2006年10月10日

秋季大会1回戦

初回、バタバタしましたが何とか勝ちました。
これでベスト8です。


後攻で始まった1回の表、1番バッタをセカンドゴロに打ち取りますが、セカンドがポロリとしランナー1塁です。


そこからピッチャーが1塁牽制でボークでランナー2塁に。
もの凄く不安な立ち上がりですね。


左投げのピッチャーはこれまで大切な場面で牽制アウトを取っていますが、踏み出す右足を途中で止める癖が出ちゃいました。


そんなに大きな声で言わなくても良いじゃないって言うくらい大きな声で、1塁塁審から「ボーク」の判定。


2番バッタには三遊間のヒットを打たれ、ノーアウト1,2塁。


続く3番バッタに対しセットポジションに入った場面で、主審からセットに入るタイミングが早い、と注意があったのですが、相手ベンチからは「6年生では最初からボークの判定でしょう」とクレームが入りボークの判定で、ノーアウト2,3塁です。


携帯草窓の投手→セットポジションにある
投手はセットポジションをとるに先立って、片方の手を下に下ろして身体の横につけていなければならない。」
が適用されました。


徹底した指導が出来ていませんでした。
これも予選敗退を繰返してきたチームならではでしょうか?


今までにない大変な状態になりました。


3番バッタはライト前のヒットで満塁です。


満塁で向かえた4番は背番号10を付けた健君に似た体格の選手です。


はい、あっさりと右中間をやぶられ、2点を取られました。


まだノーアウトですよ。
ランナーは2,3塁。


5番バッタはショートへの強いゴロで、一旦、ポロリとしますが、慌てずにファーストへストライク送球するが、1塁手がお腹のところで手の平を上にしてグローブを構えてポロリ。

練習では絶対にしない捕球方法ですが、大切に捕りたかったのか、普段しない事をやっちゃいました。


もう大変です、またノーアウト満塁のピンチです。


6番バッタはファーストへのフライでやっと1アウトです。

7,8番バッタもフライを打ってくれたのでやっと終わりました。


もうノドがガラガラです。


その裏の攻撃は制球は安定しない相手ピッチャーから四球を選んで、こちらもランナーを溜めます。


そこでこちらも4番が左中間を抜ける2ベースを打ち2点を取り追いつくことができました。


さらにキャッチャー後逸で1点を追加し逆転しました。


2回の表からは守備も落着き簡単に相手攻撃を終わらせます。


2回の裏に相手守備のエラーにも助けられ2点を追加し、5対2で勝っています。


この日(日曜日)は風が強く、セカンドフライがピッチャーと1塁の間まで流され、フライをポロリとします。



この後、相手に1点取られ5対3になりますが、5回の裏に1点追加し、残り時間から6回の表を守りきれば勝利です。


5回を投げきったのでピッチャーを変える必要があり、制球、牽制、バント処理と不安がある速球派2番手か、内野の要のショートを使うか悩みましたが、ベンチは速球派を選択しました。(そんな大袈裟なもんではないですね)

立ち上がりを攻められ、1番バッタを出塁させます。


内野ゴロの間に2塁までいかれ、1点捕られることは覚悟しバッタ勝負です。


ここで新球特有の2バウンド目が高く弾むサードゴロがサードの頭を超えます。


しかし、ここでショート君が大活躍しました。


サード後方に回り込みゴロを捕球するや、セカンドからサードに進塁しサードをオーバランしたランナーにタッチしてアウト。


ファインプレー(うちのチームでは^^)で一気に楽になりました。


最後は若干後ろに構えていたサードへの低いライナーを腰を落とし、がっちり両手で捕球しゲームセットです。


次回の試合は学童部のトーナメント表では”2回戦”とありますが、準々決勝です!
posted by 背番号29 at 13:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。