2006年07月27日

3塁ランナーの走塁&ファーストに注目

夏季大会の役員当番で春季大会上位だったチームの試合を見ました。


とにかく守備はエラーがありません。


新球特有の高いバウンドのゴロも上手く捕っています。


前進してショーバンで捕れないゴロも、ボールが上がってくる途中で捕っています。


内野ゴロが外野に抜けません。


攻撃では、積極的に盗塁はしませんが、送りバントでランナーを進めます。


印象に残っているのが、ノーアウト、ランナー3塁の場面で、バッタがサードゴロを打った場面です。


サードは前進してゴロを捕り、ランナーを見て、ファーストに投げましたが、ランナーはホーム突入のふりをするだけです。


うちのチームではサードがファーストに投げた瞬間に3塁ランナーはGOなのですが、それをしません。


試合終了後に理由を聞いたのですが、6年生もこの時期になれば、肩も強くなり、ホームで簡単にアウトになる(できる)ので止めているそうです。


ホーム突入か止めるかを使い分けるためにファースト君の送球を見極めて、この試合は止める判断をベンチがしていたのです。


相手の守備力により作戦を変更する事に子供達が対応できているのにもビックリしました。


ホームでの憤死が多く、ファーストからホームへの送球遅れと悪送球で失点するうちのチームと大違いです。


雨のため過密スケジュールになった試合消化で試してみたいと思います。


「GO or STOP」


週末の試合は相手チームのファーストに注目して見ます。


そろそろホームスチールのサインも考えようとしています^^
準備だけですが^^
posted by 背番号29 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

高校野球予選観戦

先々週の事です。


息子がお世話になっているチームの卒業生が出場する試合を見に行ってきました。

息子と友人の4人で見学しました。


観戦の目的は大雑把ですが
・高校野球のレベル把握
・OB君の応援
・全力で攻守交替する姿勢
・大きな声
・シートノック
・審判の動き
です。


でも結局、応援と打った打球を追いかけてしまい、内野の動き、審判の動きに注目することが出来ませんでした^^


レフトオーバを打たれた時の、レフト−ショート−セカンド−ファーストのラインが一直線になっていたのが印象に残っています。



試合以外でも高校生が活躍していました。
・グランドの駐車場係は坊主頭の高校生のようです。
・窓口も女子高生のようです。
・グランド整備
・ファールボール回収係


球場に到着すると入場券を購入する必要があるようです。

購入した入場券には
 「第88回 全国高等学校野球選手権○○県大会 一般整理券」
と書かれています。

ちなみに小学生以下は無料でした。


OB君の高校は1塁側なので、バックネット横の1塁側に座ることにします。


後攻のOB君所属高校がシートノックの最中でした。


最初はボール回しです。


当たり前ですが小学生とは違いますね。

塁間、対角線と伸びのある送球でキビキビした動作で見ていて気持ちが良いです。


次は内野のバックホームです。

キャッチャが2名で交互に受け取ります。

そして1塁送球ですが、内野陣は前進して捕る様には見えませんでした、どちらかというと待って捕っているように見えました。

腰は低く、グローブの先端を地面につけて構えています。


次々と打っていき、1塁手は捕球後に後ろにボールを転がします。


ノッカーには次のボールを受け取る際に後ろに手を出すだけです。
(こちらの地域では危険なので禁止されています)


最後が圧巻でした。


高いフライを上げ、全員が捕ったら終了です。

グランドに居る選手は手を上げて、大きな声を出しボールを呼びます。

全力でフライを捕りに行きます。

ヘッドスライディングもランニングキャッチもあり、最後まで諦めないプレーは感動物でした。


でも、残念なことに雨が降り出しました。


結局、雨が弱くなるのを待ち、グランド整備を待ってから試合開始です。


関係者によるグランド整備もキビキビ動きますね。


グランド整備をしている状況です。
DVC00077.JPG


ローラ方式の水取り機を始めて見ました。


試合は四球、ヒットで1塁にランナーが出ると、確実に送りバントです。


お互いに3塁まで進むけど、後が続かず、6回裏を終わって1対1の良い勝負です。


結局、試合は7回に球威の落ちたピッチャーが打たれ、内野のミスも出て負けてしまいました。


初めて高校野球を見ましたが、盗塁はありませんでした。


死球は3つありましたが(1つはかすっただけ)、物凄く痛そうでした^^
posted by 背番号29 at 14:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

