2006年09月19日

秋季大会3回戦

日曜日は全くグランドがない日でした。


どうすることも出来ずに遠征先を見つけて練習試合を組んで頂きました。


嫌な顔もせずお付き合いして頂いた相手チームに感謝です。


午前中に2試合(A,B)やってからの3時から秋季大会3回戦です。


なんと3対1で勝ちました。


大人と変わらない身長の子供がいるチームが相手です。


後攻で始まり、そのでかい子に特大3塁打を打たれますが、後続を押さえて0点です。


午前中の試合で良い当たりを連発していたので、監督は自由に打たせる作戦でした。


良い所に飛びますが相手の攻守もあり、お互い得点が取れずにゼロ行進です。


守備では相手チームを圧倒していたと思います。(だいぶ贔屓目に見てます^^)


1塁牽制アウトもあり、6−4−3のゲッツもあり、センターゴロも、特大3塁打と同じようなレフトフライも捕球したしと。
(相手走者が左投手に慣れてないため、飛んだコースが良かっただけ、思いっきり守備位置を下げたコーチのファインプレー?とも言います)


得点は全てエラーがらみの貧打戦でした。


お互いの投手の投げるボールは速くも遅くもなく打ち頃であるが、単発ヒットが時々出るだけで打線のつながりがありませんでした。


こちらの攻撃はヒット4本のみです。


フルスィングし過ぎだったのでしょうか?


ボテボテのサードゴロを相手サードがポロリとして。。。


先週の2回戦と同じような場面です。


カット気味に打った打球は本当にボテボテでホームベース前でバウンドし、2バウンド目が塁間の真中付近に落ちるゴロです。


シートノックでもたまに失敗した時にこのような打球が飛びますが、強いゴロは捕球できてもカット気味のユルユルゴロはミスがでやすいって事なんでしょうね。


そんなこんなで3点を先取し、それを守りきってチーム創設後2回目の秋季大会の上位大会進出を決めました。


今回の課題は走塁(盗塁のスタートが遅すぎです)と打撃(力み過ぎでしょうか?)です。


ユルユルのカットボールをノックに追加する必要がありますね^^
posted by 背番号29 at 14:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。