2006年07月10日

やっぱり打てませんでした

やっぱり打てませんでした。


昨日の夏季大会の2回戦、残念ですが負けました。


声も良く出ていましたし、良く守りましたが、打てないことには点が入りません。


7回、きっちりとやり、両チーム合わせて四死球は1つだけ、と非常にしまった内容でした。
(ちなみに死球の1つは相手ピッチャーです)


試合前のミーティングで「様子を見ながら」作戦か「初球からイケイケ」作戦で行くかを子供達と話し合いました。


やはり、と言うか当然と言うか、2ストライク取られることは嫌だと言うのが分かりました。
緊張とは無縁と思った子供も2ストライクは嫌だそうです。


少年野球コーチさんのアドバイスもあり、初球からでも良いよ、との監督から話で子供達は初球から打ちに行く作戦を選択しました。


試合が始まり、相手投手は速球、やや速球、ゆるゆるのボールと3種類のスピードを使い分けて来ます。


でも、こちらもゆるゆるボール対策は練習済みです。
打てはしませんが、なんとかバットにあてカットします。(偶然?)


正確には打てないのではなく、芯を食ったボールは相手守備範囲内しか行きません。

芯を食っているので打球が速く、相手守備がポロリとしても1塁の送球が間に合いアウトになります。

ベンチに戻ってきた選手にコーチ達は「ナイスバッティング!」と声をかけますが、ヒットになりません。

良い当たりが連発するのですがヒットになりません。


なんともストレスが溜まる試合でした。



それで、結局、守備のミスが出たこちらの失点で負けました。


12塁間を鋭く抜けたライト前に転がるゴロをライトがトンネルし、それが決勝点のHRになりました。


ライトゴロを焦ったのでしょう。


結果は1対2で、6年生の夏は終わりました。



「不運」の一言で終わらせるのは簡単ですが、このままでは試合に勝てません。

勝つ事を優先するチームではありませんが、子供も指導者も応援団も勝ちたい気持ちは当然あり、そのための練習をしています。

ボテボテのゴロが鋭いゴロになった。
ポテンヒットだったのが外野フライになった。

と、考えて良いのか、他チームの守備範囲が広がったのか?

いずれにせよ、この状態ではこれからの試合を自力で勝つために、何か工夫する必要があります。



ちょっと気分転換でもして嫌な雰囲気をリセットします。

逆周り野球でもやって子供達と一緒に遊んでみます。

バッタを探すのも良いかも知れませんね^^
posted by 背番号29 at 15:22| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。