります。



息子のいない少年野球はやってみないと分りませんね^^



他の6年生お父さんもチームに残ってくれると良いなと思っています。

やはりお仲間がいると甘える事もできるし、単身だとサボる事もできなくなるので。。。



やはり最大の問題はシニアのグランドまでの送迎です。
posted by 背番号29 at 14:47| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

最後の公式戦

日曜日は風が強く寒かったですね。


午前中にアップし、唯一残っている支部トーナメントの試合球場に向かいました。


そこで繰り広げられていたのは、先週の試合で負けた相手と夏季大会優勝チームとの秋季大会決勝戦でした。


決勝戦を睨みつつ(邪魔にならないようにの意味)、グランドの隅を利用しアップを行い、試合開始まので時間を使いました。


相手は秋季大会で大苦戦し、相手チームに勝てたことで秋季大会ベスト4まで来れたと言っても過言ではありません。

そのチームとの対戦です。


あの時と同じように子供が集中してくれれば、秋季大会のように1チャンスを物に出来れば、投手が低目に丁寧に投げてくれれば、、、色々な思いで望みました。


で、結局、何もできないまま10対0のコールド負けでした。


攻撃は9人で終了です^^





仲良しチームなので試合終了後に相手ベンチに向かい、指導者の方々や子供達と話をしましたが、立派な野球少年でした。

私を囲むように選手全員が集まって来ます。

そんなに寄らなくても話はできるでしょ、って感じですが、ニコニコの笑顔で残っている公式戦(全て決勝戦ってのが凄い)の予定や「全部、優勝するんだ!」とか、試合でのミスの事を楽しそうに話してくれました。



「子供達自身でやっている野球」、「大人にやらされている野球」の違いと表現すると言い過ぎですが、こんな事が頭の中をよぎりました。


口やかましく言い過ぎ、子供達の自主性を伸ばすことができなかったのでしょうか?
子供達自身で考える事にもっと時間を使うべきだったのでしょうか?

12月の納会で来年度への引継ぎとして整理されると思います。



それにしても相性の悪いグランドです。

公式戦を3戦し、1勝2敗(全てコールド負け)です。




ちなみに負け投手になったのは息子です。

目一杯投げたのが、打ち頃だったようです。

秋になり球速が人並みに上がった、という事にしときましょう^^
posted by 背番号29 at 14:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

手の平捕球講習会

Fastballerさんの地元まで行ってきました。


参加されました皆様、ありがとうございました。
八幡店長、ムラッチ、ありがとうございました。
Fastballerさん、チームの皆さま、ありがとうございました。



全く勘違いしていた事がわかり大変有意義な1日になりました。


廿日市さんHPで手の平捕球の基本動作(人差し指、中指、薬指の3本を使って、素手でボールを左右交互に弾ませるあれです)を見てましたが、グローブの中の手の平で捕球するものと思っていました。


自分のグローブで指を奥まで入れると、グローブのマークが書かれている部分に自分の手の平が来ます。

そこにボールを当てて、素早く投げる手に持ち替えるのが手の平捕球と解釈してましたが、全く違っていました。


以下は右投げを前提に書きます。


グローブには浅く手を入れます。

左手の手の平はグローブから指2本分を外に出すような感じです。

なんだかユルユルな感じがしますが、親指、手首、小指がフィットしていれば良いそうです。
(実はグローブ選びの重要なポイントらしいです)

反対に人差し指、中指、薬指は遊びがあったほうが痛さも和らぐし、指を使いやすくなるそうです。


その持ち方をすると物凄い違和感があります。

息子用に買ったPROBも指が全部入らずもどかしい、と以前、書きましたが、それで良いんですね。


店長と一緒に来た大学生が随所で模範演技をしてくれますが、ボールの持ち替えが早い事早い事。


「パ、パーン」と店長は表現してました。

最初の「パ」はボールがグローブに当たる音です。

次の「パ」は右手にボールが当たる(持ち替えた)音です。

最後の「ーン」は投げるために右手を投げるトップの位置まで持ってくる動作です。


ポイントは左手でボールを握らない事のようです。


大学生ムラッチも最初は物凄い違和感があったと言ってましたので、「最初はそうなんだ」と妙に納得しました。

さらに、ムラッチからは頭上のライナー捕球やタッチプレーの時の捕球方法も教えてもらいました。

これがいたって簡単で「人差し指をフリーにする」、これだけ、グローブの一番深い部分で捕球できるとのことです。


懇親会では空きスペースを使った実技も登場し、本当に楽しい時間でした。


遅くまで遊んだ、もとい勉強した1日でした。


最後はmetooさんの奥様に自宅まで送ってもらい誠にありがとうございました。


写真は大集合したPROBです^^
DVC00087.JPG
posted by 背番号29 at 12:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

