2006年09月04日

必死になろうよ!

土曜日の試合は6対8で負けました。


6年生にとっては残りするないトーナメントです。


相手チームは打線がこちらを上回っていました。


追いつくが直ぐに離されます。


最終回に2点を取り追い上げましたが、完璧に負けたと言っても過言ではないでしょう。


相手バッターの打つ打球はもう少しで捕れるところを抜けて行きます。


「もう少し」ってところでヒットになります。




強くなったと感じるチームは打撃も走塁もベンチの作戦も素晴しいと感じますが、守備範囲が広くなったように感じます。


あのゴロを捕っていたら、あのフライを捕っていれば。。。


たられば、かも知れません。


キャッチャーがパスボールをゆっくり追いかけボールデッドに。。。

プロテクター、レガースを付けているのであれが精一杯なのでしょうか?



ベンチは主軸の3,4番の猛打に期待するだけ。。。

3,4番打者でもスクイズありでしょう。



ランナーは溜まるが最後の1本が出ません。

もっと盗塁させてスクイズさせても良かったでしょう。



期待通りに簡単に勝てるなんて事を考えているわけではありませんが、工夫も努力も足りないように思います。


勝利至上チームではなく、該当学年の子供をレギュラーにするチーム方針なので熾烈なレギュラー争いはありません。


でも、残り少ない公式戦を大切に戦ってほしいのは指導者?親?のエゴなんでしょうか?


子供達は残り少ない試合数をどう考えているんでしょうか?

聞いてみても明確な回答は期待できません^^



球際に弱く(練習不足?)、簡単に諦めているようにも感じました。


元気はあります。声もでています。


相手チームは盗塁が1個だけ、バント、スクイズ、エンドランも全くありません。


単純に打ってくるだけですが、打線がつながります。



こちらは盗塁、それもダブルスチール、スクイズありですが、6点取るのが精一杯でした。



打てそうな気はするんですが、これじゃ勝てませんね。



バントを絡めるか、猛打に期待するか、次のトーナメントが来週から始まりますが、試合前に子供達と一緒に考えて見たいと思います。



試合後はもっと必死にボールに食らいつく練習をしたのは言うまでもありません^^

楽しそうに飛んでいました^^
posted by 背番号29 at 15:01| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。