I○○世界大会

エントリが滞ってしました。


仕事も忙しいのですが、ある連盟の世界大会に出場する選手のホームステーを担当したため子供の相手が忙しくて、PCに向かう時間がありませんでした。



各国の選手達は連盟に加入している少年野球チームのご家庭にホームステーをしながら練習、試合を消化します。


選手権終了後は、連盟加入のチーム連合との国際試合が待っています。


我家も担当し、詳しい国名、人数は伏せますが、ある国の子供を受入れました。


日本語が通じる子供達だったので、面白みにはかけましたが、物怖じしない

お行儀の良い子供達で、家族で楽しませて頂きました。


その国では軟式野球は盛んではないらしく、予選もなく代表となっての来日です。
子供から聞いた話なのでどこまで本当かは不明です。


ユニフォームには当然ですが、国の名前が、袖には国旗まで刺繍されています。


国を代表したナショナルチームです。


お揃いのTシャツ、エナメルバッグと格好は気合十分です。


残念ですが初日は雨で練習が中止になり、仕方なく狭い我家で遊んでいます。

さらに、息子のチームの友達も来て、子供が10人になりました。


野球少年が揃ったから、ここは当然、エポ○○社の野球盤です。


この野球盤、結構な音が出ます。

さらに人数が多い事もあって、各盤には審判も付いています。

その子供達が一球毎に歓声を上げるので、こちらはたまったもんじゃありません。

あまりの騒々しさと、大人の入り込む余地(スペースもありません)がなかったので、別室でTVを見るしかありませんでした^^


手伝いをと思って早退して帰ったのですが、何もする事がありませんでした。


さらに晩御飯前にお風呂に入れようとした作戦も「ご飯を食べると汗をかくから」の一言で失敗です。


食事、お風呂も済み、明日の準備(練習用ユニフォーム一式、野球道具)も終り、布団に入りましたが、飛行機での移動に疲れていたのでしょう、騒いでいたのは5分程度で、あっさりと寝ちゃいました。


翌日は朝は小雨が降っていたものの、朝食が終わる頃には雨も止みました。



近所のグランドを借りてチームの練習です。


私は後片付けを終えた嫁さんと見学に行きましたが、驚愕の事実がそこには待っていました。


国際問題に発展するといけないので、全部を書くことは出来ませんが、


前日の野球盤でのピッチングの組立や、しっかり礼儀作法を見て「さすがナショナルチームの一員だ!」と
思っていたのですが。。。


でも、素晴らしいのが不平不満を一言も言わない事です。


雨の中、出発まで待機している最中も不満無し(英語で言われたら分りません^^)
良くありがちな「かったりーなー」とか「もう帰ろうよ」とかもなし。
指導者も「並べ」とか「通行人の邪魔になる」とか「喋るな」とかもなし。


ナショナルチームを見て感じたことは「私には勤まらない」事でした^^


明日から始まりますが健闘を祈りたいと思います。


写真はナショナルチーム(一部)の朝です。
DVC00004.JPG
posted by 背番号29 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

シニア見学(その1)

今までシニアチームを2回見学したことがあります。

2回とも同じチームです。

卒業生が多くお世話になっているチームです。

個人での体験ではなく、チーム関係者のコネによる集団見学です。


最初は1年前で、息子が5年生の時です。


シニアに入団した子のお父さんは、うちのチームのコーチをしていました。


たまたまその日は練習グランドが近くだったこともあって、小学生チームの練習に手伝いに来てくれました。

普通の練習日はお父さんの出番はあまりないようです。

その人がシニア監督に連絡をして、シニアグランドにお邪魔することになりました。

シニアの練習は終わろうとしていたのですが、練習を終わらないで我々の到着を待ってくれたようです。

シニアGに到着すると、元気の良い挨拶が聞こえました。


チーム卒業生の子は笑顔で挨拶をしてくれます。


これだけで十分、良い気持ちになります。


3年生は道具を片付け、バットは丁寧にタオルで拭いています。

サボっている子供は誰もいません。

これも好印象です。


そこで、シニアの監督さんがシートノックを披露してくれました。


2年生以下がグランドに走っていきます。


順番に打つのかと思いきや、大きな声を出したところに打つようです。

初めて見た硬式の打球、元気な声、大きな選手、速い送球、子供達は一心に見つめています。


最後にキャッチャーフライです。


キャッチャーはチーム卒業生で6年生の時にキャッチャーをしていたA君です。


楽勝に捕ってくれると思っていたら、先輩キャッチャー君は楽に捕りますが、A君はバンザイをして捕れません。


ノックバットで打ったボールは綺麗な回転がかかり高く上がります。


回転のかかったボールはバックネット方向に変化し、落ちてくる時はマウンド方法に変化します。

綺麗にこうを描きます。


6回程度フライを上げましたが、一回も失敗がありません。


これから私のキャッチャーフライの練習が始まりました。


ほんの30分程度の見学だったのですが、凄く良い印象でした。


息子より私の方が硬式に憧れていると思います^^
posted by 背番号29 at 17:20| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