秋季大会準決勝

3連休の最後に準決勝が行われました。


完璧に負けました^^
1点も取ることが出来ませんでした^^


粗い部分があるチームだったので、そこに付け込む事が出来れば勝てない事はない、と思っていたのですが。。。


先行で始まりましたが、うちの打線は相手の速球に手が出ませんでした。
良い当たりはピッチャライナーだけです。


こちらは丁寧に低目を投げて打ち取る作戦でいきましたが、先頭打者にいきなり柵越えHR、続く2番打者には柵直撃のエン2と、長打を連打され3点を取られます。


長打を警戒し後ろに守っていた外野ですが、下位打線にはセンター前、レフト前にライナーを打たれます。


すかさず先発を諦めて、チーム一番の速球を投げる5年生をマウンドに送りますが、3遊間を抜けるヒットやライト前に運ばれ、最後はサード前のバントが1塁悪送球になりコールド負けでした。


良く打たれました。


守備ではいくつかのミスもでましたが、良く動いて守ったと思います。


先頭打者HRを打った相手チームの1番打者をスローボールで三振にしたのが唯一の好プレーだったでしょう。




初めての準決勝で子供達は緊張していたか?
指導者は緊張していか?


試合会場がいつも練習で使っている場所だったので、普通にやれたと思います。


強打者が揃ったチームをどうやって押さえれば良いのか?
指導者は考えないといけません。


まずはこのチームに勝ったチームの指導者に聞いてきます^^


速いボールも打てないとダメですね。
posted by 背番号29 at 13:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

勝つには勝ったが

土曜日には支部の大会の3回戦が行われました。


うちの遅球投手にタイミングがバッチリ合い、5点を取られましたが、前日の秋季大会と同様にランナーを溜めてヒットをつなぐ事ができ、勝利する事ができました。


ワンチャンスに打線がつながる理想的な試合運びで、結果的に貴重な追加点となりました。


ただ、打撃不調の息子ですが左足を捻ったようです。


この日も四死球が多く、満足なバッティングは出来ていません。


試合の後半ですが、セカンドゴロを2塁手が弾き、際どいタイミング1塁ベースを駆け抜けるときに必要以上に強くベースを踏みました。


セーフにはなりましたが、駆け抜けた後に左足を手で押さえています。


どうやら左足の外側を延ばしたようです。


1塁塁審に自分でタイムをかけ、左足をさすっています。


コールドスプレーを持って駆けつけ大丈夫か確認しましたが、「グキッ!」と捻挫するように捻ったのではないし、本人も「やれる!」と言うので、そのまま試合続行です。


試合終了後までビッコ引くような事はありませんが、ベンチでも左足が気になるようで触っていました。


3塁塁審からも試合終了後に「左足を気にしてるようですよ」と、コメントを頂きました。


明日は秋季大会の準決勝なので、念のため病院に行き、テーピングをしてもらいました。


腫れはない(若干、腫れている?)が、左投げの左足なのでふんばれるかが不安です。


写真はテーピングした足です。
DVC00084.JPG

散らかっている洋服は娘の脱皮跡です^^

posted by 背番号29 at 13:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

ダブルやってきました!

結果は連勝でした。


1試合目は8時45分試合開始です。


先発の5年生エースが途中でストライクが入らなくなりましたが、眠れる4番の2ランHR、続く5番のHRと6点を取るビッグイニングがあり勝利しました。



2試合目は13時試合開始です。


早めにご飯を食べ、昼休みをたっぷり1時間とり、完全にリラックスした状態から徐々に体を動かし試合に臨みました。


速球派ピッチャー君に手も足も出ませんでしたが、3番手ピッチャー君から5点を取り、5対2で勝ちました。


これで秋季大会はベスト4まで来ました。


午前中にやった大会は明日、準々決勝です。
勝つと11日が準決勝です^^


あれっ、11日は先約がありましたね^^




上位大会につながらない2つの大会ですが、集中して元気良く頑張ってきます。


2試合とも最近、打てなかった子にヒットが出たのでホッとしています^^
posted by 背番号29 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。