やっぱり打てませんでした

やっぱり打てませんでした。


昨日の夏季大会の2回戦、残念ですが負けました。


声も良く出ていましたし、良く守りましたが、打てないことには点が入りません。


7回、きっちりとやり、両チーム合わせて四死球は1つだけ、と非常にしまった内容でした。
(ちなみに死球の1つは相手ピッチャーです)


試合前のミーティングで「様子を見ながら」作戦か「初球からイケイケ」作戦で行くかを子供達と話し合いました。


やはり、と言うか当然と言うか、2ストライク取られることは嫌だと言うのが分かりました。
緊張とは無縁と思った子供も2ストライクは嫌だそうです。


少年野球コーチさんのアドバイスもあり、初球からでも良いよ、との監督から話で子供達は初球から打ちに行く作戦を選択しました。


試合が始まり、相手投手は速球、やや速球、ゆるゆるのボールと3種類のスピードを使い分けて来ます。


でも、こちらもゆるゆるボール対策は練習済みです。
打てはしませんが、なんとかバットにあてカットします。(偶然?)


正確には打てないのではなく、芯を食ったボールは相手守備範囲内しか行きません。

芯を食っているので打球が速く、相手守備がポロリとしても1塁の送球が間に合いアウトになります。

ベンチに戻ってきた選手にコーチ達は「ナイスバッティング!」と声をかけますが、ヒットになりません。

良い当たりが連発するのですがヒットになりません。


なんともストレスが溜まる試合でした。



それで、結局、守備のミスが出たこちらの失点で負けました。


12塁間を鋭く抜けたライト前に転がるゴロをライトがトンネルし、それが決勝点のHRになりました。


ライトゴロを焦ったのでしょう。


結果は1対2で、6年生の夏は終わりました。



「不運」の一言で終わらせるのは簡単ですが、このままでは試合に勝てません。

勝つ事を優先するチームではありませんが、子供も指導者も応援団も勝ちたい気持ちは当然あり、そのための練習をしています。

ボテボテのゴロが鋭いゴロになった。
ポテンヒットだったのが外野フライになった。

と、考えて良いのか、他チームの守備範囲が広がったのか?

いずれにせよ、この状態ではこれからの試合を自力で勝つために、何か工夫する必要があります。



ちょっと気分転換でもして嫌な雰囲気をリセットします。

逆周り野球でもやって子供達と一緒に遊んでみます。

バッタを探すのも良いかも知れませんね^^
posted by 背番号29 at 15:22| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

やっぱり打てない

夏季大会一回戦


やっぱり打てませんでした。

相手エラーでなんとか勝てたものの、二回戦以降の相手は守備は堅いし、打てないことには得点を挙げることが出来ません。

このままでは、とても上位まで勝ち進むことが出来ません。

サインはいつも「打て」です。

でも、絶好球を見逃し、低目や高目を打ちにます。

打つポイントが分ってないのかも知れません。

トスの時もベースを置き、内角、真中、外角の位置に目印のボールを置いて、素振りの時は低目、高目を
意識した素振りをして、練習はできていると思いたいのですが、何かが足らないようです。


試合後もトス、フリーの練習をしましたが、外野を超える打球は数えるほど。。。


ボールを見てないのか、バットの芯に当たらないのか、スィングが遅いのか。。。

空振り三振しても「ナイス、スィング!」で怒鳴ることもないので、萎縮しているとは思えないし。

打てないことで自宅で泣く子もいて、その子はキチンと日々の素振りもやっているのに。

もっと気持ち良く打って打って打ちまくってくれればと、バッティングの練習を増やしているのに、期待通りにはいきません。


勝ちに行くために打撃不振者(ほとんど?)はバントでもさせようかと思うほど。
(バントの方がさらに怪しい^^)

次回の相手はキャッチャーの肩も良さそうで、盗塁も簡単にはさせてもらえない。

打たないことには点は入りません。

そのチームと対戦した事のあるチームの人に聞いたら「打ち頃の球を投げると」とのこと。

たぶん、その人は速くもなく遅くもなく、小学生高学年の普通の速度って事を伝えたっかたのでしょう。

コントロールが良ければ的球も絞りやすいし、もしかして、と期待するしかないのですが、その期待に答えてくれたのは数回程度。

期待はできません。



ベンチスタートの仲間の分も、元気で全力プレーをしてもらいたいものです。

元気だけは負けないチームになれれば良い所までいける力はあると思いたいのですが自惚れでしょうか?

負けて涙を流すくらい思いっきりやってくれるように持っていくしかないですね。

県大会に出場できる最後のトーナメントです。


少年野球コーチさんの「球のみきわめ(2)」を参考にさせて頂き、根本的な改革が必要なのでしょう。
「来た球は全部打ちにいき、打つか見逃すかの判断は脳に任せる」 ← これでいきます!




他のチームは打力がアップしているようで柵越えが出ていたようです。

こちらはファールも含めて柵越えはありません^^
posted by 背番号29 at 16:40| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。